Zenfoneシリーズ徹底比較!Zenfone Selfie、Zenfone2、Zenfone2 Laserどれがおすすめ??

Zenfoneシリーズ徹底比較!Zenfone Selfie、Zenfone2、Zenfone2 Laserどれがおすすめ??

Zenfoneシリーズ徹底比較!Zenfone Selfie、Zenfone2、Zenfone2 Laserどれがおすすめ??

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

Zenfoneシリーズは今までZenfone5⇒Zenfone2⇒Zenfone2 Laser(ZE500KL)⇒Zenfone Selrie⇒Zenfone2 Laser(ZE601KL)という順で販売されてきました。

 

一番最初に販売されたZenfone5は実は2014年10月に発売されたもので、初代Zenfoneが登場してから1年とちょっとしかたっていません。
格安SIM、格安スマホ市場がここ最近メキメキと出てきたというのもありますが、ブランド性の高いZenfoneですら、ここ1年に販売されたと考えると本当移り変わりが速い業界だなって思います。

 

さて、ここで、Zenfoneシリーズを購入したいというあなたのために「どのシリーズが一番いいのか??」というのを決めるために徹底的に比較してみました。

 

楽天モバイルなら

 

  • Zenfone2 Laserが27800円→13900円
  • Zenfone2が35800円→9800円
  • Zenfone selfieが37800円→9800円

 

で購入できます。

 

→→月額525円から利用できる楽天モバイルの詳細はこちら

 

なお、他の端末の楽天モバイルの最新割引キャンペーンはこのようになっています。

 

2016年9月1日までのキャンペーン

スマホ端末 定価→割引後 ポケモンGO対応
HUAWEI P9 59800円49800円
Liquid Z330 12000円3600円 ×
arrows M02 29800円17800円
AQUOS SH-RM02 39800円19900円
Zenfone GO 19800円9500円 ×
Zenfone2 Laser 27800円13500円
Zenfone2 35800円17900円
Zenfone Selfie 37800円18900円
Desire 626 27800円13900円
HUAWEI MateS 79800円39500円
honor6 Plus 29800円(割引なし)

 

 

Zenfoneシリーズスペック表&価格表

 

スペック表

 

Zenfone

Zenfone2

Zenfone2 Laser

Zenfone Selfie

ディスプレイ

5.5インチ

5インチ

5.5インチ

解像度

1980×1080px

1280×720px

1980×1080px

CPU

4コア 1.8GHz

4コア 1.2GHz

8コア 1.5GHz+1.0GHz

バッテリー容量

3000mAh 

2400mAh

3000mAh

RAM

2GB

2GB

2GB

ROM

32GB/64GB/128GB

8GB(楽天モバイルのみ)/16GB

16GB

WEBカメラ

インカメラ:500万画素

アウトカメラ:1300万画素

インカメラ:500万画素

アウトカメラ:1300万画素

インカメラ:1300万画素

アウトカメラ:1300万画素

価格(16GBモデル 2GB)

32800円

37800円

27800円

 

料金表

 

Zenfone2

  • 16GBモデル 2GB 32800円
  • 32GBモデル 2GB 35800円
  • 32GBモデル 4GB 45800円
  • 64GBモデル 4GB 50800円

 

Zenfone selfie

 

  • 16GBモデル 2GB 37800円

 

 

Zenfone2 Laser

 

  • 8GBモデル 2GB 22800円
  • 16GBモデル 2GB 27800円

 

 

CPU

 

  • Zenfone2⇒4コア
  • Zenfone2 Laser⇒4コア
  • Zenfone selfie⇒8コア

Zenfone Selfieはオクタコアとなっています。(8つCPUコアがある)

 

cpuとは!?コア数があると優秀なスマホなのか??徹底解説!

