Zenfone Maxの口コミ、評判は??

格安スマホと格安SIMを徹底比較!!おすすめを矢澤シムが解説します

Zenfone Maxの口コミ、評判は??

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

AsusのZenfoneシリーズであるZenfone max。
Zenfone Goと同時期に発売された最新端末です。

 

特徴は何といっても5000mAhある超大容量バッテリー。
本来なら2~3万円台のスマホの電池容量は2000mAh~3000mAh程度が一般的ですがZenfone maxに関しては、

 

その約2倍の5000mAhの電池容量を使うことができます。

 

今回はZenfone maxの詳細や評判について触れていこうと思います。

 

Zenfone maxのスペックは??

端末名 Zenfone max
ディスプレイ 5.5インチ
質量 202g
CPU クアッドコア1.2GHz
RAM/ROM 2GB/16GB
カメラ 全面500万画素背面1300万画素
電池容量 5000mAh
サイズ 156×77.5×10.55mm
価格 2万7800円

 

上記がZenfone maxのスペックとなっています。

 

Zenfone maxの特徴は??

Zenfone maxの特徴について調べました。

 

5000mAhのバッテリー容量

 

Zenfone m,axは5000mAhという超巨大バッテリーを搭載しています。
それでいて価格は2万円台。

 

普通、2万円台のスマホの電池容量はせいぜい2500mAh程度です。
つまり普通のスマホの倍はバッテリーが使えるわけですね。

 

スマホって意外とバッテリーの減りが気になって無駄に充電器を持ち歩いてしまうのでありがたいところです。

 

リバースバッテリー機能

 

リバースバッテリー機能はZenfone max経由で他のスマホ端末を充電することができる機能となっています。

 

つまりZenfone maxは優秀な充電器兼サブ端末としても使うことができるわけですね。

 

 

1300万画素のハイスペック

Zenfone maxはインカメが500万画素、アウトカメラが1300万画素となっています。
一般的には画素数が高ければ高いほどハイスペックなカメラとみなされています。

 

一般的に2~3万円のスマホのカメラは500万~1200万画素のカメラが多く、その中でZenfone maxは背面カメラを1300万画素で利用できるのでカメラの画質は高いですね。

 

ちなみに比較基準としてiPhone6Sを出しますが、iPhone6Sはインカメが500万画素、アウトカメラが1200万画素となっています。

 

およそ10万円ほどの価格帯である高級端末であるiPhone6Sのカメラよりも質が高いのです。

 

デメリット

メリットもありますが、それと同時にデメリットもあります。
なお、今回のZenfone maxのデメリットはZixCOLLEGEの記事を参考にさせていただきました。

 

充電に時間がかかる

一般的にスマホは2~3時間もあれば充電MAXになります。
それに対してZenfone maxは充電が終わるのに4.8時間ほどかかります。

 

つまり容量に比例して充電時間も長くなるわけです。
電池がMAXになるまでそれなりに時間がかかるので中途半端な充電量でもやもやすることが多そうですね。

 

高級感はない

 

残念ながらZenfone maxは高級感のある端末ではありません。
かといってパッと見、安っぽい端末というわけでもないですが。

 

 

このようにバックパネルが樹脂でできていてどうしても一部の部品に安っぽさを感じられるというのがZenfone maxの残念な点です。

 

参照:Bizcollege

 

Zenfone 2と比較してどうなのか??

 

Zenfoneといえば、一番ハイスペックでコスパの良い人気端末はZenfone2ですが、Zenfone maxとZenfone2と比較したらどうなのでしょうか??
実際に比較してみました。

 

モデル Zenfone2 Zenfone max
ディスプレイ 5.5インチ 5.5インチ
CPU 4コア 1.8Ghz 4コア 1.2GHz
RAM/ROM 2GB/32GB,64GB,128GB 2GB/16GB
バッテリー 3000mAh 5000AmAh
カメラ

インカメラ:500万画素

アウトカメラ:1300万画素

インカメラ:500万画素

アウトカメラ:1300万画素

サイズ 約170g 202g
重さ W77.2×H152.2×D10.9mm 77.5×156×10.55mm
価格 3万9850円 2万7800円

 

Zenfone2と比較すると価格は安く、バッテリーも多いがCPUがやや劣ります。
口コミ、評判見ても使い勝手だったり、スペックがZenfone2より一回り落ちるイメージです。

 

それでも電池持ちが良く、スペックはそこそこ、バッテリーもちがいいスマホに限定するならZenfone maxもアリなのではと思います。

 

Zenfone maxの口コミ、評判

今回は価格.comでZenfone Max の口コミ、評判を集めてみました。

 

肯定的な口コミ

  • バッテリーの持ちが良い
  • レスポンスは悪くない
  • 画質が良い

 

否定的な口コミ

  • バッテリーが重いため端末も重い
  • 端末が大きい
  • タッチパネルの質が悪い

 

口コミ総評

zenfone maxを使っている人の口コミをまとめると「充電持ちは素晴らしく凄いが、稀にレスポンスに問題がある」といったところです。
どの口コミを見ても、レスポンスが著しく悪いということはないですが、やはり極まれにレスポンスが悪い時があるという声が多かったです。

 

  • 動画を見る
  • ネットサーフィンをする
  • LINEをする
  • 通話をする
  • Googleマップを見る

 

 

 

といったことをするのに支障は特にありませんが、スマホゲームを頻繁にする方にとってはやや不便な部分があるといった口コミが多かったです。

 

 

ただ、全体的に快適に使えるという声が多く、満足度も5ポイント中、総合4.43ポイントという高得点の評価を得ている良端末なのは間違いないです。

 

どこで契約するのがおすすめなのか??

 

現在、スマホ端末とSIMカードをセットで販売しているのはBIGLOBEのみです。

 

月650円で60分まで無料で通話できるオプションがあり、プランの幅は少ないですが、堅実な価格とプランを使える格安SIMとなっています。

 

また、現在はキャンペーン期間中でライトプラン(6GB/月)もしくは12ギガプランが最大3カ月間月額料金が無料で使える仕組みになっています。

 

BIGLOBEの評判は??徹底解説してみた

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安スマホを『お徳に』使いたいなら比較しなきゃね!

au、docomo、Softbankといった大手キャリアのスマホは月7000円~8000円かかるのに対して格安スマホは月2000円以下から利用できます。

通話、通信をそれなりに使ってもせいぜい2500円!月額料金を1/3以下まで落とすことができます。

スマホ端末とセットで申し込めば、不安も一切なし!
説明書に従ってたった5分で設定できます。

回線もdocomoの回線なのでサクサクネットが使え、信頼性も高い!

当サイトでは「お徳」に「初めての人でも問題なく」格安スマホを利用できるように丁寧に説明しました。

TOP格安スマホを徹底比較!大手キャリア1/3以下の月額料金で契約しよう