周波数によっては格安SIMが利用できなくなる!?購入前に確認しよう!

周波数によっては格安SIMが利用できなくなる!?購入前に確認しよう!

周波数によっては格安SIMが利用できなくなる!?購入前に確認しよう!

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

MVNOがだいぶ普及してきて、SIMフリー端末を購入する人もどんどん増えてきました。(とはいえ、まだまだ多くの人がau、docomo、Softbankといった大手キャリアを使っていますが)

 

しかし、実際、乗り換えたもののSIMフリースマホにSIMカードを挿し込んでもうまくネットにつながらないというトラブルに見舞われている人もかなりの数います。

 

設定ミスなら問い合わせで解決できますが、サポートにと言わせても解決できないのが「周波数のトラブル」です。

 

周波数とは??

通信と通話は電波を利用して行われているのはご存知だと思います。
電波には「周波数」というものがあり、この周波数はキャリア(au、docomo、Softbank)によって異なります。

 

そしてスマホも電波の周波数によってはキャリアの回線に対応していないものもあるため、事前に調べたうえで購入しなければ「SIMフリースマホをわざわざ購入したのに使えないやんけ!」となってしまう可能性が高いです。

 

いや、実際、結構そのトラブルありがちですから!気を付けてください。

 

また、携帯電話の通信・通話は700MHz~2.5GHz当たりの周波数が利用されています。
一般的に高い周波数だと速度は速くなり、低い周波数ほど電波が届きやすくなっています。

 

周波数が低ければ電波が直進せず、回り込むので遅いですが、立て込んだところでもつながりやすくなっているわけです。

 

 

 

周波数について徹底的に抑えよう!

周波数帯にはそれぞれ特徴があります。
なかなか周波数帯のことを理解するのは難しいですが、メインとなっている周波数帯だけは知っておいたほうがいいです。

 

Band1(2.1GHz帯)

Band1(2.1GHz帯)は各キャリアがLTEとして利用している周波数で、速度も速い。外国でもメインの周波数として利用されているので対応している端末は多いです。
docomo、au、Softbankもこの周波数帯を使っており、一番メインとなっている周波数帯です。
また、WiMAXは2.5GHzに対応しており、回線速度が速いですが、建物の内部では電波が届きにくいなどのデメリットもあります。

 

Band3(1.7GHz帯)

docomoが東名阪地域で利用しているLTE限定の周波数帯です。
最大150Mbps出るLTE最高速度を出すことができる周波数帯で。
都内でもこのBand3の周波数帯は利用されていて、Band1とBand3のうちその時々でつながりやすい方につながるシステムになっています。

 

Band21(1.5GHz帯)

docomoが地方都市のために使っている周波数帯です。
海外のスマホ端末は対応していることはほとんどなく、ややマイナーな周波数帯です。
iPhone6Sにも対応していません。

 

 

Band19(800Mhz)

Band19は最大75Mbpsと遅く、docomoのプラチナバンドと呼ばれています。
電波が届きやすく、広い場所をカバーすることができる周波数帯となっています。
都市部のビル内部や地方などの他の周波数の電波が届きづらい場所でもBand19に対応していればしっかりつながります。
海外ではメジャーな周波数ではないので、対応している端末はそんなにありません。

 

 

 

キャリア別周波数

出典:エンジョイ!マガジン

 

 

  • NTTドコモ:Band1、Band3、Band19、Band21に対応
  • au:Band1、Band11、Band18、Band41に対応
  • Softbank:Band1、Band3、Band8、Band41に対応

 

上記の通り、Band1は大手キャリア3社に対応しています。

 

スマホが周波数に対応していることを事前に確認する

格安スマホの端末と格安SIMを別々に購入する際は、必ず「周波数」は着目してください。

 

ドコモ回線の格安SIMを利用する場合、少なくてもBand1、Band3に対応している格安スマホでなければ利用することができません。
また、地方の方でも利用する場合Band19に対応している必要があります。

 

 

同様にau回線のSIM(UQモバイル、mineo)の格安SIMを挿す場合、スマホがBand1、Band11、Band18、Band41に対応している必要があります。

 

 

もしスマホがこの周波数に対応していない場合、エリアによっては速度が遅くなったり、つながりにくくなることがあります。

 

2015年5月以降に販売されたスマホはau、docomo、SoftbankどのキャリアもSIMロック解除をすることができますが、SIMロック解除して他キャリアのSIMを挿して正常に通信できるかと言われればそれは対応周波数次第になってしまいます。

 

関連記事:SIMロックとは??au、docomo、Softbankの携帯にSIMを差し込むにはどうすればよい??

 

もし、特定のキャリアのスマホをSIMロック解除して他企業のSIMカードを挿して使うなら、周波数が一致しているSIMカードを利用しなければなりません。

 

 

まとめ

少々、難しい話になってしまいますが、まとめるとスマホとSIMカードの周波数があったもの同志で利用しないと、エリアによって通信できなくなるといった不具合が起きやすいよということです。

 

自分が購入した端末にSIMを挿して使うのに周波数などの不安がどうしてもあるなら格安スマホと格安SIMをセットで購入することをオススメします。

 

セットで購入することによって、「周波数の違いで利用できませんでした」ということは少なくとも避けることができますからね。

 

当サイトではよりお徳に契約できるように格安スマホを徹底比較しています。 是非参考にしてみてください。
  このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安スマホを『お徳に』使いたいなら比較しなきゃね!


au、docomo、Softbankといった大手キャリアのスマホは月7000円~8000円かかるのに対して格安スマホは月2000円以下から利用できます。

通話、通信をそれなりに使ってもせいぜい2500円!月額料金を1/3以下まで落とすことができます。

スマホ端末とセットで申し込めば、不安も一切なし!
説明書に従ってたった5分で設定できます。

回線もdocomoの回線なのでサクサクネットが使え、信頼性も高い!

当サイトでは「お徳」に「初めての人でも問題なく」格安スマホを利用できるように丁寧に説明しました。


TOP格安スマホを徹底比較!大手キャリア1/3以下の月額料金で契約しよう

関連ページ

格安SIM/格安スマホのメリット、デメリットとは??
格安SIM、格安スマホに関するメリット、デメリットをまとめました。一目でわかるように一つ一つ丁寧に解説いたしました。
格安SIMカードはどのように選べばよい??
格安SIMの選び方は??どんな部分に着目すればいいの??徹底的に解説しました。
格安SIMカードとは??詳しく解説!!
格安SIMに関して詳しく説明しました。今後主流になっていくであろう格安SIMをとことんわかりやすく解説。
格安スマホはどのように選べばよい??
格安スマホはどうやって選べばよいのか??端末の価格??端末のスペック??もうわかんない!そんなあなたのために解説しました。
3G/LTE/VoLTEの違いとは??
SIMカードのサイズを間違えて買ってしまった場合の対処法