iPhone7を格安SIMで利用する方法を徹底解説!

iPhone7を格安SIMで利用する方法を徹底解説!

iPhone7を格安SIMで利用する方法を徹底解説!

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

iPhone7がついに発売されました。

 

新型iPhoneの発売は毎年恒例で、毎回買い換えている方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、iPhone7を格安SIMで利用する方法について解説していきたいと思います。

 

iPhoneといえばキャリアでの購入が一般的なので、格安SIMで利用するメリットはあるの?と思ってしまうかもしれません。

 

しかし、格安SIMにSIMフリーiPhoneを組み合わせて使うメリットはしっかりと存在します。

 

興味のある方は、ぜひご覧ください。

 

iPhone7の簡単なスペック

まずは、簡単にスペックについてまとめていきたいと思います。

 

バッテリーの容量は若干6sよりも増えていますし、カメラもより明るいレンズが採用されました。

 

そして本体価格も、iPhone6sに比べて少し安くなっていますね。

 

本体サイズや画面サイズもとくにiPhone6sと変わりありませんが、カメラの大きさが違う関係で、iPhone6〜6s時代のケースはそのまま流用できない可能性が高いので、注意しましょう。

 

iPhone7のスペック

 

RAM 2GB
バッテリー容量 1960mAh
サイズ 138.3mm×67.1mm×7.1mm
重量 138g
画面サイズ 4.7インチ
CPU A10プロセッサー
カメラ F1.8、光学式手ぶれ補正など

 

iPhoneのメモリと価格

 

容量 定価
32GB 72800円
128GB 83800円
256GB 94800円

 

さて、iPhone7の性能は以上ですが、機能についても解説しておきましょう。

 

iPhone7は耐水性能が大幅にアップしましたし、SuicaやiD、QuicPayにも対応しました。

 

また、イヤホン端子がなくなりました。

 

Lightning端子をイヤホン端子に変換するケーブルが付属しますので、今まで使っていたイヤホンはこのケーブルを使ってそのまま利用できるので、ご安心ください。

 

 

iPhone7&7Plusに乗り換えて格安SIMを利用する方法

iPhone7もしくは7Plusに乗り換える順番をザッと説明します。

 

 

  • 各キャリア(au、docomo、Softbank)の解約料金を把握する
  • 各キャリアで、MNP予約番号の発行を行う(docomoならマイページ、au・SoftBankなら電話がおすすめ)
  • 格安SIMの公式サイトから、格安SIMの新規契約を行う
  • 自宅にSIMカードが届くまで待つ(この際、不通期間が発生する場合もあるので注意)
  • 自宅にSIMカードが届いたら、SIMカードを入れてiPhoneを起動する(SIMカードを入れなければ、iPhoneの初期設定はできないので注意)
  • Wi-Fiに接続し、格安SIMの公式サイトからプロファイル設定をインストール
  • 利用開始
  •  

    以上が6つのステップです。

     

    一つ一つ解説していこうと思います。

     

    各キャリア(au、docomo、Softbank)の解約料金を把握する

    格安SIMの乗り換える際に、現在契約しているキャリアを解約する必要があります。

     

    そこで、解約する前に解約金を把握しましょう。

     

    解約金を計算しよう

    解約にかかる金額は

     

    「2年契約の解約金+MNP費用+スマホ端末の未払金」が解約金となってきます。

     

    実際に計算してみた
    キャリア MNP費用
    au 15500円+残りの端末料金
    docomo 14500円~+残りの端末料金
    Softbank 15500円+残りの端末料金

     

     

    各キャリアで、MNP予約番号の発行を行う(docomoならマイページ、au・SoftBankなら電話がおすすめ)

     

    まずMNPという単語の解説から始まりますが、MNPとはMobile Number Portabilityの略で、「電話番号をそのままで携帯を乗り換える」ことをMNPと呼びます。

     

     

    ちなみにMNPをしなかった場合、格安SIMに乗り換えたとしても電話番号が変わってしまうので、連絡先が変わったことを知り合いや友人、家族に伝えなければならなかったり、いろんな書類に登録した電話番号を変える必要が出てきます。

     

    非常に面倒なので、可能であるならMNPはしたほうがいいです。

     

    MNPの方法は??

     

    docomoにせよ、auにせよ、Softbankにせよ、ショップでも電話でもMNPをすることができます。

     

     

    ショップ、電話で店員さんに話すときは「MNPをしたいです」といえば、その後の手続きは店員さん(もしくはコールセンターのスタッフさん)が全てやってくれます。

     

    MNPの転出が終われば「MNP予約番号」を入手することができます。

     

    関連記事:docomoから格安SIMに乗り換える方法は?MNPの仕方を徹底解説!

