Ascend G620Sの口コミや評判!楽天モバイルがオススメ??

Ascend G620Sの口コミや評判!楽天モバイルがオススメ??

Ascend G620Sの口コミや評判!楽天モバイルがオススメ??

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

Ascend G620Sは格安スマホ業界でトップクラスに安い9980円で購入できるスマホとなっています。
元々、定価が21800円で販売されていましたが、楽天モバイルがアウトレット形式で販売しており、9980円という1万円を切る価格で販売されています。

 

格安スマホは「安かろう、悪かろう」なイメージがありますが、Ascend G620Sは安いからといって、極端に性能が低いわけではありません。(ただし、間違っても性能が高くはないです)
当然、安いがゆえに他の有名どころのZenfoneP8litearrows M02などといった端末と比較したらスペックに劣ります。

 

ですが、ライトユーザーの方やサブ端末の利用、子供に持たせる端末としては充分すぎるほど充分です。そこで、一体どんな特徴を持つ端末なのか具体的に紹介していきたいと思います。

 

AScend G620Sのスペック

 

外形寸法(H×W×D)

142.9 ×72.1 ×8.5mm

質量

160g

本体カラー

ブラック/ホワイト

バッテリー容量

2000 mAh 

ストレージ機能

RAM:1GB / ROM:8GB

通信

LTE:B1/3/5/7/19

WCDMA:B1/5/8/19MHz

GSM:850/900/1800/1900/

Bluetooth通信:v4.0

Wi-fi IEEE802.11b/g/n

デザリング機能/最大接続台数:8台

CPU

Qualcomm MSM8916 クアッドコア1.2GHz

ディスプレイ

5インチ

連続待受時間

300時間(LTE) / 360時間(W-CDMA) / 320時間(GSM)

連続通話時間

12.5時間(W-CDMA) / 12.5時間(GSM)

 

メモリ容量(ストレージ機能)が1万円切っているだけあり、あまりに大量のアプリを開くと落ちてしまうことがあります。

 

しかし、CPUはクアッドコア(CPU内の計算を行う心臓部が4つある)なので価格のわりに処理能力が早いのはありがたいところです。

 

クアッドコアとは??格安スマホのスペック比較の味方を徹底解説!

 

電池容量は2000mAhと「ちょっと少ないかな」という印象を受けてしまいましたが、実際に利用している人の声では「スペック上だとバッテリー容量が少ないのに、実際に使ってみたら電池持ちがすごく良い!」という声もかなりの数を聞きます。

 

全体的に見て値段以上のスペックはあるのではないかと感じています。

 

 

Ascend G620Sの特徴

 

1万円を切る格安スマホ

Ascend G620Sは元々、21800円で販売してましたが現在は楽天モバイルで9980円と1万円以下の価格で購入することができます。
また、価格.comでも購入することができますが、価格.comだと13800円かかります。

 

1万円を切るスマホは何らかの問題を抱えていそうなイメージがあありますが、Ascend G620Sの場合、特にこれといった物凄い欠点となるような問題はありません。
他の端末と比較したらスペックが低いだけで、1万円以下なのに普通に使えてしまうのがこのAscend G620Sの凄さなのです。

 

 

壊れても惜しくない

1万円を切るスマホなので、正直に言って壊れてもあまり惜しいとは思わないというのは一つのメリットだと思います。だからと言って、雑に扱っていいわけではないですが、「壊れても大丈夫」と思って利用できるのは安心感があります。

 

1万以下だから非常に壊れやすいということもないです。最低限のスペックと耐久度は維持しています。

 

安いだけあってメモリ容量は低スペック

メモリ容量は(*)RAM/ROM=1GB/8GBとメモリ容量のスペックそのものは大したことがありません。

 

(*)RAMは読み書き自由なメモリでROMは読み取り専用のROM。RAMの数値が大きいとは複数のアプリを同時に開いてもスムーズにデータ処理をしてくれ、快適にネットができる。ROMは保存できるアプリやデータの容量を表す数値。ROMが大きければ大きいほどいろんなアプリを保存できる。3万前後の格安スマホだとRAM/ROM=2GB/16GBが一般的。

 

一般的なメモリ容量と比較したらAscend G620Sは残念ながら低スペックと言わざるを得ません。しかし、それでもサブ端末、ライトユーザーが利用する程度ならこのスペックでも十分だと考えています。

