Softbank系のMVNOは存在するのか??

Softbank系のMVNOは存在するのか??

Softbank系のMVNOは存在するのか??

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

楽天モバイルやDMMモバイルをはじめとしたほとんどのMVNOはdocomo回線、UQモバイル、mineoはau回線、そしてSoftbank系回線の格安SIMカードですが
結論から言うと、現在はSoftbankの中古携帯で利用できるSoftbank回線の格安SIMは存在しません。

 

しかし、ネット上には「Y!mobileはSoftbank系列の回線だから、Y!mobileの格安SIMをSoftbankの中古携帯端末に差し込めば利用できる!」という噂を非常に良く耳にします。

 

結論から言うとY!mobileはSoftbank系列の回線でははないので、ソフトバックの中古携帯(白ロム)にY!mobileのSIMを挿しても使えません。

 

あれ??Y!mobileはSoftbank回線じゃないの??

「Y!mobileはSoftbank系の格安SIMではないの??」そう思っている方も多いのではないかと思います。実際に私も最近までY!mobileはSoftbankの回線を使っていると思っていました。

 

確かに、Y!mobileは数年前にSoftbankが買収した会社で、現在はSoftbank系列の企業となっています。

 

しかし、実はY!mobile自体が「MVNO」ではないのです。
基本的にMVNOは他社の回線を借りてインターネット回線を使うものとなっています。

 

例えば、大手IT企業の楽天が「楽天モバイル」というMVNO企業を作ってdocomoから回線を借りて販売するという形ですね。

 

しかし、Y!mobileは実は自社回線を持つ「MNO」です。

 

Softbankに買収される前の旧サービス「イーモバイル」やWILLCOMなどの通信網を利用しているため完全にSoftbank系列の通信とは言えません。

 

つまり、Y!mobileの回線はSoftbank系列ではないので、SIMロック解除のされていないSoftbankのスマホにY!mobileのSIMを挿して利用することはできないということです。

 

 

何故、SoftbankはMVNOは存在しないのか??

実はSoftbankが存在しない理由は2つあります。

 

接続料がdocomo回線の3倍の価格設定

MVNOとは上記の通り、docomo、au、Softbankなどの通信会社から回線を借りて販売することです。

 

そこで、docomoがDMMや楽天に回線を貸す代わりに通信量に応じて回線利用料を回収しているのですが、なんと!Softbankはその回線利用料をdocomoの3倍に設定しています。

 

DoCoMoとSoftbankの考え方に明確な違いがあり、docomo側は今後MVNOが流行ることを見越して、通信料金の単価が下がってもいいから他社からシェアを少しでも奪いたいと考え、Softbankは自社の通信回線料金の単価を下げたくないと考え、MVNOに積極的に通信回線を貸そうとはしない方針を固めてきました。

 

そのためSoftbankはMVNOに回線を貸し出す際の利用料をdocomoの3倍に設定し、格安SIMを販売している各MVNO業者はSoftbank回線のMVNOを借りるのを避け、docomoメインでの貸し出しをしているという構図になっています。

 

結果的にはdocomo勝利、Softbank敗北状態になっており、Softbankの契約者が少しずつ離れていき、現在はdocomo回線の契約者が増えていくこととなりました。
実際に筆者である矢澤シムも元々Softbankの携帯電話を利用していましたが、現在はdocomoのMVNOを利用しています。

 

Y!mobileの存在

Softbank系列にはY!mobileがあります。(ただし上記にも記載した通り完全なSoftbank回線ではない)
このY!mobileはウィルコムが母体となっており、Softbankの携帯電話よりも安い価格で格安SIMの提供をすることに成功しています。

 

つまりSoftbankとしては格安SIMを提供するサービスをY!mobile経由で既にできているので、わざわざ他社MVNO業者を使って自社回線のMVNOに積極的に参入する理由が見当たらないということです。

 

以上、2つの理由からSoftbankは積極的にMVNOに回線を貸出死しようとしないわけです。

 

では、Softbankの中古携帯端末(白ロム)を持っている場合、どの格安SIMも使えないのか??

