家族で利用できる格安スマホプランは??

格安スマホと格安SIMを徹底比較!!おすすめを矢澤シムが解説します

家族で利用できる格安スマホプランは??

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

大手キャリアであるau、docomo、Softbankは全て家族で契約すれば安くなるいわゆる「家族割り」というのがあります。
家族割りを適用させればただでさえ高い月額料金を今まで以上に安くすることが可能である一方、それでも格安SIM・格安スマホの安さには到底かないません。

 

それだけではなく、格安SIMはMVNOによっては家族全員で共有することによって大幅に節約できるプランもあります。
このプランを家族全員で使えば、月額料金の安さでは大手キャリアは格安SIMには圧倒的に叶わないというのが現状ですね。

 

家族でシェアする格安SIMってどういう仕組みなの??

家族全員でシェアする仕組みのMVNOは以下のような仕組みになっています。

 

  1. 名義人の容量をシェアして使う
  2. オプションで2枚目以降のSIMを追加して利用

 

名義人の容量をシェアして家族全員で使う

「父」名義で10GB分の通信容量の格安SIMに契約して家族全員で利用することができます。

 

 

例えば、上記のように父と母が大体3GB利用するのであれば自分は4GB月に利用できるという仕組みです。

 

10GBのプランに入れば家族全員合わせて月に10GBまで利用できるという仕組みになっているわけです。

 

ただし気を付けるべき点があり家族全員合わせてで10GB以上利用したら通信制限に引っかかってしまうため、「一人で好きなだけ使いまくる」という使い方は当然できません。

 

例えば家族全員で10GBシェアプランに入っていたとして、自分が8GB使ってしまったら父と母は合わせて2GBしか利用できません。

 

そういうわがままな使い方をしたら怒られてしまいますね。

 

動画コンテンツなど容量の重いコンテンツを利用する場合は家の固定回線に限定するといった使い方をする必要性があります。

 

オプションで2枚目以降のSIMを追加して利用

複数枚SIMのオプションがあり、MVNOによって価格が異なりますが1枚数百円~1000円程度で追加可能です。
つまり10GB以上のプランに契約してそれをSIMの枚数を追加して利用するということです。

 

大容量プランに契約して自分で利用することもできるの??

ここで疑問なのが大容量SIMプランに契約して、その複数枚のSIMを自分で利用することはできるのかということですが、できます。
現在はデュアルSIM専用の格安SIMや格安スマホを購入して2台持ちで利用する人もいます。

 

プライベートと仕事用に分けたり、紛失したときようにサブ端末を用意したりする方、趣味でガジェットが大好きでスマホを何台も持っている人などが一定数います。

 

 

ファミリーシェアプランを利用したらどれくらい安くなるのか??

実際にMVNOにあるファミリーシェアプランを利用するとどれくらい安くなるのかということについてまとめました。

 

OCNモバイルONEの事例

 

OCN(個別プラン)

OCN(容量シェアプラン)

2枚

4150円

4300円

3枚

5200円

5400円

4枚

6350円

 

実際に比較してみましたが、正直に言うと大差はないです。
大きく変わることはありませんね。

 

ファミリープランはおすすめか??

管理人の個人的な意見ですが、1カ月数百円の節約のために「家族の誰かが使いすぎたら全員が通信制限に引っかかる」というリスクを負う必要はないのではないかなというのが当サイト管理人の意見です。

 

ここはその人の価値観でによって意見が変わる部分だと思いますが、私の意見としては、速度制限に引っかかってしまったら大事な場面で調べ事をしたりネットが遅すぎて連絡を取るのが困難になってしまう可能性があります。

 

たった月々数百円でそのリスクを負うのは賢い選択とは言えないのではないかなと思います。

 

 

容量シェア、ファミリーシェアを利用することができるMVNOは??

