子供向け格安スマホでおすすめは??

子供向け格安スマホでおすすめは??

子供向け格安スマホでおすすめは??

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

お子様を持つご家庭においては、昨今の携帯電話の普及率に伴って、『子供に携帯電話、特にスマートフォンを持たせるか』というのは避けて通れないお悩みではないでしょうか。

 

平成25年に総務省が高校生を対象にアンケート調査を実施し発表した資料によると、スマートフォンは84%の高校生が保有しているというデータになっています。

 

 

 

 

参照:総務省公式HP 平成25年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等

 

 

『子供』という年齢が何歳から当てはまるのか、という判断はご家庭によると思いますが、インターネットが普及し、スマートフォンがコミュニケーションツールとして大きな影響力を持つ今、

 

 

『子供だから必要ない』という判断は、もはや不可能と言ってもよいでしょう。お子様の交友関係のことを考えても、もはや必須のアイテムであるともいえます。

 

 

やみくもに反対したり悩んだりするのではなく、ここでは子供に持たせることを前提として、保有することのメリット・デメリットを考えてみましょう。

 

 

 

いかがでしょうか。

 

デメリットについてはしっかりとご家庭でルールを取決めれば、対処できそうなことが多いですね。

 

一方、メリットには家庭内、交友関係のほか、お子様への安全配慮も可能になる、大きなメリットがありそうです。

 

そうはいっても、やはり有料サービスですから、金銭的な負担も当然考えなければなりません。

 

そこで今回お勧めしたいのが、格安SIMを利用したスマートフォンの活用です。

 

事業者が増えてきたこの格安SIMサービスは、『安かろう・悪かろう』ということはありません。

 

それでは子供用スマホの選び方とおすすめの格安スマホを紹介していきたいと思います。

 

 

子供向けスマホはこういうのを選ぶべき

 

いざ『持たせる』と決めても、いったいどれを選べばいいのか、とても難しいと思います。

 

そこで、選ぶ際にはご家庭で使用目的と選ぶ上での優先順位を決めることをお勧めします。

 

とは言え、何を優先順位とするのか非常に難しいと思いますので、簡単に考え方をお伝えします。

 

その1:使いたいアプリが使えるか

いま子供たちの間で必須のツールとなっているのは主にポケモンGO、LINE、Twitter、Vine、このあたりです。

 

関連記事:【ポケモンGO】オンラインゲームができる格安スマホは??

 

もちろんこれだけではありませんが、このような必須と思われるアプリが使えることは大前提です。

 

『スマートフォンなら何でもいいだろう?』と思われるかもしれませんが、実は大きな問題を孕んでいる可能性があります。

 

というのも、古いパソコンで現在のソフトが使えないことがあるように、発売から3年ほど経過したスマートフォンでは、OSがそのアプリを認識できないことも考えられます。

 

こればかりは新しいものを手に入れたほうがよさそうです。

 

 

その2:料金体系はどうか

格安SIMの魅力の一つは何といってもその料金の安さにあります。Docomo、auといった携帯電話会社に比べ、格段に安くなります。

 

その分、例えば月々の料金の一部をお子様のおこづかいで負担させるなど、金銭教育にも役立つものと思われます。

 

また、ファミリーシェアプランと言って、家族で同じ格安SIMの会社の回線を使用していた場合、インターネットを使うために割り当てられたパケットを分け合えることができます。

 

お母さんが利用しなかった料金をお子様に割り当てたりと、融通が利くプランを用意している会社もあります。

 

 


 

 

その3:GPSが使えるか

GPSとは位置情報を知らせるサービスのことですが、この機能があるスマートフォンをお子様に持たせていたら、例えば塾の帰りでいつもより遅かったり、遠方から帰宅してくるときなどに今どこにいるのかがわかるので安心です。

 

GPSは誤ってスマートフォンを紛失してしまったときなどにも役に立ちますので、この機能はあって損はないでしょう。

 

子供にオススメの格安スマホ5点

 

では、どのようなスマートフォンを選べばよいのでしょう。

 

格安SIMを前提として、お勧めのスマートフォンをご紹介します。

 

ポラロイドスマートフォン「ポラスマ」

 

 

参考:ポラスマ

 

様々な設定が可能な、ペアレンタル機能が標準装備されています。お子様が使用する範囲の制限のみならず、防犯アプリや安全アプリも入っています。

 

 

<説明動画>

 

 

SIMフリーなので、格安SIMを活用して毎月の料金が抑えられるのが嬉しいところ。

 

しかも、安全面に強みを持つから本来のスマートフォンとしてはランクが低い…などということもなく、驚くほどのハイスペック機種なのです。
スペック表

 

商品 Polaroid Smart Phone Polasma
OS Android?4.2
メモリ 4GB
ディスプレイ 5インチ
カメラ 背面:800万画素/前面:200万画素
メディアスロット microSDカードスロット(32GB対応)
サイズ/重量 142mm×70mm×7.9mm /132g
連続待受時間(静止時) Wi-Fi接続時 約40時間

 