恐らく、ほとんどの方が知りたい部分がこの部分だと思います。
結論から言いますと、SIMロック解除をすれば可能です。

 

2015年5月以降、大手携帯会社3社に対して「SIMロック解除義務」を総務省の方から直々に通達されました。

 

そのため、2015年5月以降販売されたSoftbankの携帯電話であればSIMロック解除は可能です。

 

SIMロックとは??au、docomo、Softbankの携帯にSIMを差し込むにはどうすればよい??

 

SIMロック解除をすれば、Softbankで使っていた白ロムにdocomo回線のSIM、au回線のSIMなどすべての格安SIMを挿せるようになります。

 

しかしSIMロック解除可能携帯であっても条件があり「購入日より180日間は不可」としています。

 

つまり2015年5月以降に販売、かつ、購入日より180日間はSIMロック解除不可、という2つの条件を満たさなければならないわけですね。

 

なお、2015年4月以前販売のSoftbankの携帯端末は以下のようになっています。

 

  • BLADE Q+
  • ARROWS A 301F
  • STREAM 201HW
  • STER7 009Z
  • シンプルスマートフォン 008Z

 

 

2015年5月以前に販売されたSoftbankのスマホにSIMを挿して使うのは現実的じゃない

ここまで来るとわかると思いますが、2015年5月以前に販売されたSoftbankのスマホ端末に格安SIMを挿して利用するのはあまり現実的ではないといえます。

 

個人的にはスマホ端末ごと乗り換えてしまうのをおすすめします。

 

Softbankの一般的なプランでだとスマホ端末込み、月3~7GBプランでで6000~8000円くらいは当たり前にかかってました。
しかし、格安スマホに乗り換えてしまえばスマホ端末込みでもせいぜい月額2000~2500円程度で利用できます。

 

回線はdocomoの回線で全然遅さを感じませんし、乗り換えたほうが確実に徳はします。

 

まとめ

現在、Softbank系のMVNOが存在しません。
Y!mobileは残念ながらSoftbankの中古端末に差し込むことはできません。
2015年5月以前に購入した端末であるなら格安SIMを使うことができないので、当サイトではスマホごと乗り換えて格安スマホを購入することをオススメしています。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安スマホを『お徳に』使いたいなら比較しなきゃね!


au、docomo、Softbankといった大手キャリアのスマホは月7000円~8000円かかるのに対して格安スマホは月2000円以下から利用できます。

通話、通信をそれなりに使ってもせいぜい2500円!月額料金を1/3以下まで落とすことができます。

スマホ端末とセットで申し込めば、不安も一切なし!
説明書に従ってたった5分で設定できます。

回線もdocomoの回線なのでサクサクネットが使え、信頼性も高い!

当サイトでは「お徳」に「初めての人でも問題なく」格安スマホを利用できるように丁寧に説明しました。


TOP格安スマホを徹底比較!大手キャリア1/3以下の月額料金で契約しよう

関連ページ

SIMフリーのiPhoneと大手キャリアのiPhoneの値段を徹底的に比較してみた
iPhoneで格安SIMを利用する手順をはじめからていねいに!
格安SIMはMVNOサービスによって速度が変わるって本当??
海外でインターネットを利用する3つの方法
格安スマホではキャリアメールは使えない??
ちょっと待って!格安スマホでデータの移行はどうすればいい??
ガラケーに格安SIMを挿入して利用することは可能なのか??
ガラケーからスマホに乗り換えるメリットは??
格安スマホでLINEは使える??どうやって設定すればい??
格安スマホに契約する際にSMSを付けるべきか否か??
違約金を支払ってでもMVNOに変更するべきか??
格安スマホが故障したときはどうすればいいか??
通信速度は最大6Mbpsあれば充分??
格安スマホの通話料金を安くする方法とは??
データ専用SIMで通話する方法とは??
格安スマホでセキュリティ対策はするべき??
家族全員で格安スマホを利用したらどれくらい安くなるのか??
最近巷で話題になっているSIMカード。大手キャリアを辞めてSIMカードに変えれば、ネット回線の月額通信料が大幅に安くなります。また格安スマホセットで購入すれば月額料金がなんと大手キャリアの約半額に!これを機会にぜひ、SIMカードを使ってみませんか??
IP電話と格安電話の違いは??通話料金を安くする方法はこれだ!