格安スマホ端末を購入する際の価格帯の目安は??

格安スマホと格安SIMを徹底比較!!おすすめを矢澤シムが解説します

格安スマホ端末を購入する際の価格帯の目安は??

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

「格安スマホ端末を購入する際にどのくらいの価格のスマホを選べばいいのか??」

 

「iPhoneからAndroidに変えたいがiPhoneと同等のスペックを持つ端末が欲しい」

 

などなどスマホを選ぶ際にどういう価格帯でどういうスマホ端末を選べばいいのか迷うと思います。

 

そこで今回あなたにとってどの価格帯のスマホを選ぶべきかという観点で書きました。

 

 

ライトユーザー

ライトユーザー、あるいはサブ端末としてのご利用の方は1万円台の格安スマホ端末をお勧めします。
ネットをあまりせずLINEのやり取り、メール、電話くらいならば1万円の端末で充分。
ただし、バッテリーの持ちは残念ながらかなり悪い。

 

 

1万円台の端末の特徴

 

  • 価格が安い
  • 必要最低限の機能しかない
  • バッテリーもちが悪い
  • レスポンスや音声機能の質が悪い

 

最低限使えればオッケーという方のみオススメします。

 

参考記事:1万~2万円で購入できるSIMフリー端末は??

 

 

ミドルユーザー

ネットもゲームもするという方は2~3万円程度の端末がオススメ。
ハイスペックとは言わないまでも大手キャリアのスマホと比較して引けを取ることはありません。

 

充分メイン端末として使えるので特にハイスペックさを求めていないが、そこそこ利用する方はこの価格帯のスマホを購入することを
おすすめします。

 

2~3万円台の端末の特徴

 

 

  • ネットをサクサクできる
  • バッテリーは丸1日持つ
  • レスポンスは早い
  • 基本的な機能は全く問題ない

参考記事:2万~3万円で購入できるSIMフリー端末は??

 

 

ヘビーユーザー

iPhone6S、iPhoneESと同等のスペックを求める場合、4万円台の格安スマホをおすすめします。
スマホの価格帯的に、4万円台のスマホ「は「格安」ではなく、高級端末になってきます。

 

 

4万円台の端末の特徴

 

  • 機能性が充実している
  • ゲームなどをするのに最適
  • バッテリーは丸2日持つ(使い方によるが)
  • ハイスペック
  • ストレスなく利用できる

 

関連記事:

 

iPhoneはどの程度の端末と同等か??

格安スマホを購入したいという人の中に元iPhoneの方も多いと思います。
結論から言うと、3~4万円の有名どころのスマホ端末はどれもiPhone6Sと同等のスペックをもっています。

 

普遊舎の家電批評の調査によると

 

カメラ、バッテリー、ディスプレイ、コスパの面でiPhone6Sと比較した場合

 

Zenfone 2、honor6 Plus、Zenfone Zoom、arrows M02当たりのスマホ端末はiPhone6Sと同等程度のスペックを持つという結論になりました。

 

 

カメラ

バッテリー

ディスプレイ

コスパ

合計

Zenfone2(3万9850円)

8pt

9pt

8pt

10pt

35pt

honor6 Plus(3万2184円)

5pt

6pt

9pt

10pt

30pt

Zenfone Zoom(5万3330円)

7pt

10pt

7pt

6pt

30pt

SAMURAI KIWAMI(4万2840円)

9pt

8pt

9pt

6pt

27pt

iPhone6S(9万3744円)

8pt

8pt

3pt

2pt

27pt

LUMIERE 503HW(3万8880円)

8pt

8pt

3pt

7pt

26pt

 

参照:家電批評

 

大体、4万円前後の人気端末は軒並みiPhoneと同スペックなのに対してiPhoneは価格が9万円以上します。
同スペックのAndroid端末と比較して倍以上の価格となっています。

 

iPhoneは多くの方が使っているので「とりあえずiPhoneにしておけば大丈夫」という安心感はありますが、やはりiPhoneは高級端末です。
iPhoneの半分の価格で同スペックのスマホ端末が購入できるのですね。

 

購入する格安スマホ端末が決まったらどこから契約すればいいか??

購入する格安スマホ端末が決まり、端末と格安SIMを別々に購入しようとする方がいます。

 

例えば、楽天モバイルの格安SIMに契約してamazonでZenfoneを購入するという形のように。

 

ですが、格安SIMとスマホ端末はMVNOのセットで契約することをお勧めします。

 

格安SIMとスマホ端末をセットで購入するメリット

 

契約するMVNOによってはセットで契約することによってキャンペーン特典が貰える

NifmoやBIGLOBEでスマホとSIMをセットで契約すれば数千円~1万円程度のキャッシュバックを受け取ることができます。
また、楽天モバイルで契約すれば数千円分の楽天ポイントが貰えるので楽天カードを頻繁に利用する方や楽天市場ユーザーのかたにとってはメリットがあります。

 

分割で支払いできる

スマホ端末は1万円台~10万円台と幅広いです。
数万円するスマホ端末は決して安くはないです。

 

一括で購入するのがきついという方もいるかと思います。
そこで、端末とSIMをセットで契約すれば分割で支払いすることができます。

 

格安スマホはミドルユーザー用の端末でせいぜい2~3万円です。
3GB/月の音声通話プランを選べば分割の端末代金を含めて月額2500円程度で利用することができます。

 

 

端末と格安SIMのミスマッチを防ぐことができる

端末と格安SIMによってはミスマッチを起こす可能性があります。

 

例えばauの白ロム(auで購入された中古端末)にdocomo回線のSIMを挿すことができませんし、周波数の問題で挿せないSIMもあります。
そこで、MVNOが販売していうる端末とSIMをセットで購入すれば無駄なトラブルは起きません。

 

MVNO側もきちんと端末にSIMがさせることを確認して販売していますから信頼して契約できます。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安スマホを『お徳に』使いたいなら比較しなきゃね!

au、docomo、Softbankといった大手キャリアのスマホは月7000円~8000円かかるのに対して格安スマホは月2000円以下から利用できます。

通話、通信をそれなりに使ってもせいぜい2500円!月額料金を1/3以下まで落とすことができます。

スマホ端末とセットで申し込めば、不安も一切なし!
説明書に従ってたった5分で設定できます。

回線もdocomoの回線なのでサクサクネットが使え、信頼性も高い!

当サイトでは「お徳」に「初めての人でも問題なく」格安スマホを利用できるように丁寧に説明しました。

TOP格安スマホを徹底比較!大手キャリア1/3以下の月額料金で契約しよう