 

上記のリンク先で解説していますが、2コア(デュアルコア)、4コア(クアッドコア)、8コア(オクタコア)とありますがこの数値が大きければ大きいほどアプリをいっぱい立ち上げたときでもサクサクツイッターやゲームができます。

 

CPUスペックに関してはZenfone Selfieが優秀ですね。

 

 

バッテリー容量

 

  • Zenfone2⇒3000mAh
  • Zenfone2 Laser⇒2400mAh
  • Zenfone Selfie⇒3000mAh

 

というバッテリー容量になっています。
Zenfone2とZenfone SelfieよりZenfone2 Laserが電池容量の点でやや劣っています。
ミドルユーザーであれば2400mAhあれば充分です。
電池容量はどのZenfoneも充分あるといっても良いでしょう。

 

RAMとROM

 

RAMというのは一度に開けるデータ量のことです。
RAMが2GBだとして、アプリAとアプリBとアプリCを同時に開いて2GB超えたら、アプリは落ちます。

 

また、ROMはスマホに保存しておけるデータ容量の限度です。
大量の音楽、動画、アプリを保存していて、8GBの容量しかないのに8GB以上のデータは入らなくなっていしまいます。もし8GBの容量の端末に8GB入れようとしたら
「容量がいっぱいなので削除してください」という表示が出るので、不必要なデータを削除していかなければいけません。

 

ZewnfoneシリーズはZenfone2のみROM=16GB以上を選べます。
RAMはどの端末も2GBあるのでそこそこメモリが大きいといえますね。

 

価格

 

価格面においてZenfoneシリーズを比較するとZenfone Selfieが一番高額になっているのがわかります。
その点においてZenfone2 LaserはZnfone2の価格が高く手を出しづらいことから価格を下げてくれとの要望が強かったために価格を大幅に下げる代わりにスペックをやや落とした形となっています。

 

楽天モバイルでのみ購入できるZenfone2 Laser の8GBモデル端末は22800円と格安スマホの中でもより格安で購入することができます。2年間の分割払いで月々1000円切ってますね。

 

 

 

ZenFoneシリーズが発売された経緯は??

 

元々Zenfoneは「Zenfone5」という端末から登場しました。
Zenfone5の売り上げが良く、更に価格を上げて性能を大幅にアップさせたZenfone2が出ました。
Zenfone2は「性能怪獣」と呼ばれるほど格安スマホとしてはハイスペックでしたが一部のガジェットマニアに人気は出たものの、一般の方からはちょっと手を出しにくい3万円台の格安スマホということで、人気はZenfone2よりもZenfone5の方が根強いままでした。

 

そこで、Zenfone2の評判の良かった部分を残し、スペックを落とす代わりに価格を少し落とした機種「zenfone2 Laser」が誕生しました。
その後に出たZenfone Selfieは「自撮り」に特化したスマホ端末です。実はSelfieというのは「自撮り」という意味です。
上記のスペック表の通り、Zenfone Selfieはインカメラの画素が他のZenfone寄りに特化しています。

 

Zenfone2 Laser を出した後に、自撮りが若い世代に流行っていることから「自撮りに特化したスマホを出そう」という経緯でZenfone Selfieが出ました。

 

今現在は、最も売れているのは価格のコストパフォーマンスが良いZenfone2 Laserとなっています。

 

 

 

Zenfoneシリーズ口コミ、評判比較

それではZenfoneシリーズの口コミ評判を徹底比較していきたいと思います。

 

Zenfone2

Zenfone2 Laser

Zenfone Selfie

 

 

 

総合満足度

 

3.91点/5点中

 

肯定的な口コミ

  • デザインは良い
  • レスポンスが良い
  • ダブルタッチでのロック解除が便利

 

 

否定的な口コミ

 

  • 電池の減りが速い
  • 端末が大きすぎる
  • 発熱が多い
  • 通話音質が悪い

 

 

 

 

 

総合満足度

 

4.17点/5点中

 

肯定的な口コミ

 

  • 電池持ちが良い
  • 堅実
  • 画面がきれい
  • 価格が安い
  • 安っぽさはない

 

否定的な口コミ

 

  • レスポンスが悪い
  • 遊びが少ない
  • マニュアルがほとんどない

 

 

 

 

 

 

総合満足度

2.00点/5点中

 

 

肯定的な口コミ

  • インカメの画質が良い
  • ダブルタップでロック解除可能

 