容量シェア、ファミリーシェアを利用できるMVNOをまとめました。

 

OCNモバイルONE

通信容量

月額料金

110MB/日コース

900円

170MB/日コース

1,380円

3GB/月コース

1,100円

5GB/月コース

1,450円

10GB/月コース

2300円

500Kbpsコース(15GB/月)

1,800円

 

解説

NTT系列のOCNモバイル。通信回線が安定しやすいということで評判がいいMMVNOとなっている。

 

上記はデータプランの価格。音声通話プランはこれに+700円で利用可能。

 

追加SIMは1枚450円、音声通話月のSIMは1150円で追加利用可能。

 

OCNモバイルONEの料金、速度は??OCNの詳細と評判を徹底解説してみた

 

IIJ mio

プラン

月額料金

通信容量

ファミリーシェア【データ】

2560円

10GB

ファミリーシェア【音声】

3260円

10GB

 

解説

IIJ mioはファミリープランであれば10枚もの格安SIMを利用することができる。
SIMカードは3枚目までは追加料金は無料、音声通話プランは1枚700円で追加できる。
4枚目以降は追加料金400円で追加可能、音声通話プランであれば1100円で追加可能となる。

 

また追加手数料には2000円かかるので注意が必要。

 

iij mioの速度は速い!?みおふぉんの評判を徹底解説!

 

mineo

データ通信プラン

 

 

500MBプラン

1GBプラン

3GBプラン

5GBプラン

初期費用

3000円

3000円

3000円

3000円

月額費用

700円

800円

900円

1580円

最大速度

150Mbps

150Mbps

150Mbps

150Mbps

利用可能通信量

500MB/月

1GB/月

3GB/月

5GB/月

 

音声通話プラン

 

 

500MBプラン

1GBプラン

3GBプラン

5GBプラン

初期費用

3000円

3000円

3000円

3000円

月額費用

1310

1410

1510

2190

最大速度

150Mbps

150Mbps

150Mbps

150Mbps

利用可能通信量

500MB/月

1GB/月

3GB/月

5GB/月

 

 

解説

au回線もdocomo回線もどちらも使えることで有名なmineo。
パケットシェアと複数回線割と家族割りがある。

 

パケットシェア⇒余ったデータ容量があれば家族でシェアできる。住所が一致していれば適用可能
複数回線割⇒一人で複数回線に契約する場合月額料金が最大5回線まで50円引きになる。
家族割⇒パケットシェアとは異なり、住所が同じでなくても適用可能。最大5回線まで月額料金が50円引きになる

 

mineoはau回線が使える!mineoを徹底解説してみた

 

DMMモバイル

 

 

データSIMプラン

通話SIMプラン

1G

630円

1260円

2G

770円

1470円

3G

850円

1550円

5G

1270円

1970円

7G

1880円

2580円

8G

2140円

2840円

10G

2250円

2950円

15G

4570円

5270円

20G

6090円

6790円

 

解説

DMMモバイルはシェアコースになっていて次第3枚の格安SIMカードでシェアすることができる。
最大20GBまで使えるMVNOはなかなかない。家族3人で利用する場合、一人7GB近く使えるのはありがたい。

 

DMMモバイルは通信容量に対する価格も業界最安値級なので、損はない。

 

DMM mobileの評判は??DMMモバイルを徹底解説しました!

 

 

まとめ

以上が家族で通信容量をシェアできる「ファミリーシェアプラン」のまとめになります。
他のMVNOでもファミリーシェアプランがわかり次第、更新していこうと思います。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安スマホを『お徳に』使いたいなら比較しなきゃね!

au、docomo、Softbankといった大手キャリアのスマホは月7000円~8000円かかるのに対して格安スマホは月2000円以下から利用できます。

通話、通信をそれなりに使ってもせいぜい2500円!月額料金を1/3以下まで落とすことができます。

スマホ端末とセットで申し込めば、不安も一切なし!
説明書に従ってたった5分で設定できます。

回線もdocomoの回線なのでサクサクネットが使え、信頼性も高い!

当サイトでは「お徳」に「初めての人でも問題なく」格安スマホを利用できるように丁寧に説明しました。

TOP格安スマホを徹底比較!大手キャリア1/3以下の月額料金で契約しよう