     

    関連記事:auから格安SIMに乗り換える方法は??MNPの仕方を徹底解説!

     

    関連記事:ソフトバンクから格安SIMに乗り換える方法は??MNPの仕方を徹底解説!

     

     

    格安SIMの公式サイトから、格安SIMの新規契約を行う

    格安SIMの公式サイトから格安SIMを契約しましょう。

     

    一般的に格安SIMの回線とスマホには相性があり、海外のスマホだと時々、auやSoftbankの回線が利用できないということがあります。

     

    その点、iPhone7&7PlusはSoftbank、docomo、au全ての回線に対応しているので特に問題なく利用できます。

     

    ですから当サイトでおすすめしている格安SIMは基本的にどれも問題なく利用することができます。

     

    当サイトでは格安スマホ、格安SIMの解説を「格安スマホと格安SIMの比較をはじめからていねいに!」で徹底的に比較しましたので

     

    こちらを参考に契約することをお勧めします。

     

    また、iPhone7は新作なので白ロム(各キャリアの中古品)はまだ登場していないはずです。

     

    なので、必然的にSIMフリー端末を購入することになります。

     

    SIMフリ-のiPhone7はどこで購入すればいいのか??

    iPhone7&7Plusはまだ発売したばかりなので、AppleでSIMフリー端末のものを購入することができます。

     

    下手に現在、amazonやヤフオクで出回っているものを購入しないほうがいいです。

     

    ヤフオクなどで出回っているものは白ロム(auかdocomoかSoftbankの中古品)の端末である可能性があって、一部の格安SIMが利用できない可能性があります。

     

    ですから無難にappleの公式ページから購入するべきです。

     

    >>>Appleの公式ページ<<<

     

    基本的にappleで購入したSIMフリー端末であれば、どのSIMも問題なく利用可能です。

     

    また、格安SIMを新規で契約する際に「MNP転入」をすることで電話番号そのままで契約することができます。

     

    例えば以下は楽天モバイルの場合のパターンですが

     

     

    大手キャリアで受け取ったMNP予約番号を記入する欄があります。

     

    この欄にMNP予約番号を記入して、新規の格安SIMに契約することによって、キャリア(au、docomo、Softbank)の方が解約になり新しいSIMに契約することになります。

     

    また、SIMを契約する際にSIMのサイズを選ぶことができますが、iPhone7&iPhone7 plusに対応しているサイズは「nanoSIM」となっております。

     

    以上が格安SIMに契約するまでの手順となっています。

     

    自宅にSIMカードが届くまで待つ(この際、不通期間が発生する場合もあるので注意)

     

    格安SIMに契約したら自宅に届くまでの2~3日間、申し込んだ格安SIM業者(MVNOと呼びます)によっては、「電話が全く利用できない不通期間」があります。

     

     

    この期間は、前に使っていた携帯電話が解約状態にあり、かつ新規契約したSIMの方に契約した状態になっているものの手元にないため電話を利用することができません。

     

    ただSIM業者によっては、不通期間なしで乗り換えすることができます。

     

    以下のMVNOは不通期間なしで乗り換えすることが可能となっています。

     

    不通期間なしで契約できるMVNO SIMを受け取り後、開通受付センターへ電話
    U-mobile SIMカード到着後にネットで開通依頼
    mineo mineoのマイページでMNP転入切り替えをする
    楽天モバイル SIMを受け取り後、開通受付センターへ電話

     

    上記のMVNO以外は、SIMを申し込んでから受け取るまで2~3日電話やメールが利用できなくなるので気を付けてください。

     

    自宅にSIMカードが届いたら、SIMカードを入れてiPhoneを起動する

    自宅にSIMカードが届いたら、SIMカードをiPhoneに入れて起動しましょう。

     

     

    参考:PLUS1WORLD

     

    上記のようにSIMカード挿入口があるので、SIMカード挿入口に格安SIMを挿入します。

     

     

    Wi-Fiに接続し、格安SIMの公式サイトからプロファイル設定をインストール

    プロファイルのインストールの仕方はiij mioの公式ページに詳しく記載されています。

     

    簡単に説明すると、

     

    STEP.1 設定ボタンを押す

     

     

    STEP.2 モバイルデータ通信を押す

     

     

    STEP.3 「モバイルデータ通信」と[3G」をオンにする

     

     

    STEP.4 格安SIMのAPNデータを入れていく(下記はiij mioの場合)

     

     

    STEP.5 APN構成プロファイルをダウンロードする

     

     

    STEP.6 スマホにインストールする

     

     

    以上でAPN設定が完了します。

     

    参考:iOS APN構成プロファイル | IIJmio

     

    上記はiij mioという格安SIMの場合ですが、基本的にどの格安SIMも手順は全く同じになっています。

     

