格安スマホとポケットwifiは相性が良い??

格安スマホと格安SIMを徹底比較!!おすすめを矢澤シムが解説します

格安スマホとポケットwifiは相性が良い??

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

SIMフリーに格安SIMを入れた「格安スマホ」を使うと、大手キャリアでスマホを利用していた時と比較して月額料金が1/3程度になります。
1万円ほどかかった月額料金が格安スマホを利用することによって月額1000~3000円の範囲で月々の携帯料金を支払えてしまいます。

 

しかし、それと同時に格安SIMを利用した格安スマホには

 

  • 「回線速度が安定しにくい」

 

という決定的な短所があります。
そこで、当サイトでオススメなのが、格安スマホとポケットwifiを組み合わせて利用するという方法です。
実は格安スマホとポケットwifiはかなり相性が良いのです。

 

格安スマホとポケットwifiの相性が良い理由とは??

格安スマホとポケットwifiの相性が良い理由は主に2つあります。

 

  • 速度制限対策として使える
  • 速度が不安定なときもポケットwifiがあれば安心

 

この上記の2点が相性が良い理由ですね。

 

速度制限対策として使える

スマホを使う際にネックになっていくのが通信速度制限です。
MVNOによって様々なプランがあり、500MB/月~20G/月程度まで選ぶことができます(MVNOによってプラン内容も異なってくるので一概に言えませんが)

 

当然、価格も500MB/月だったら月額500円程度から、20GB/月のプランであれば4000円/月と幅があります。
そこで、格安スマホを最小限のプラン(500MB~1GB/月)を使い、普段はポケットwifiを利用するという方法があります。

 

ポケットwifiはプランにもよりますが、3GB/3日まで利用可能という制限付きで月に使える通信容量は無制限というプランがメインとなっています。
そのため実質30GB/月まで利用することができます。

 

それでいてポケットwifiはキャンペーン特典などを組み合わせると実質的に3000円/月程度で利用することができます。

 

つまり格安スマホとポケットwifiを組み合わせれば必要最低限のプラン500MB~1GB/月で500円/月前後、ポケットwifiで3000円/月前後、合計3500~4000円で利用することができるのです。

 

ポケットwifiと格安スマホを組み合わせれば、たった3500~4000円で月30GB以上のインターネットを利用することができるのです。

 

30GB/月あれば速度制限対策としては十分過ぎる容量使えますね。

 

速度が不安定なときもポケットwifiがあれば安心

格安スマホを利用していると速度が不安定になることが多々あります。

 

特にお昼の時間帯は速度が「ガクッ」と落ちることが多いです。

 

その際にポケットwifiが1台あれば気兼ねなくスマホを利用することができます。

 

ポケットwifiを利用すれば格安SIMの欠点を補うことができるわけです。

 

ポケットwifiを選ぶならどれがオススメ??

以上が格安スマホとポケットwifiを組み合わせたら相性良く利用できる理由でした。
そこで、もしポケットwifiを利用するのであれば当サイトではWiMAXをお勧めします。

 

WiMAXを強くオススメする理由

ポケットwifiには大きく分けてワイモバイルとWiMAXがあります(もっと詳細を言えばたくさんあるのですが代表的なものはこの2つなので今回はその他のポケットwifiは割愛します)

 

WiMAXをオススメする理由は以下3点があります。

 

  • キャンペーン特典で高額キャッシュバックを貰うことができる
  • 速度制限に引っかかってもそれなりの速度が出る
  • LTE回線を使うことができる

 

キャンペーン特典で高額キャッシュバックを貰うことができる

WiMAXはWEBプロバイダ経由で契約することによってキャンペーン特典を適用することができ、高額キャッシュバックを貰うことができます。
月によって貰えるキャッシュバックの特典が異なるのですが、おおよそ、2~3万円程度貰うことができます。

 

しかし、これはプロバイダによって異なります。
当サイトではGMOとくとくBBというWiMAXプロバイダがキャッシュバック額が高額なことからおすすめしています。

 

ちなみにワイモバイルはキャンペーン特典がありません。

 

速度制限に引っかかってもそれなりの速度が出る

ワイモバイルで速度制限に引っかかったら最大速度が128Kbpsに制限されてしまいます。
最大速度128Kbpsではせいぜい、LINEのトークと通話をするのが精一杯で画像メインのサイトのネットサーフィンや動画の閲覧は非常に厳しいです。

 

それに対してWiMAXは通信速度制限に引っかかっても、最大速度1Mbps~6Mbps程度の速度が出ます。

 

1Mbps~6Mbps程度の速度がでれば当然、LINEやSkypeは余裕でできますし、速度制限中のワイモバイルでは不可能な画像サイトの閲覧、動画の閲覧も充分に可能です(ただし超高画質動画に関しては難しいかもしれない)

 

つまりWiMAXで速度制限に引っかかってもあまり問題ではないということです。

 

LTE回線を使うことができる

WiMAXは一つだけ欠点があります。
それはエリアによってはたまに回線速度が不安定になる点です。

 

参考:WiMAX2+の評判は悪い!?真実を調べてみた!

 

しかし、この欠点、実はWiMAX端末のW02もしくはW03で利用できる「LTE回線」を使えば解決できます。

 

WiMAXのLTE回線とは、auのスマホで利用できる回線と全く同じで、広範囲のエリアで安定したネット接続を行える回線です。

 

WiMAX端末を選ぶ際はW02もしくはW03を選ぶことをおすすめします。

 

まとめ

格安スマホとポケットwifiを組み合わせれば今まで以上にお得に使うこともできます。

 

当サイトでは、ポケットwifiを選ぶ際はWiMAXを利用することをお勧めします。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安スマホを『お徳に』使いたいなら比較しなきゃね!

au、docomo、Softbankといった大手キャリアのスマホは月7000円~8000円かかるのに対して格安スマホは月2000円以下から利用できます。

通話、通信をそれなりに使ってもせいぜい2500円!月額料金を1/3以下まで落とすことができます。

スマホ端末とセットで申し込めば、不安も一切なし!
説明書に従ってたった5分で設定できます。

回線もdocomoの回線なのでサクサクネットが使え、信頼性も高い!

当サイトでは「お徳」に「初めての人でも問題なく」格安スマホを利用できるように丁寧に説明しました。

TOP格安スマホを徹底比較!大手キャリア1/3以下の月額料金で契約しよう