格安スマホの通話料金を安くする方法とは??

格安スマホと格安SIMを徹底比較!!おすすめを矢澤シムが解説します

格安スマホの通話料金を安くする方法とは??

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

大手キャリアは基本的に通話放題プランだったり、通話料を半額にするプランが整っています。

 

少し前までMVNOには通話料までお徳になるサービスというのはあまりない状況でした。

 

例えば、大手キャリアのかけ放題プラン(DoCoMoの6500円)と格安SIMの3GB/月の差額(OCNモバイル)の差額は4900円となっています。

 

通話料金は20円/30秒なのでおよそ2時間2分利用すればこの差額分4900円に達してしまいます。
これは1日4分通話したら達する金額です。

 

しかしここ近年、MVNOも通話料金を安くするための方法、サービスが増えてきました。

 

固定月額料金は圧倒的に格安SIMの方が安い状況ですが、このままだと大手キャリアよりも通話料金でも有利になるのではないかと考えています。

 

ただ、通話料金を安くするプランや方法の選択肢が多すぎてわからない!という方も多いため、今回は格安SIMを利用する際に

 

通話料金を抑えるサービス、工夫、プランについて書きました。

 

SNSを使う

ここ近年はSNSを使う方が増えています。
通話料金を安くするためにSNSを利用する選択も視野に入れることをお勧めします。

 

 

LINE

通常のLINE同志のやり取りは無料で利用することができる。

 

LINE電話

一般的なLINEはLINE同志での通話、チャットをすることができるがLINE電話は固定回線へ通話、携帯電話に通話をすることができる。

 

  • コールクレジット:固定3円/分、携帯14円/分
  • 30日プラン:2円/固定、携帯6.5円/分
  • 国際通話:1円~14円/分

 

LINE電話は基本料0円、初期費用0円、接続料金0円で利用でき、かつ国際通話も破格の値段で利用できます。

 

参照:LINE電話

 

Skype

Skypeはライン同様インターネット回線を使った通話をすることができます。

 

無料会員だとslype同士の通話しかできませんが、有料プランに加入すれば固定回線、携帯電話にも電話を掛けることができます。

Skypeクレジット

携帯電話への通話:10.81/分

固定電話への通話:2.26円/分

国内通話プラン

850円/月

国際通話プラン

1675円/月

 

参照:Skype電話

 

Viber

ViberはLINEが爆発的に流行る前に、細々とユーザーがいた通話アプリです。
現在はLINEに市場を取られてしまいましたが、現在もViberを利用している人は一定数います。

 

LINE、Skype同様Viber同志の通話は無料で利用でき、更に国内の固定電話への通話も現在無料で利用できます。

 

固定電話

 

固定電話への通話:無料

携帯電話への通話

12円/分

 

 

IP電話を使う

IP電話とは通常の電話が3G回線を使ったものであるのに対してIP通話はインターネット回線を使った通話となっています。
そのため、本来よりも低価格で利用することができるのがIP電話の特徴です。

 

実はLINEやSkypeといったSNSサービスによる通話もIP通話を核とした通話サービスになっています。

 

 

基本料

携帯電話

固定電話

050 Plus

300円

16円/分

2.66円/分

LaLa Call

100円

18円/分

2.66円/分

050 Call

0円

15円/分

2.66円/分

 

 

通話料金がお徳になる格安SIMを使う

格安SIMの中には通話料金が定額になったり、安くなるSIMもあります。
そこで、通話料金が安くなるMVNOを挙げてみました。

 

 

楽天モバイル

楽天モバイルは楽天ポイントが大量につくので他社と比較してお徳に契約することができますし、またスマホ端末そのものも他社MVNOと比較して安くなっている傾向があります。
ツ輪が安くなるプランとしては「850円で5分間かけ放題プラン」があり、5分間いくらかけてもお金がかからないのがこのプランの特徴です。

 

 

 

Y!mobileの音声通話プラン

Y!mobileは他社MVNOと比較してやや月額料金が高いですが、10分間の通話を月300回することができます。
これだけ多くの通話をできて月額6000円以内というのは非常に安いですね。