 

バッテリーが良く持つ

Ascend G620Sはバッテリーの持ちが非常に良いです。
数値上では電池容量が2000mAhとさほどバッテリーが多いように感じませんが、「電池の持ちが良い!!」という話を非常によく聞きます。
何もしなければ1時間で1%の消費、そこそこ利用しても丸2日は持つようで1万切るスマホにしてはバッテリー部分が非常によくできています。

 

 

Ascend G620Sの口コミ、評判

 

総合満足度で4.38/5.00ポイントという、超高評価を受けているのがこのAscend G620S。
具体的な口コミ内容を見ていきましょう。

 

良い口コミ

  • ボタン操作が使いやすい
  • レスポンスは申し分ない
  • 音質良好
  • Xperiaシリーズより良い
  • 安いのに高級感あり
  • 1万を切るのでお得感がある
  • バッテリーの持ちが非常に良い
  • 画面はクリアで綺麗

 

 

悪い口コミ

  • メモリが1GBしかないのでメモリ不足になりやすい
  • メニューは使い物にはならないので自分でホームアプリを入れるべき

 

 

クチコミ総評

 

全体的な口コミ総評としては「バッテリーの持ちが良い」「1万を切る端末とは思えないくらいのクオリティ」「安いのに安っぽさはない」などといった好感的な意見が非常に多かったです。

 

特に一番多かったのは「コストパフォーマンス」と「バッテリーの持ち具合」の面です。

 

安いのに普通に利用できるのでコストパフォーマンスが良く、スペック以上にバッテリーの持ちが良いという意見が圧倒的に占めており惜しみない称賛コメントが多かったです。サブ機で利用するはずだったのに、メインよりも使いやすいという意見もありました。

 

ネガティブな口コミとしてはメニューの見づらさと大量にアプリを開いたときにメモリ不足で落ちることがまれにあることです。しかし、これらはマメに開いているアプリを消す、ホームアプリを自分で入れるなどで対処できることでもあります。

 

Ascend G620Sはどこで買うのが一番安いのか??

 

DMM

12800円

楽天モバイル

9,980円

価格.com

13800円

amazon(新品)

13930円

amazon(中古)

14500円

 

 

 

表の通り、Ascend G620Sは楽天モバイルで購入するのが一番安いです。
中古で購入しようとしても転売屋が値上げをして販売しているので1万以下で購入することはまずできません。
価格.comも安くはないですし、DMMも楽天と比較したら高くなっています。
今のところは楽天モバイルでの購入をオススメします。

 

楽天モバイル


楽天モバイルは無制限プラン、3.1GB/月、5GB/月プラン、10GB/月プランから選ぶことができます。家や職場、学校ではWi-Fiを利用し、外ではそこまで動画などを見ない方は
月3.1GB/月プランでちょうどいいと思います。

 

楽天モバイルの口コミは??キャンペーンが豊富!徹底レビューをしてみた。

 

 

DMMモバイル

DMMモバイルはSIMカードの月額料金が業界最安値となっています。プランも豊富で自分の使いたいプランを自由に選ぶことができるので楽天モバイルの次にお勧めします。

 

 

 

 

DMM mobileのアプリが役に立つ!?DMMの詳細と評判を徹底解説しました!

 

 

価格.com

 

安心して購入できるECサイトとして価格.comがありますが、結果的に見せ方がうまいだけで実質的な価格は結構高いです。

 

Ascend G620Sを購入するのなら、現状、楽天モバイルDMMモバイルをお勧めします。

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安スマホを『お徳に』使いたいなら比較しなきゃね!


au、docomo、Softbankといった大手キャリアのスマホは月7000円~8000円かかるのに対して格安スマホは月2000円以下から利用できます。

通話、通信をそれなりに使ってもせいぜい2500円!月額料金を1/3以下まで落とすことができます。

スマホ端末とセットで申し込めば、不安も一切なし!
説明書に従ってたった5分で設定できます。

回線もdocomoの回線なのでサクサクネットが使え、信頼性も高い!

当サイトでは「お徳」に「初めての人でも問題なく」格安スマホを利用できるように丁寧に説明しました。


TOP格安スマホを徹底比較!大手キャリア1/3以下の月額料金で契約しよう