ZenFone2 Laserの口コミや評判、スペックなどを徹底検証!

格安スマホと格安SIMを徹底比較!!おすすめを矢澤シムが解説します

ZenFone2 Laserの口コミや評判、スペックなどを徹底検証!

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

ZenFone 2 Laserですが非常に堅実な格安スマホとなっており「安く、それなりに品質が良い」というのが売りです。

 

Zenfoneシリーズ自体、格安スマホ業界では知名度が高くブランドもあり格安スマホを選ぶ際は「Zenfoneにするか、その他にするか」という雰囲気ができつつあります。

 

評判もかなり高く「確実に外れではないスマホ」を選びたい場合Zenfone2 Laserはお勧めです。

 

 

ZenFone 2 Laserのスペック

 

 

外形寸法(H×W×D)

143.7 ×71.5 ×3.5 mm ~ 10.5 mm

質量

145 g

本体カラー

ブラック/ホワイト/レッド

バッテリー容量

2400 mAh 

プラットフォーム

Android 5.0 (Lollipop))

ストレージ機能

16GB eMCP

通信

2G :

EDGE/GSM : 
850MHz/900MHz/1800MHz/1900MHz 
3G :W-CDMA 800(6)/800(19)/850MHz(5)/900MHz(8)/1900MHz(2) /2100MHz(1)MHz
4G :
FDD-LTE: (JP version)
2100MHz(1)/1800MHz(3)/850MHz(5)/800MHz(6)/900MHz(8)/1700MHz(9)/800MHz(18)/800MHz(19)/700MHz(28)

表示機能

加速度センサ/電子コンパス/近接センサ/光センサ/磁気センサ

搭載センサー

対応しています(IEEE802.11b/g/n)/対応しています

 

ZenFone 2 Laserが販売された経緯は??

2015年8月に発売されたZenfone2 Laserは2014年秋に発売されて非常に高い人気を誇った『Zenfone 5』の後継機とされています。

 

実はZenfone5よりも性能性が高い「Zenfone2」が2015年5月に登場しました。

 

「性能モンスター」というキャッチコピーが示す通り、ハイスペック機能を持つ端末に進化したものの、価格がZenfone5よりも1万円以上値上げされたためZenfone5ほどの人気が出ませんでした。

 

そこで、新たに価格を下げたZenfone2 Laserが発売されたという経緯があります。

 

Zenfone2 Laserのスペック、価格はZenfone2よりもZenfone5のほうに非常に近くなっています。

 

 

 

ZenFone 2 Laserの特徴は??

 

 

「片手操作モード」搭載

 

 

動画のように片手で一通りの操作ができるようになっています。

 

iPhoneの最新端末などを使ったことがある方にとっては普通に感じるかもしれませんが、格安スマホとしては非常に性能の高さを感じます。

 

スリープモードを簡単に解除できる

Zenfone2 Laser特有の機能として「Zenmotion」という機能があります。

 

Zenmotionを利用すると、スリープ状態の画をダブルタップすればスリープ状態が解除され、そのままホーム画面をダブルタッチしてスリープ状態に戻すこともできます。(先ほどの動画にZenmotionの一部始終が映っている)

 

 

自動起動マネージャー搭載

 

 

引用画像:日経トレンディネット

 

Zenfoneを開発しているASUSが作ったオリジナルアプリですが、Zenfoneには「自動起動マネージャー」が搭載されています。

 

スマホから多くのアプリを開くと、パフォーマンスが低下し、電池が消耗しやすくなってしまいます。

 

そこで、自動起動マネージャーを利用すると、開いたアプリごとに自動起動させたままにしておくか、停止するかを事前に設定することができます。

 

これまでのZenfoneとの違いは??スペック比較をしてみた

 

 

 

 

 

過去のZenfoneシリーズとZenfone2 laserは何が違うのか??

 

Zenfone2 LaserはZenfone2よりも価格が安くなっています。

 

しかし、それと同時に処理能力もZenfone2 Laserがやや劣ります。

 

Zenfone2 laserはどちらかというとZenfone5に近いスペックとなっていますね。

 

例えば、画面サイズを比較するとZenfone2は1920×1080ドットなのに対してZenfone5とZenfone2 Laserは1280×720ドットとなっています。

 

Zenfone2がフルHD画質に対応しているのに対してZenfone2 LaserはHD画質までしか対応してません。

 

またCPUに関してもZenfone2は2.3GHz(4コア)もしくは1.8GHz(4コア)に対してZenfone2 LaserとZenfone5は1.2GHz(4コア)となっています。

 

〇〇GHzというのは処理能力の速さを表す数値でして、数値が大きいほうが処理能力が速いということです。

 

つまり、処理能力という観点においてもZenfone2 LaserはZenfone5により近い能力となっていることがわかります。

 

これらのスペック状況や価格帯を考えると『スペックを多少落としても、価格を下げたい』という意図が垣間見れます。

 

現状のスペック、価格は以下のような序列になります。

 

価格面:Zenfone5 > Zenfone2 Laser > Zenfone2

 

スペック面:Zenfone2 > Zenfone2 Laser > Zenfone5

 

Zenfone2 Laserの口コミ、評判

 