 

短い通話を頻繁にすることが多い方に対しておすすめしています。

 

 

スマホプランS

スマホプランM

スマホプランL

初期費用

3000円

3000円

3000円

月額費用

2980円

3980円

5980円

月次通信量

1GB

3GB

7GB

通話料金 10分以内の通話300回/月無料 10分以内の通話300回/月無料 10分以内の通話300回/月無料

最大速度

112.5Mbps

112.5Mbps

112.5Mbps

 

 

もしもシークス

もしもシークスは1980円で3分の通話が月30回、2980円で5分間の通話を月30回、3980円で月10分の通話を月300回利用することができます。

 

 

基本コース

あんしんコース

まんぞくコース

これでもかっ!

初期費用

5000円

5000円

5000円

5000円

月額費用

1980円

2980円

3980円

2980円

月次通信量

1GB

7GB

7GB

-(日次通信量350MB/日)

通話料金

3分通話30回/月無料

5分通話30回/月無料

10分通話300回/月無料

20円/30秒

最大速度

150Mbps

150Mbps

150Mbps

150Mbps

 

BIGLOBE

BIGLOBEは60分の通話を650円ですることができるオプションがあります。
本来格安SIMは20円/30秒が相場です。

 

それに対して650円で60分は30秒当たりの通話料金に換算すると5.4円/30秒で利用できます。

 

最初の60分は一般価格の1/4の値段で利用することができるのです。

 

 

 

音声通話スタートプラン

エントリープラン

ライトSプラン

12ギガプラン

初期費用

3000円

3000円

3000円

3000円

月額費用

1400円

1600円

2150円

3400円

月次通信量

1GB

3GB

6GB

12GB

最大速度

225Mbps

225Mbps

225Mbps

225Mbps

 

 

まとめ

以上が格安スマホの通話料金を安くする方法です。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安スマホを『お徳に』使いたいなら比較しなきゃね!

au、docomo、Softbankといった大手キャリアのスマホは月7000円~8000円かかるのに対して格安スマホは月2000円以下から利用できます。

通話、通信をそれなりに使ってもせいぜい2500円!月額料金を1/3以下まで落とすことができます。

スマホ端末とセットで申し込めば、不安も一切なし!
説明書に従ってたった5分で設定できます。

回線もdocomoの回線なのでサクサクネットが使え、信頼性も高い!

当サイトでは「お徳」に「初めての人でも問題なく」格安スマホを利用できるように丁寧に説明しました。

TOP格安スマホを徹底比較!大手キャリア1/3以下の月額料金で契約しよう

関連ページ

SIMフリーのiPhoneと大手キャリアのiPhoneの値段を徹底的に比較してみた
iPhoneで格安SIMを利用する手順をはじめからていねいに!
格安SIMはMVNOサービスによって速度が変わるって本当??
海外でインターネットを利用する3つの方法
格安スマホではキャリアメールは使えない??
ちょっと待って!格安スマホでデータの移行はどうすればいい??
Softbank系のMVNOは存在するのか??
ガラケーに格安SIMを挿入して利用することは可能なのか??
ガラケーからスマホに乗り換えるメリットは??
格安スマホでLINEは使える??どうやって設定すればい??
格安スマホに契約する際にSMSを付けるべきか否か??
違約金を支払ってでもMVNOに変更するべきか??
格安スマホが故障したときはどうすればいいか??
通信速度は最大6Mbpsあれば充分??
データ専用SIMで通話する方法とは??
格安スマホでセキュリティ対策はするべき??
家族全員で格安スマホを利用したらどれくらい安くなるのか??
最近巷で話題になっているSIMカード。大手キャリアを辞めてSIMカードに変えれば、ネット回線の月額通信料が大幅に安くなります。また格安スマホセットで購入すれば月額料金がなんと大手キャリアの約半額に!これを機会にぜひ、SIMカードを使ってみませんか??
IP電話と格安電話の違いは??通話料金を安くする方法はこれだ!