ガラケーからスマホに乗り換えるメリットは??

格安スマホと格安SIMを徹底比較!!おすすめを矢澤シムが解説します

ガラケーからスマホの2台持ちのメリットとは??

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

大手キャリアのスマホを使ってて料金を落としたい、また通話を頻繁にすることがあるから通話料金を落としたいという方も多いと思います。
一般的に大手キャリア(au、docomo、Softbank)のスマホは基本料金、SPモード、パケット定額で合計6500円の料金が発生します。

 

パケ放題プランを入れて最低でも8000円、端末代金を払ったり、通話をしたりすると1万円超えてきます。
当サイトの管理人シムがSoftbankのスマホを利用していた時は毎月1万円程度の月額料金が搾取されていました。

 

管理人シムはあまり通話をするほうではなかったので、大体1万円以内で済んでいた時の方が多かったですが、通話をする人なんか1万越えは余裕!って人もいるのではないかと思います。
そこで、今回は当サイトで、ガラケーとスマホの2台持ちをすることによって月額料金を抑える方法、メリットデメリットについて書いていきたいと思います。

 

 

ガラケーとスマホを2台持ちするメリットは??

  • 月額料金が安くなる
  • キャリアメールが使えるようになる
  • iPhoneの場合でもおサイフケータイを利用することができる

 

月額料金が安くなる

 

ガラケーとスマホを2台持ちすると「2台も端末持ってると絶対高くなるでしょ(笑)」と思うかもしれません。
しかし、実は逆で毎月の月額料金を抑えることができるのです。

 

ガラケーを通話し放題で持つ場合

ガラケーを書けホーダイプランプランの価格は以下のようになっています。

 

au

2200円~

docomo

2200円~

Softbank

2200円~

Softbank【乗り換え割り適用】

3年間1480円で利用可能

 

ね?意外と安いでしょ??

 

 

 

最低でも2200円~利用できて通話もし放題です。
毎月3300秒以上(つまり55分以上)スマホで通話する方は、通話するときだけガラケーに変えるという選択肢にしたほうがお徳になります。

 

しかし、デメリットもあって、このガラケーでネットを使うことはできません。
そこで、ネットの方は完全にスマホオンリーと割り切って使いましょう。

 

スマホを最安値で持つ場合

一般的に格安SIMには2種類あって、データ通信のみできるデータプランと音声通話もできる音声通話SIMの2つがあります。
ガラケーと併用して利用する場合、データ通信SIMをお勧めします。

 

データ通信SIMは音声通話ができない代わりに音声通話SIMより700円ほど安くなっているのが特徴です。

 

  • 楽天モバイル:525円~
  • DMMモバイル440円~

 

と格安SIMのデータプランは月額最低500円前後から利用できます。
ただし安いプランは速度が異常に遅いので月3GB程度使えるプランをおすすめしています。

 

月3GBのプランで1500円くらいなのでガラケーと組み合わせて通話し放題&月3GB利用してもせいぜい4000円程度です。
今まで大手キャリアに8000円以上支払っていたことを考えるとすごく安くないですか??

 

 

キャリアメールが使えるようになる

今まで大手キャリアのスマホを使ってきてキャリアメールを使いたい!という方がいるかもしれません。
その場合、大手キャリアのガラケーを使っていればキャリアメールを使えないこともないです。

 

実際、ガラケーの最安プラン+メールだけで1300円くらいで(通話放題にするとまた話は別)キャリアメールを維持することができます。
やはり50歳以上の世代ではSMSとキャリアメールの違いが判らないのも事実。

 

その場合はガラケーでキャリアメールを維持するというのも一つの手です。
(ただし個人的にずっとキャリアメールにこだわるのもあまり良いとは思えないので、G,ailやyahooメールなどのフリーメールに変更するkとをお勧めします。)
格安スマホではキャリアメールは使えない??

 

iPhoneの場合でもおサイフケータイを使うことができるようになる

iPhoneの弱点の一つとして「お財布ケータイが使えない」というのがありました。
しかし、ガラケーとiPhoneの2台持ちにすることによって、ガラケーでおサイフケータイが使えるので結果的にiPhoneユーザーの方でもケータイで支払いをすることができるようになります。

 

 

ガラケーとスマホを2台持ちするデメリット

当然、メリットがあればデメリットもあります。
今回はそのデメリットを見ていきましょう。

 

アドレス帳をスマホとガラケー別々で管理する必要がある

スマホとガラケーを2台持ちする場合、アドレス帳を別々に管理する必要があります。
ガラケーではネット回線を利用しないプランの場合、dropboやGoogleドライブといったクラウドストレージ機能を利用することができないのでなおさら大変ですね。

 

ただ、スマホはLINE、ガラケーは通話とキャリアメールのみにすれば大丈夫??

