トーンモバイルの口コミ、評判は??

トーンモバイルの口コミ、評判は??

トーンモバイルの口コミ、評判は??

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

何と、ツタヤが格安スマホ市場に参入してきました。
ツタヤが販売している格安スマホで注目を浴びているトーンモバイル。

 

TSUTAYAというブランドがあるせいか、トーンモバイルはユーザーの3人に2人がスマホ初心者となっています。
また価格帯もかなり安く、月額1000円から利用可能というリーズナブルさが売りの格安スマホです。

 

今回はそんなトーンモバイルに関して調査してみました。

 

 

>

 

トーンモバイルの月額料金、オプションは??

 

格安スマホ事業社名

トーンモバイル

初期費用

3000円

月額料金

1000円

通信速度

最大600Kbps

利用可能通信量

無制限

通話

IP通話(オプションで音声通話可能)*詳細は以下で

 

 

トーンモバイルの月額料金パケット使い放題で1000円のみです。
これ以外のプランはありません。
非常にシンプルな価格・内容となっています。

 

ただし、通話がIP電話のみで前の携帯電話の電話番号を使う際、月額料金953円で利用できるようになります。

 

また、通信速度が最大600Kbpsとかなり遅めです。
速度に関しては使う人を選ぶスマホ端末になってしまいます。

 

それえではトーンモバイルの特徴に関して詳しく見ていきたいと思います。

 

トーンモバイルの特徴

トーンモバイルの特徴について解説していこうと思います。

 

1000円/月で利用できる格安スマホ

上記の通り、トーンモバイルは月額1000円で利用できます。
それ以外のプランは用意されておらず、客層を絞ったシンプルなプランとなっています。

 

 

必要なものはオプションで

トーンモバイルは必要なものがあればオプションですべて自分でつけるという方針になっています。

 

トーンモバイルのオプション一覧

 

SMSオプション
  • 100円/月
  • 事務手数料 0円
090,080,070の電話番号 953円/月事務手数料 1500円
高速通信 300円/1GB(月2回までチャージ可能)
フラットオプション IP電話1260円分&高速通信1G⇒500円/月
安心オプション 500円/月
TONEファミリーオプション 0円

 

必要があれば下記のオプションを自分で付ける必要があります。

 

090音声オプション

基本的にデフォルトの音声通話はIP電話を使った音声通話になります。
そのため、前に使っていた携帯電話の電話番号を利用することができません。

 

そこで月額953円支払うことによって音声通話オプションを付けることが可能になります。

 

 

高速チケットオプション

トーンモバイルのデフォルト通信速度は600Kbpsです。
一般的なMVNOの格安SIMを使ったスマホの通信速度は150Mbps(=150000Kbps)なのではっきり言ってとてつもなく遅いです。

 

そのためまともに動画まみれませんし、画像サイトも見ることができません。
そこで、「高速チケットオプション」で300円支払うことによって1GB分の通信容量を購入することができます。

 

これは月に2GBまでチャージすることができます。

 

フラットパックオプション

フラットパックオプションとは、IP電話1260円分と上記の高速チケットオプション300円分、合計1560円分を月々500円で利用できるオプションとなっています。

 

1日1分通話すると月60分、1分当たり21円なので、630円となります。
フルパックオプションに加入すれば、その分安くなります。

 

 

安心オプション

安心オプションは、盗難、破損時に修理費と買い替え費用を負担してくれるサービスです。
また紛失や盗難などの保証に限らず、全国63000か所でWi-Fiの接続をすることもできます。

 

 

TONEファミリーオプション

TONEファミリーオプションは子供向けにスマホの血用、状況を管理することができる保護者のためのプランとなっています。

 

子供が閲覧できるコンテンツの制限、歩きスマホの警告などをすることができるプランになっており、月額料金は無料で利用することができます。

 

 

ヘビーユーザーには不向き!あくまでミドルユーザー未満の人向け

上記で記載したとおり、トーンモバイルは通信速度が非常に遅く600Kbpsです。
はっきり言って超遅いです。

 

普通に考えてある程度のヘビーユーザーがトーンモバイルを使うのは辞めたほうがいいです。

 

ですが、ライトユーザー~ミドルユーザーは高速チケットオプションを利用して必要なときに高速通信すればそれなりにインターネットを使うことができます。

 

月2回、つまり最大2GB分まで高速通信ができる通信容量を購入することができます。

 

ライトユーザー程度であればそれだけあれば充分です。

 

子供に持たせるのに向いている!?

他社の格安スマホにはない特徴として、おああちゃんおじいちゃん、自分の子供に持たせるのに向いている「TONEファミリーオプション」が使えます。
スマホの利用が制限できるので、子供が勝手にアダルトコンテンツに接続したり、インターネットの掲示板で悪さしたり勝手にSNS経由で知らない人と出会うことを未然に防ぐことができます。

 

 

>

 

トーンモバイルで利用できるスマホ端末は??

トーンモバイルは独自の格安スマホ端末を販売しています。
トーンモバイルが扱っているスマホは主に2つ。
m14とm15です。

 

 

m15

m14

価格

29800円

19800円

CPU

1.3GHz クアッドコア

1.3GHz クアッドコア15177.59.5

寸法

147.9×74.5×8.6

151×77.5×9.5

重さ

165g

189g

カメラ

背面/全面=1300万/500万

背面/全面=800万/200万

メモリ

RAM/ROM=2GB/16GB

RAM/ROM=1GB/4GB

バッテリー

3000mAh

2500mAh

 

m15とm14のスペックを比較しましたが、m14は残念ながらそんなにスペックが高くありません。
電池容量はかなりあって、CPUもア悪くないのですが、肝心のメモリの数値が少ないです。

 

RAMというのは同時に開いていられるデータ容量の数値でこの数値が大きければ大きいほど色んなアプリを同時に開いてられます。
ROMはスマホに入れられるデータ容量のメモリのことなのですが、この値が起き蹴れば大きいほどスマホに画像や動画などのデータをより大量に保存することができます。

 

m14はこのメモリの数値が著しく低いので、1万円多く払ったとしてもm15を選んだほうがいいです。

 

m15はスペックを見る限り、値段相応以上のハイスペック端末でハイクオリティのスマホ端末ということがわかります。

 

>

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安スマホを『お徳に』使いたいなら比較しなきゃね!


au、docomo、Softbankといった大手キャリアのスマホは月7000円~8000円かかるのに対して格安スマホは月2000円以下から利用できます。

通話、通信をそれなりに使ってもせいぜい2500円!月額料金を1/3以下まで落とすことができます。

スマホ端末とセットで申し込めば、不安も一切なし!
説明書に従ってたった5分で設定できます。

回線もdocomoの回線なのでサクサクネットが使え、信頼性も高い!

当サイトでは「お徳」に「初めての人でも問題なく」格安スマホを利用できるように丁寧に説明しました。


TOP格安スマホを徹底比較!大手キャリア1/3以下の月額料金で契約しよう