    これで格安SIMに契約してiPhone7を利用するまでの過程は以上になります。

     

    iPhone7購入を機会に格安SIMに乗り換えるべき理由

    iPhone7は、キャリアで購入すると割引を受けられます。

     

    そのため、キャリアで購入した方が一見iPhoneはお得に見えますが、長期的視点で見ると、格安SIMの方が間違いなくお得になります。

     

    今回は、楽天モバイルを例に挙げて格安SIMとキャリアの合計金額を比べてみたいと思います。

     

    ちなみに本体価格は32GBのiPhone7における金額、月額料金はいずれも5GBプラン+5分間かけ放題、そして合計金額は2年間使った場合のものとなっています。

     

     

    キャリア docomo au Softbank 楽天モバイル
    月額料金 7560円 7560円 7560円 3000円
    2年間での合計金額(新規・MNP) 208008円 192240円 192240円 150624円
    2年間での合計金額(機種変更) 201960円 201960円

     

     

    三大キャリアだといずれも、2年間使った場合の合計金額が20万円を超えてしまいます。

     

    しかし格安SIMなら、15万円程度と5万円以上も安いです。

     

    関連記事:格安SIMとは!?初心者でも簡単に理解できるたった5つの特徴

     

    MVNOもあらゆるサービスを行っている

    三大キャリアではカケホーダイが強制ですが、楽天モバイルの場合は必ずしも付ける必要はありません。

     

    かけ放題なしでの合計金額も見てみましょう。

     

    MVNO 楽天モバイル
    月額料金 2150円
    端末料金 78624円
    2年間の合計料金 130224円

     

     

    かけ放題オプションを付けている場合と2万円以上の差がありますよね。

     

    キャリアと比べれば、7万円もの開きがあります。

     

    これなら、格安SIMは十分お得であると考えられるのではないでしょうか。

     

    今回は楽天モバイルを例に挙げて説明していますが、他の格安SIMでは、5分以上やそれ以下のかけ放題プランがあったり、段階的に通信料が使った分だけ上がる設定のプランがあったりします。

     

    そして、格安SIMの多くは2年縛りではありません。

     

    キャリアは必ず2年間契約することが前提となっていますが、格安SIMならば半年から1年縛りが一般的です。

     

    もしも音声通話が必要ないのであれば、データSIMやSMS対応SIMを契約すれば月額料金はさらに安くなりますし、縛りも一切なくなります。

     

    参考::docomo
    参考:Softbank
    参考:au

     

    注意点

    キャリアでiPhoneを購入してから格安SIMに乗り換えると、2年縛りが終わるまで待つならば先程述べたとおり20万円以上も支払いを行わなければいけません。

     

    2年以内に解約する場合でも、iPhone7の端末料金は全て支払う必要がありますし、解約するまでの月額料金も高価です。

     

    また、docomo以外のキャリアならばSIMロックを解除しなければ格安SIMで使えません。

     

    購入から半年経たなければSIMロックの解除はできませんので、本体価格+解約金およそ9500円+その間の月額料金がかかってしまいます。

     

    もしも最初から本体をAppleStoreで、SIMフリーモデルで購入していれば、32GBモデルならば78624円支払えばOKですので、余計な出費が必要ありません。

     

    そのため、現在キャリアで契約している場合はSIMフリーモデルのiPhone7を購入してからすぐに格安SIMに乗り換えてしまうことをおすすめします。

     

     

    まとめ

    iPhone7は、キャリアで購入するよりもSIMフリーモデル+格安SIMで利用した方が、総額がお得になります。

     

    格安SIM+SIMフリーiPhone7の組み合わせならば、来年新しいiPhoneが発売されて、それを購入する場合もすぐに今の端末を売却するなどして、機種変更することもできます。

     

    iPhoneユーザーの方は、ぜひこの機会に格安SIMに乗り換えてみることをおすすめします。

     

     

     

     

     

      このエントリーをはてなブックマークに追加 

    格安スマホを『お徳に』使いたいなら比較しなきゃね!


    au、docomo、Softbankといった大手キャリアのスマホは月7000円~8000円かかるのに対して格安スマホは月2000円以下から利用できます。

    通話、通信をそれなりに使ってもせいぜい2500円!月額料金を1/3以下まで落とすことができます。

    スマホ端末とセットで申し込めば、不安も一切なし!
    説明書に従ってたった5分で設定できます。

    回線もdocomoの回線なのでサクサクネットが使え、信頼性も高い!

    当サイトでは「お徳」に「初めての人でも問題なく」格安スマホを利用できるように丁寧に説明しました。


    TOP格安スマホを徹底比較!大手キャリア1/3以下の月額料金で契約しよう