2万~3万円で購入できるSIMフリー端末は??

格安スマホと格安SIMを徹底比較!!おすすめを矢澤シムが解説します

SIMフリー端末2万円~3万円

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

格安スマホの中で2万円~3万円のスマホは「やや安い~標準的」程度の値段です。
2万円台後半出せば、ミドルユーザーの方が不便なくサクサク使えるスマホを利用することができます。

 

2~3万円台の格安スマホはどんな人におすすめ??

 

  1. ミドルユーザーの方におすすめ
  2. コストパフォーマンスを求めている人におすすめ

 

2~3万円台の格安スマホはスペック的には日常で利用して不満がない程度です。
それでいて意外とコンセプトを持った端末が多く(例えば耐久性に優れている、画質にこだわっている等)「そこそこきちんと使いたい」という層向けのスマホ端末が多いです。

 

 

ミドルユーザーの方にオススメ

電池容量やスペックなどはスマホ端末によって大きく変わってきます。
その点において、2~3万円の格安スマホは「そこそこ」を維持しています。

 

 

コストパフォーマンスを求めている人におすすめ

1万円台のスマホは正直、普通の人が使うのにスペックを充分満たしていないことが多いです。
例えば、メモリが少なすぎてすぐ落ちてしまう、電池容量があまりにも少なすぎる、CPUの性能が低いのでマルチタスクに向いていない等。

 

その点に関して2~3万円台のスマホは普通の人が利用するには充分な端末となっています。

 

3~4万円台のスマホとの違い

3~4万円台のスマホとの違いは、電池容量、CPUの性能、メモリ容量などの違いが大きいです。
当然、2万円台のスマホより、3万円台のスマホの方がスペックは高いです。

 

ただ、2万円台のスマホでも丸一日ずーっとアプリや動画閲覧で遊ぶような人でなければ充分利用できます。

 

 

2~3万円のオススメ格安スマホ

 

 

arrows M02

米国が定める品質基準14項目をすべて満たしている頑丈なスマホ
登山やスキーなどの野外スポーツ中に意味につけても安心できるのがこのarrows M02.
非常に頑丈で壊れにくいスマホとなっている。

 

デザインも安っぽさはなく、それでいて3万円を切っている格安スマホ。ミドルユーザーにおすすめ。

 

特徴

  1. おサイフケータイ対応
  2. 米国国防総省が定める品質基準をクリアしている
  3. 電池持ちが良い
  4. 10万画素の高画質カメラ搭載
  5. 安いが高級感のあるデザイン

 

メリット

端末そのものが非常に頑丈にできており、屋外スポーツの際に地面に落としてしまっても簡単には壊れません(絶対に壊れないわけではないが)。
また、頑丈だからと言って端末がゴツいわけではなく、デザイン性も高い。高級感のあるスマホ端末との声も多い。
耐久性をかなり意識して作られているので、長く利用したい方におすすめ。

 

 

デメリット

デメリットはイヤホンマイクを利用しての通話の際に少し音声が悪い、IP電話の音量調節ができないなど、通話時の音声に関する否定的な口コミが多かったです。
しかし、それ以外の否定的な口コミは見当たらずデメリットの少ない格安スマホ端末と言えます。

 

arrows M02/RM02の口コミや評判、スペックなどを徹底検証!

 

また、arrows M02をSIMセットで購入するなら、楽天モバイルが一番おすすめです。
楽天モバイルなら購入時に3000~5000ポイントもらえ、arrows M02の端末価格自体も安いです。

 

arrows M02を購入するなら楽天モバイルがぶっちぎれでおすすめ!ポイントがもらえる!

 

HUAWEI P8 Lite

8つのCPUコアを持つ優秀なスマホ端末

 

P8liteは3万円を切る価格の安さにもかかわらず、8つのCPUコアを持つ格安スマホです。
CPUコアは一般的に2~4つあり、このコア数が多ければ多いほど処理能力が高くなります。

 

オクタコアと呼ばれており、一般的に8コアのスマホはほとんどが4万円以上はするため3万以下でオクタコアのスマホを使えるのは凄いとしか言えませんね。

 

特徴

  1. オクタコアの高性能CPU
  2. デュアルSIMを使うことができる

 

 

メリット

価格に比べて性能のコストパフォーマンスが高いことが特徴。
コンパクトで使いやすく、オクタコアCPUのため簡単に開いたアプリが落ちることもない。>

 

 

デメリット

電池容量が若干少なく、端末ボディがプラスティックであるため若干のチープ感があるのは否めない。
半日は持ちますが、丸一日利用しても持つかどうかはその人自身の使い方ですが、私の場合は持ちませんでした。

 

P8liteの口コミや評判、スペックなどを徹底検証!

 

P8 LITEを購入するなら、So-netが一番端末価格が安いです。
2年間しっかり利用するつもりならso-netが一番ですね。

 

P8 liteを利用するなら断然So-netがおすすめ!

 

Zenfone2 Laser

格安スマホ界の重鎮!Zenfoneシリーズの格安スマホ!

 

Zenfone2 LaserはZenfone2が価格的に高くて購入できない層に、余計な機能、最適化して価格を落とすことによって提供することができるようになった
Zenfoneブランドの格安スマホ端末です。

 

 

特徴

  1. Zenfoneシリーズの中で一番安い
  2. 派手さはないが堅実
  3. 電池持ちが良い
  4. 片手操作モード搭載

 

メリット

Zenfone2が高くて購入できなかった層が、スペックを多少落とすことによって購入できるようにしたのがZenfone2 Laserです。
それ故、価格がZenfoneの中では一番安くなっています。
それでいて電池持ち、レスポンスの良さなど最低限の部分はしっかり作られています。

 

デメリット

価格を下げてしまったためにZenfone2等、他のZenfoneシリーズよりもスペックが落ちました。
特に処理能力の部分では顕著な差が出ており、高くてもいいからスペックの高さを選びたいという考え方ならZenFone2をおすすめします。

 

 

ZenFone2 Laserの口コミ、評判!徹底解説しました

 

 

Zenfone2 Laserを利用するなら楽天もアイルがいいです。
他社だと16GBモデルしかありませんが、楽天モバイルは8GBモデルがあり、こちらのモデルは22800円で購入できます。

 

Zenfone2 Laserを購入するなら楽天モバイル!

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安スマホを『お徳に』使いたいなら比較しなきゃね!

au、docomo、Softbankといった大手キャリアのスマホは月7000円~8000円かかるのに対して格安スマホは月2000円以下から利用できます。

通話、通信をそれなりに使ってもせいぜい2500円!月額料金を1/3以下まで落とすことができます。

スマホ端末とセットで申し込めば、不安も一切なし!
説明書に従ってたった5分で設定できます。

回線もdocomoの回線なのでサクサクネットが使え、信頼性も高い!

当サイトでは「お徳」に「初めての人でも問題なく」格安スマホを利用できるように丁寧に説明しました。

TOP格安スマホを徹底比較!大手キャリア1/3以下の月額料金で契約しよう