否定的な口コミ

 

  • レスポンスが最悪
  • アプリを起動していると1時間以内に何度も再起動される
  • バッテリーの減りが速い
  • エラーが頻繁に出る

 

 

 

 

Zenfone2の口コミ総評

Zenfone2はかなり品質に関して肯定的な口コミが多かったです。
中には10万円を超えるスマホ端末と遜色がないという意見もありました。
スペック事態は何ら問題もない、人気端末です。しかし2点ほど否定的な意見が目立ちました。
それは「バッテリーの減りの速さ」「発熱」です。この意見は1人や2人ではなく結構の数の人が意見をしていました。

 

バッテリーに関しては自分で充電器を持ち歩いて使えば問題なしです。発熱はアプロを何個も起動したら端末が熱くなって落ちた、という意見が多かったのでこまめに使わないアプロwは消すようにしましょう。
また、防水機能が欲しかったという意見もありました。

 

 

その2点以外は肯定的意見がほとんどでした。

 

Zenfone2 Laser

Zenfone2と比較して、明らかに電池持ちがよくなったという意見が多かったです。
それでいて価格帯はZenfone2より1万円ほど安い27000円台という3万円を切る格安スマホ。
中にはiPhone5からZenfone2 Laserに乗り変えてよかったという口コミも。

 

値段相応以上のスペックと呼び声が高かったですね。
ただ、若干レスポンスの悪さに関する意見はありました。気になる部分は画面が止まることがあることくらいですね。

 

Zenfone Selfie

Zenfone Selfieの「Selfieは「自撮り」という意味。自撮りの際のインカメにこだわってある端末なのです。
しかし、残念ながらZenfone Selfieは、はっきり言って悪評しかありませんでした。
特に多かった悪評が「レスポンスが悪い」「勝手に再起動される」「エラーが頻繁に出る」といった類の内容でした。

 

肯定的な口コミもほとんどなく、Zenfone史上最悪の端末というレッテルがついている端末です。
総合満足度も5点中2点と、平均値を大きく割っているので、Selfieはお勧めできません。

 

 

ZenfoneシリーズをどのMVNOサービス会社で購入するべき??

ZenfoneをどのMVNOサービスで買えばいいかということですが、前提としてどこから買っても基本的にASUSが開発したもので品質は変わらないと前提です。

 

 

 

Zenfoneを購入するのにおすすめMVNOは??

 

楽天モバイル

他社と比較して安いのはやはり楽天モバイル。

 

キャンペーン時に楽天モバイル経由でZenfoneを購入すれば、最大79%オフの価格で購入可能。

 

それでいて楽天ポイントが付くので更に安くなる。

 

格安SIMそのものの品質も悪くない。今一番オススメは楽天モバイル

 

楽天モバイルの公式HPはこちら

 

 

Zenfone2 LaserのおすすめMVNOは??

DMMモバイルor楽天モバイル

 

端末価格と格安SIMの月額料金が業界で一番安いのがDMMモバイル。
それでいて、MVNO回線は業界の中でも通信が安定していると評判の良いiij mioから回線を借りているため、「つながりやすく、かつ安い」と評判高い。
口コミを見ても評判は上々である。

 

DMMモバイルの16GBのZenfone2 laserの端末価格27800円はであるが、もっと値段を安くしたいなら楽天モバイルで16GBの端末135800円で購入できる。

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安スマホを『お徳に』使いたいなら比較しなきゃね!


au、docomo、Softbankといった大手キャリアのスマホは月7000円~8000円かかるのに対して格安スマホは月2000円以下から利用できます。

通話、通信をそれなりに使ってもせいぜい2500円!月額料金を1/3以下まで落とすことができます。

スマホ端末とセットで申し込めば、不安も一切なし!
説明書に従ってたった5分で設定できます。

回線もdocomoの回線なのでサクサクネットが使え、信頼性も高い!

当サイトでは「お徳」に「初めての人でも問題なく」格安スマホを利用できるように丁寧に説明しました。


TOP格安スマホを徹底比較!大手キャリア1/3以下の月額料金で契約しよう