ただ、現在は通話をガラケーで済ますならばスマホはほとんどプライベートでの連絡用としてLINEを使うという選択肢もあります。
そうすればスマホで連絡先を開く必要もありませんし、何より連絡手段がどんどんLINEやchatworkのようなクラウド型アプリにいどうしていますからね、無理して連絡帳をどちらの端末にも入れておく必要はないかも知れません。

 

 

持ち運びがめんどくさい

2台あるとはっきり言って持ち運びがめんどくさいです。
充電するときは充電器を2つ持ち歩かなければなりませんし、両方の携帯電話の電池の残量を気にして生活しなければならないです。

 

料金の支払いも2か所からしなければいけないので手続きがめんどくさいです。
2台の端末を利用するということは2倍の手間がかかるということです。

 

 

やっぱり一台で充分だよね!

ガラケーとスマホの2台持ちはメリットはありますが、その分2台持ちしなければいけないという強烈なデメリットがあります。
通話料を削減するためであれば、プライベートの連絡をLINEでしたり、楽天の5分間通話無料オプションを付けることによって解決します。

 

ガラケーがなければ確かにキャリアメールが使えませんが、キャリアメールを維持するのに月額数千円かかるわけですし、キャリアメールはもう古いです。
今は無料でクラウド型のgmailやyahoomailなど無料で充分使えるフリーメールがあります。

 

また、格安スマホに乗り換えても、SMS(ショートメッセージサービス)が利用できますから、MNP(電話番号を変えずに乗り換え)をすれば特に問題はありません。

 

まとめ

スマホとガラケーの2台持ちもメリットはありますが、当サイトではあまりオススメしていません。
今は通話料金が安くなるプランも充実しているので、楽天モバイルなどの通話料金が安くなる格安スマホを選びましょう。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安スマホを『お徳に』使いたいなら比較しなきゃね!

au、docomo、Softbankといった大手キャリアのスマホは月7000円~8000円かかるのに対して格安スマホは月2000円以下から利用できます。

通話、通信をそれなりに使ってもせいぜい2500円!月額料金を1/3以下まで落とすことができます。

スマホ端末とセットで申し込めば、不安も一切なし!
説明書に従ってたった5分で設定できます。

回線もdocomoの回線なのでサクサクネットが使え、信頼性も高い!

当サイトでは「お徳」に「初めての人でも問題なく」格安スマホを利用できるように丁寧に説明しました。

TOP格安スマホを徹底比較!大手キャリア1/3以下の月額料金で契約しよう

関連ページ

SIMフリーのiPhoneと大手キャリアのiPhoneの値段を徹底的に比較してみた
iPhoneで格安SIMを利用する手順をはじめからていねいに!
格安SIMはMVNOサービスによって速度が変わるって本当??
海外でインターネットを利用する3つの方法
格安スマホではキャリアメールは使えない??
ちょっと待って!格安スマホでデータの移行はどうすればいい??
Softbank系のMVNOは存在するのか??
ガラケーに格安SIMを挿入して利用することは可能なのか??
格安スマホでLINEは使える??どうやって設定すればい??
格安スマホに契約する際にSMSを付けるべきか否か??
違約金を支払ってでもMVNOに変更するべきか??
格安スマホが故障したときはどうすればいいか??
通信速度は最大6Mbpsあれば充分??
格安スマホの通話料金を安くする方法とは??
データ専用SIMで通話する方法とは??
格安スマホでセキュリティ対策はするべき??
家族全員で格安スマホを利用したらどれくらい安くなるのか??
最近巷で話題になっているSIMカード。大手キャリアを辞めてSIMカードに変えれば、ネット回線の月額通信料が大幅に安くなります。また格安スマホセットで購入すれば月額料金がなんと大手キャリアの約半額に!これを機会にぜひ、SIMカードを使ってみませんか??
IP電話と格安電話の違いは??通話料金を安くする方法はこれだ!