格安SIMはどのように選べば良いのか??5つのポイントで徹底解説!

格安SIMはどのように選べば良いのか??5つのポイントで徹底解説!

格安SIMはどのように選べば良いのか??5つのポイントで徹底解説!

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

格安SIMとは何なのか、格安SIMのメリットデメリットは良く分かったけど、「実際どうやって選んだらいいのか全く分からないよ!」」という方も多いでしょう。
今回、格安SIMを選ぶ際の5つのポイントについて、徹底解説します。

 

格安SIMを選ぶ際の5つのポイント

格安SIMを選ぶ際には5つ、ポイントがあるので一つ一つ抑えていきましょう。

 

  • 月額料金の価格
  • 自分にとって必要なデータ量を把握する
  • データ通信プランor音声通話プラン
  • 目的に合ったサービス、プランを選ぶ
  • 今持っている端末がSIMカード利用可能か確認

 

 

月額料金の価格

格安SIMは月に使える通信容量やサービスの内容によって月額料金が異なります。
各社MVNOサービス業者が価格・サービス競争をしており、時期によって値下げ値上がりすることもあります。

 

 

自分にとって必要なデータ量を把握する

あなたは月何GB使いますか??
実は3GBあればかなりネットをすることができます。

 

 

出典:UQWiMAX

 

ネットサーフィン、ちょっと調べものをする、LINE、SNSをする程度であれば通信制限には引っかかりません。
ただし、動画を見る方は注意です。高画質で動画を見てしまうと数時間で通信制限に引っかかってしまう場合もあります。

 

 

10分間程度、スマホのゲームをした場合(上からパズドラ、ツムツム。ドラクエ、エレメンタルナイツ)、0.2MB~1MBほどの通信量がかかります。

 

3GB/月プランであれば1GB=1000MBなので3000MB/月利用できるわけですね。つまり、スマホゲームだけで3GB使い切るとなったら30000分かかります。

 

スマホゲームは意外と通信容量を消費しないことがわかります。
スモールユーザー~ミドルユーザーは3GB/月プランを、ミドルユーザー~ヘビーユーザーは5GB~プランくらいがちょうどいいのではないかと思います。

 

格安SIMのデータ通信プラン3GB~

 

格安SIMの音声通話プラン3GB~

 

格安SIMのデータ通信プラン5GB~

 

格安SIMの音声通話プラン5GB~

 

データ通信プランor音声通話プラン

SIMカードにはデータ通信プランと音声プランがあります。

 

データ通信プラン

データ通信プランは音声通話ができないプラン。

 

ただし、LINEやSkypeなどのSNSは利用できるため、携帯料金を抑えたい、かつ必ずしも電話番号が必要ない中学~高校生くらいのお子さんに携帯を持たせる場合やサブ端末代わりの回線として利用するのがベストです。

 

価格帯は500円程度から利用可能で音声通話プランと比較したら700円~800円程度安くなります。
また、データ通信プランは契約期間がなく、いつ解約しても解約料が一切かからないのがデータ通信プランのメリットです。初めて格安SIMを利用する場合、データプランで2~3カ月試してみて、満足で来たら通話SIMを改めて購入するという使い方もできます。

 

音声通話プラン

090/080/070から始まる電話番号を利用することができます。

 

音声通話プランはデータ通信プランより700~800円程度高額になっている場合がほとんどで、格安SIMの通話料金の相場は20円/30秒となっています。
大手キャリア(docomo、au、Softbank)の通話プランの相場と同じくらいになっています。

 

また、MVNOサービスによっては通話料が半額になるサービスやY!mobileのように料金が割高な代わりに通話料金が無料になるサービスなど、通話に関するサービスも増えてきています。
電話番号を持つメリットとしては、本人や何らかのサービスを利用する際に電話番号が必要であったり、SNSサービスを利用せずに電話を頻繁にする方も世の中まだまだ多いので電話番号を持っているに越したことはありません。

 

もし、いままで利用していた電話番号を引き続き利用するならMNP(番号を転出する)ことによって電話番号を変えずに利用することができます。MNPをする場合、3000円程度かかります。

 

 

目的に合ったサービス、プランを選ぶ

近年、格安SIM事業に参入しているMVNOサービス業者がどんどん増えています。その為、各社競い合うかのごとくサービスを展開しています。

 

例えば

 