 

iPhone SE 64GB SIMフリー

 

参考:iPhoneSE

 

商品 iPhone SE 64GB SIMフリー
OS iOS 9
メモリ 64GB
ディスプレイ 5インチ
カメラ 背面:1200 万画素/
メディアスロット なし
サイズ/重量 58.6x123.8x7.6 mm/113g
連続待受時間(静止時) 240時間

 

 

小さい画面に高性能の代表格の様なスマートフォンです。電池も長持ちする上に場所を取らないので、お子様に持たせるのにもとてもいいでしょう。

 

 

有害サイトをブロックするアプリをインストールすれば、安心して持たせることができます。

 


 


 

 

 

ZenFone Max SIMフリー

 

 

参考:Zenfone Max SIMフリー

 

スペック表

 

商品 ZenFone Max SIMフリー
OS Android 5.0
メモリ ROM 16GB RAM 2GB
ディスプレイ 5.5 インチ
カメラ 1300 万画素素/
メディアスロット microSDXCメモリーカード
サイズ/重量 77.5x156x10.55 mm/202g
連続待受時間(静止時) 914.4時間

 

 

関連記事:Zenfone Maxの口コミ、評判は??新作端末をぶった切り解説してみました!

 

 

高性能でありながら低価格を実現した代表的な機種。

 

5.5インチと画面が比較的大きめに感じるかもしれませんが、背面が湾曲しているため、とてもしっかりと手にフィットします。

 

まだあまり大きくない手のお子様でも、持ちやすいデザインになっているのが嬉しい所です。

 

電池の持ちが非常に長く、ゲームや動画での使用を規制していれば、1日充電を忘れたとしても問題ない範囲でしょう。

 

 

 

 

FREETEL MUSASHI SIMフリー

 

参考:FreeTel MUSASHI

 

商品 FREETEL MUSASHI SIMフリー
OS Android 5.1
メモリ ROM 8GB RAM 1GB
ディスプレイ 4 インチ
カメラ 800 万画素
メディアスロット microSDXCメモリーカード
サイズ/重量 63.1x123.1x17.6 mm/198g
連続待受時間(静止時) 210時間

 

関連記事:FreeTelの料金や速度は??徹底解説しました。

 

画面は4インチですが、折り畳み式端末ということもあり、全長は他のスマートフォンより大きくなります。

 

しかし、2画面式なので、開いても閉じても使うことが可能です。そのため、手の大きさに合わせた使い方ができ、電話するときにはとても使いやすくなります。

 

また、その大きさからおそらくストラップをつけて首からぶら下げるでしょう。そうすることで、落下や紛失も防げます。

 

 

 

AQUOS SH-M01 SIMフリー

 

参考:AQUOS SH-M01

 

商品 AQUOS SH-M01 SIMフリー
OS Android 4.4
メモリ ROM 16GB RAM 2GB
ディスプレイ 4.5 インチ
カメラ 1310 万画素
メディアスロット microSDXCメモリーカード
サイズ/重量 63x128x9.9 mm/120g
連続待受時間(静止時) 560時間

 

 

 

少し前の端末にはなりますが、非常に使いやすく、また何よりもカメラが高性能です。

 

 

画面が横幅一杯に作られているため、同じ画面サイズのスマートフォンに比べ、シルエットは小さく感じるかもしれません。

 

しかし、実際には画面は大きく、操作性能、タッチ感度はトップクラスなので、例え中古でもおすすめの端末です。

 

シンプル長い剣なので、シールなどでのデコレーションもありですね。

 

 

 

まとめ

スマートフォンというと、どうしても毎月高額な料金がかかり、それがネックになって持たせられない、とお考えの方も多いのではないでしょうか。

 

今回ご紹介したように、格安SIMを活用することにより、毎月のコストは格段に抑えることが可能です。対応するSIMフリースマートフォンも増えてきていますから、是非一度お試しいただきたいと思います。

 

スマートフォンをお子様に持たせることには、様々なお悩みがあると思います。

 

使い方や使用ルール、料金などは、じっくりと使う本人とお話をして、ルールを設けることをお勧めします。

 

すると、そこに新しい家族のコミュニケーションが生まれますし、自分で決めたルールであれば、お子様も守りやすくなるでしょう。

 

もし迷われているのであれば、この機会に活用をご検討されてはいかがでしょう。

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安スマホを『お徳に』使いたいなら比較しなきゃね!


au、docomo、Softbankといった大手キャリアのスマホは月7000円~8000円かかるのに対して格安スマホは月2000円以下から利用できます。

通話、通信をそれなりに使ってもせいぜい2500円!月額料金を1/3以下まで落とすことができます。

スマホ端末とセットで申し込めば、不安も一切なし!
説明書に従ってたった5分で設定できます。

回線もdocomoの回線なのでサクサクネットが使え、信頼性も高い!

当サイトでは「お徳」に「初めての人でも問題なく」格安スマホを利用できるように丁寧に説明しました。


TOP格安スマホを徹底比較!大手キャリア1/3以下の月額料金で契約しよう