DMMモバイルの契約からSIMの設定まではじめからていねいに!

DMMモバイルの契約からSIMの設定まではじめからていねいに!

DMMモバイルの契約からSIMの設定まではじめからていねいに!

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

DMMモバイルはMVNOの中では間違いなくぶっちぎりで月額料金が安くなっています。
DMMは他の事業で利益を大きく上げているため、MVNO事業に投資をすることができ、月額料金を下げることが可能になりました。

 

今回は業界最安値級のDMMモバイルについて申込から設定まで徹底レビューをしていきたいと思います。

 

DMMモバイルを申し込み方

実際にDMMモバイルを1から申し込みしてみました。

 

@端末セットかSIMのみかを選ぶ

 

端末セット、SIMなのか音声通話SIMかデータプランか選びます。
今回、私の場合、既に端末も音声通話SIMも持っているのでデータプランのSIMのみ購入しようと思います。

 

 

私はDMM会員なので「DMM会員の方」をクリックします。
DMM会員ではない方は「始めてDMMをご利用の方」をクリックしましょう。

 

 

Aプランを選んで記入事項に入力していく
契約プランを選択していきましょう。
今回は、あくまでレビュー用の契約なので一番安い1GBプランを選択します。

 

また、機種はArrows M02を利用します。

 

 

また、SMSの利用、セキュリティオプションの利用、などオプションを付けるか否かを選ぶことができます。
不要だと感じたら「なし」を選びましょう。
選択し終えたら一番下に「この内容で申し込む」というボタンがあるのでそのボタンを押しましょう

 

 

Bお客様情報の入力
お客様情報の入力をしていきましょう。

 

 

入力が終わったら一番最後に「利用規約に同意する」というボタンがあるのでそのボタンをクリックします。

 

 

最後にお客様の情報の入力確認が終わったら「申し込みを完了する」というボタンがあるのでそのボタンを押すます。

 

 

申込が完了しました。

 

 

 

メールを確認するとこのようなメールが届くので確認してください。

 

 

これで契約が完了になります。

 

SIMカードが届いて設定するまで

DMMモバイルのSIMカードが届きました。
実際に格安スマホに設置して使用してみようと思います。

 

今回は楽天モバイルで購入したarrows M02にDMMモバイルのSIMを挿入して利用しようと思います。

 

 

 

 

 

 

設置完了しました。

 

しかし、これは楽天モバイルで契約した端末でその端末にDMMのSIMを挿入する場合、APNの設定をしなければなりません。
DMMモバイルの端末をSIMセットで契約している場合、元々APNは設定されてあるのですが今回は楽天モバイルで契約したスマホ端末にDMMモバイルのSIMカードを挿すので
APNの設定を自分でしなければなりません。

 

そこで、APNの設定をしてみました。

 

DMMモバイルのAPNの設定をしてみた

 

設定からモバイルネットワークを選びます。

 

 

 

 

「データ通信を有効にする」にチェックしDmmモバイルのAPNを加える

 

 

DMMモバイルのAPNを加えていきます。

 

 

 

 

 

 

上記のように名前以外は全て決められているので一つずつ入力していきます。
以上でDMMモバイルのAPN設定は完了しました。

 

 

これでようやくDMMモバイルをarrows M02でつなげることができました。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安スマホを『お徳に』使いたいなら比較しなきゃね!


au、docomo、Softbankといった大手キャリアのスマホは月7000円~8000円かかるのに対して格安スマホは月2000円以下から利用できます。

通話、通信をそれなりに使ってもせいぜい2500円!月額料金を1/3以下まで落とすことができます。

スマホ端末とセットで申し込めば、不安も一切なし!
説明書に従ってたった5分で設定できます。

回線もdocomoの回線なのでサクサクネットが使え、信頼性も高い!

当サイトでは「お徳」に「初めての人でも問題なく」格安スマホを利用できるように丁寧に説明しました。


TOP格安スマホを徹底比較!大手キャリア1/3以下の月額料金で契約しよう