  • 通信量無制限の代わりに速度が遅いプラン
  • 通信量無制限の代わりに月額料金が高めのプラン
  • 通話料金が安いプラン
  • 翌月に繰り越し可能な月額定量通信プラン
  • 毎日使えるデータ通信量が決まっているプラン

 

など、ありとあらゆるプランやサービスがあります。
当サイトではあなたの目的別に合わせて格安SIMを徹底比較しているので参考にしていただければと思います。

 

今持っている端末がSIMカード利用可能か確認

格安SIMを購入する前に必ず確認しなければいけないことがあります。
もしあなたが格安SIMと同時に格安スマホも購入するのであれば、関係のない話なのですが、現在持っているスマホにSIMカードを挿す場合は気を付けなければならないことがあります。
格安SIMカードのメリット、デメリットでも説明しましたが端末によっては格安SIMが利用できない可能性があります。

 

実は2015年4月まで販売されていた大手キャリアのスマホは「SIMロック」がかかっています。SIMロックとは特定のSIMカードを挿したときのみ動作するように機能制限されている端末のことです。

 

SIMロックとは??SIMロックの解除法まで徹底解説!

 

何故、SIMロックをしていたのかというと、自分の会社が販売した端末で他社の回線を利用してほしくなかったからですね。au、docomo、Softbankは互いに顧客を奪い合っている状況で、何としても顧客の流出を防いで生き残るための試作だったということです。

 

SIMロックで機能制限されていると、docomoで購入したスマホはdocomoの回線しか利用できませんし、auで購入したスマホはauの回線しか利用できない状況になっています。

 

docomo回線のSIMカードはたくさんありますが、au、SoftbankのSIMカードは限られています。

 

auのSIMカード⇒mineo、UQモバイルのみ取り扱っている
SoftbankのSIMカード⇒Y!mobileのみ取り扱っている

 

docomoで購入したスマホ(あるいはタブレット端末)の場合、問題ないですが、Softbank、auで購入したスマホの場合利用できる格安SIMが限られているので
確認してから購入したほうがいいでしょう。

 

 

まとめ

 

  • 月額料金の価格
  • 自分にとって必要なデータ量を把握する
  • データ通信プランor音声通話プラン
  • 目的に合ったサービス、プランを選ぶ
  • 今持っている端末がSIMカード利用可能か確認

 

以上5つのポイントを押さえたうえで格安SIMを選んでみることをお勧めします。

 

 

  1. 格安SIMとは!?初心者でも簡単に理解できるたった5つの特徴
  2. 格安SIMのメリット・デメリットとは??格安SIMを使わない手はない!
  3. 格安SIMはどのように選べば良いのか??5つのポイントで徹底解説!←いまここ
  4. 格安スマホはどのように選べばよい??徹底解説しました!

 

 

当サイトではよりお徳に契約できるように格安スマホを徹底比較しています。
是非、参考にしてみてください。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安スマホを『お徳に』使いたいなら比較しなきゃね!


au、docomo、Softbankといった大手キャリアのスマホは月7000円~8000円かかるのに対して格安スマホは月2000円以下から利用できます。

通話、通信をそれなりに使ってもせいぜい2500円!月額料金を1/3以下まで落とすことができます。

スマホ端末とセットで申し込めば、不安も一切なし!
説明書に従ってたった5分で設定できます。

回線もdocomoの回線なのでサクサクネットが使え、信頼性も高い!

当サイトでは「お徳」に「初めての人でも問題なく」格安スマホを利用できるように丁寧に説明しました。


TOP格安スマホを徹底比較!大手キャリア1/3以下の月額料金で契約しよう

関連ページ

格安SIM/格安スマホのメリット、デメリットとは??
格安SIM、格安スマホに関するメリット、デメリットをまとめました。一目でわかるように一つ一つ丁寧に解説いたしました。
格安SIMカードとは??詳しく解説!!
格安SIMに関して詳しく説明しました。今後主流になっていくであろう格安SIMをとことんわかりやすく解説。
格安スマホはどのように選べばよい??
格安スマホはどうやって選べばよいのか??端末の価格??端末のスペック??もうわかんない!そんなあなたのために解説しました。
周波数によっては格安SIMが利用できなくなる!?購入前に確認しよう!
3G/LTE/VoLTEの違いとは??
SIMカードのサイズを間違えて買ってしまった場合の対処法