Zenfone GOの評判、クチコミは??

格安スマホと格安SIMを徹底比較!!おすすめを矢澤シムが解説します

Zenfone GOの評判、クチコミは??

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

Zenfone GOはZnefoneシリーズで色んな機能をそぎ落としてコストを抑えた2016年4月に販売された格安スマホ端末となっています。
果たしてZenfone GOはお買い得なのか、購入するべきなのか書いていこうと思います。

 

Zenfone GOの基本スペック

名前 Zenfone GO
画面サイズ 5.5インチ
RAM/ROM 2GB/16GB
カメラ イン:アウト=500万画素:800万画素
バッテリー 3010mAh
質量 約160g
カラー ブルー、ブラック、ホワイト

 

 

Zenfone GOの特徴

 

大型ディスプレイと高画質カメラ

5.5インチのディスプレイはWEBサイトやゲームなどを楽しむことができます。
また、カメラの画質も500万画素、800万画素と非常に高い画素数を誇り1万円台で買えるスマホとしては突き抜けています。

 

 

3010mAhの大容量バッテリー

一般的に1万円後半~2万円で買える格安スマホ端末だと、バッテリーはせいぜい2500mAhくらいです。
しかしZenfone GOに関しては3000mAhを超える巨大バッテリーとなっており、電池持ちは1万円台のスマホにしては非常に良いです。

 

実際に口コミを見る限りは「1日中利用してもバッテリーが切れることはない」といった意見が多数占めていました。

 

 

価格帯が2万円を切る超格安スマホ端末

今までZenfone2 Laser やZenfone MaxなどZenfoneシリーズは多くの端末が販売されていますが、その中で19800円という2万円を切る超低価格で購入することができます。

 

それでいて品質もそこそこを維持しているスマホ端末。

 

低価格でZenfoneシリーズを使いたい方にはぜひオススメできます。

 

 

GPSの電波がつかみにくい??

Zonfone GOはGPSの電波を非常につかみにくいという話をよく聞きます。
GPSがつかみにくい状態だとGoogleマップで自分のいる場所を正確に示してくれないため、頻繁にGoogleマップを使う方は要注意です。

 

 

カメラが少し荒い

カメラに関しては荒さが残っていうという口コミあり。

 

スペック上ではインカメが500万画素、アウトカメラが800万画素です。
スマホのカメラが実際に画素数が大きい=画質がいいという図式は成り立ちません。

 

画素数がスマホのカメラの画質の一因にはなりえますが。

 

口コミでは「少し荒い」という口コミが目立つのカメラには期待しないほうがいいです。

 

背面カバーが非常に開けづらい

口コミを見ていて「背面カバーの開けづらさ」に関する意見が多々ありました。
無理やり開けると壊れてしまいそうなほどクセのある背面カバーになっていますので、カバーを外すときは注意を。

 

 

以上がZenfone GOのスペックになります。

 

Zenfone GOの口コミ、評判は??

Zenfone GOの口コミ、評判について調べました

 

肯定的な意見

  • コストパフォーマンスが高い
  • 操作性の質が良い
  • レスポンスが良い
  • バッテリーの持ちが良い
  • 基本性能が高い

 

否定的な意見

  • カメラの質が低い
  • 高級感が感じない
  • 裏ぶたが外しにくい

 

 

参照:価格.com

 

口コミ総評

全体的な口コミとしては「コスパが良い」という意見が大半でした。

 

2万円で購入できるスマホ端末としては、レスポンスがしっかりしており、操作性の高く、電池持ちも良いためミドルユーザーにお勧めできます。

 

本来、当サイトではミドルユーザーにオススメできるスマホ端末の標準価格は2万円後半~3万円台ですが、Zenfone GOに限っては税抜きで2万円を切ります。

 

どういう人におすすめか??

Zenfone GOは2万円を切る価格帯で購入することができ、実際にスペックも値段相応といったところです。
まとめると5.5インチという大き目の画面で超格安の19800円。
カメラとGPSの性能に難はあるが、その他の機能はメイン端末として使えるレベル。

 

決してハイスペックではありませんが、それと同時に低スペックでもありません。

 

それなりの値段でそれなりの品質を維持しているといった感じです。

 

Zenfoneシリーズの中でも「一番安くてコスパがいい端末が欲しい!」という方、またサブ端末として使いたい方、ライトユーザーの方に強くお勧めできるスマホ端末となっています。

 

逆にスマホで頻繁にゲームをする方がメイン端末として使うには、ちょっときついかなというスペック内容になっています。

 

まとめると

 

  • ライト~ミドルユーザーの方におすすめ
  • サブ端末として利用してもおっけー
  • 一番低価格でZenfoneシリーズを使いたいという方におすすめ

 

 

おすすめMVNO

おすすめのMVNOについて書いていきます。

 

 

Nifmo

 

Zeonfone GOと格安SIMセットを契約する場合、おすすめなのはNifmoです。

 

Nifmo経由でのお申し込みは5100円のキャッシュバックを貰うことができます。
参考記事:Nifmoはキャッシュバックを行っているって本当??Nifmoの格安SIMを徹底調査してみた!

 

Nifom経由でZenfone GOを契約すれば端末価格が19800円で5100円のキャッシュバックを貰うことができるので、実質税込みで1万6284円で購入することが出来ます。

 

定価よりも安く購入できるわけです。

 

DMモバイル

DMMモバイルのキャンペーンは特にありません。
税込みで2万1384円で購入できます。

 

DMM モバイルのアプリが役に立つ!?DMMの評判、キャンペーンを解説!

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安スマホを『お徳に』使いたいなら比較しなきゃね!

au、docomo、Softbankといった大手キャリアのスマホは月7000円~8000円かかるのに対して格安スマホは月2000円以下から利用できます。

通話、通信をそれなりに使ってもせいぜい2500円!月額料金を1/3以下まで落とすことができます。

スマホ端末とセットで申し込めば、不安も一切なし!
説明書に従ってたった5分で設定できます。

回線もdocomoの回線なのでサクサクネットが使え、信頼性も高い!

当サイトでは「お徳」に「初めての人でも問題なく」格安スマホを利用できるように丁寧に説明しました。

TOP格安スマホを徹底比較!大手キャリア1/3以下の月額料金で契約しよう