Zenfone2 Laserでの価格.comの満足度は4.17という結果になりました。
具体的に口コミの内容を洗い出してみました。

 

良い口コミ

  • 安っぽさは感じない
  • 派手さはないが堅実
  • 完成度が高い
  • コストパフォーマンスに優れている
  • 電池の持ちが良い
  • レスポンスが良く、サクサク使える
  • 価格が安い
  • Zenfoneシリーズなので信頼性と安心感がある

 

悪い口コミ

  • カメラの画質が期待外れ
  • 高級感はない

 

クチコミ総評

 

 

全体的に口コミではべた褒めされており総合満足度が4.17という結果になってます。

 

全体的に「良端末、堅実、無難、値段以上」という意見が多く否定的な意見がほとんどなかったのがこのZenfone2 Laserです。

 

意見を総括すると「高級感はないにしても安っぽさを感じず、それでいてしっかりしている。消去法で選んだら間違いなくこの端末」ですね。

 

iPhoneと比較しても大きく劣ることはなく、大手キャリアのスマホを使うのと比較して1/3の値段で利用できる」という高評価を頂いています。

 

逆にマイナスな意見としては「写真の画質が良くない」という意見が多く、Zenfone2 Laserはその名前の通り、写真を撮るときのレーザーが推しにもかかわらず
画質がイマイチで残念だったという意見が多かったです。

 

ちなみに満足度ではZenfone5が4.23、Zenfone2が4.02となっており世間一般の評価では以下のような序列になりました。

 

総合満足度:Zenfone5 > Zenfone2 Laser > Zenfone2

 

 

Zenfone2 Laserはどこで買うのが一番安いのか??

 

DMM

27800円(16GB)

BIGLOBE

27600円(16GB)

nifmo

31128円(16GB)

u-mobile

27,800円(16GB)

IIj mio

27,800円(16GB)

楽天モバイル

22,800円(8GBモデル)

 27,800円(16GBモデル)

 

Zenfone2 Laserは楽天モバイルだと、通常容量16GBで価格が27800円である端末を、8GBモデルを22800円で購入することができます。

 

もし、サブ端末として使う場合や、そもそもライトユーザーでほとんどスマホを使わないがいざという時のためにあればいいという程度であれば、楽天モバイルの8GBが優れていると感じます。お子さんに持たせる場合でも、8GBくらいがいいのではないかなと思います。

 

Zenfone2 LaserをどのMVNOサービス会社で購入するべき??

 

№.1 楽天モバイル

端末価格が最安値であり、8GBモデルは他社が扱っておらず、楽天モバイルでしか購入できない。

 

楽天モバイルのプラン自体、無制限使い放題プランから月3GB~月10GB まで揃っている。

 

また、他社と決定的に異なる点として楽天スーパーポイントを適用することができるため格安で購入できることにある。

 

更に、楽天からZenfone2 Laserを購入すると16GBのMicroSDカードをもらえる。もし8GBだとメモリが足りないという方はSDカードと併用すればよい。

 

料金:
22800円(8GBモデル)
27800円(16GBモデル)

 

メリット

ポイント還元
通話SIMポイント⇒5000ポイント
データSIMポイント⇒3000ポイント
楽天Edyポイント⇒1000ポイント
(*)ポイントキャンペーンは8GBモデルのみ。16GBモデルは対象外なので注意

 

楽天モバイルの口コミは??キャンペーンが豊富!徹底レビューをしてみた。

 

 

 

№2 BIGLOBE

BIGLOBEは6GB/月以上の音声通話プランのSIMカードに契約すればキャッシュバック1万円、6GB/月以上のデータSIMプランに契約すれば3000円のキャッシュバックがもらえる。

 

端末代も他社と比較して特に高いということもありません。楽天モバイルの次にBIGLOBEをオススメします。

 

料金:
27600円(16GBモデル)
1150円×24カ月

 

メリット

キャッシュバックキャンペーンを実施しており、6GB/月以上のプランは3000円~10000円もらえる。

 

BIGLOBEの口コミ・評判は??

 

 

№3 DMMモバイル

1GB~10GBまで自分に合ったデータ量を選ぶことができ、なおかつ業界最安値です。

 

月額440円から利用できるプランもあるのでリーズナブルと言えます。

 

料金:27800円(16GBモデル)

 

メリット

業界最安値&プランがどこよりも豊富で自分に合ったプランを選びやすい。

 

DMM mobileのアプリが役に立つ!?DMMの詳細と評判を徹底解説しました!

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安スマホを『お徳に』使いたいなら比較しなきゃね!

au、docomo、Softbankといった大手キャリアのスマホは月7000円~8000円かかるのに対して格安スマホは月2000円以下から利用できます。

通話、通信をそれなりに使ってもせいぜい2500円!月額料金を1/3以下まで落とすことができます。

スマホ端末とセットで申し込めば、不安も一切なし!
説明書に従ってたった5分で設定できます。

回線もdocomoの回線なのでサクサクネットが使え、信頼性も高い!

当サイトでは「お徳」に「初めての人でも問題なく」格安スマホを利用できるように丁寧に説明しました。

TOP格安スマホを徹底比較!大手キャリア1/3以下の月額料金で契約しよう