DTI SIMの詳細は??口コミ、評判もまとめてみた

DTI SIMの詳細は??口コミ、評判もまとめてみた

DTI SIMの詳細は??口コミ、評判もまとめてみた

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

DTI SIMは、20年以上続くインターネットプロバイダーであるDTIが運営している格安SIMです。

 

その最大の特徴は、半年間無料で試すことができるキャンペーンが正式なサービスとして設定されたことでしょう。

 

初めてDTI SIMを契約した場合、データSIMやSMS SIMならば半年間は無料で使用することができますし、音声通話SIMであっても割引が適用されます。

 

維持費を安く抑えたい方には、最もおすすめの選択肢ですね。

 

 

 

DTI SIM月額料金

こちらが、DTI SIMの全てのプランの月額料金です。

 

通常プラン

 

  データプラン データSMSプラン 音声プラン
1GB 600円 750円 1200円
3GB 840円 990円 1490円
5GB 1220円 1370円 1920円
ネット使い放題 2220円 2350円 2900円
ネット使い放題(半年間) 1220円 1370円 1920円
DTI SIMノーカウント

1220円

 

1370円 1920円

 

 

限定プラン

 

初回契約限定のプラン名; 1ヶ月目〜6ヶ月目 7ヶ月目〜
でんわ定額プラン3GB 1480円 2270円
データ半年お試しプラン3GB 0円 840円
データSMS半年お試しプラン3GB 0円 990円

 

>>>DTI SIMの公式HPはコチラ<<<

 

なお、いずれのプランを契約する場合でも、初期費用が3000円かかります。

 

DTI SIMの特徴は??

DTI SIMの特徴をピックアップしました。

 

半年間無料・割引のプランがある

DTI SIMは、初回契約時にのみですが、半年間、3GBの通信量が無料のプランが用意されています。

 

この期間にのみ契約し、6ヶ月目が終わる段階で解約すれば、費用は初期費用の3000円しかかかりません。

 

ただし、でんわ定額プランは初めの6ヶ月間も月額料金がかかり、さらに12ヶ月の契約が必須ですので、注意しましょう。

 

通信量が無制限のネット使い放題も、契約した際は半年間割引が適用されます。

 

スマホレンタルオプションがある

DTI SIMには、スマホレンタルオプションがあります。これは最新のiPhoneをレンタルすることができるサービスで、初期費用2000円、月額3600円で利用することができます。

 

スマホレンタルオプションの特徴は、ただレンタルするだけではないこと。12ヶ月経った段階で、新しい端末に機種変更するか、そのまま同じ端末をレンタルし続けるか、あるいは買い取り料金を支払うことで今の端末を購入するか選べます。

 

ちなみに、同じ端末をもう1年レンタルする場合でも、そこから12ヶ月経った段階で所有権が得られます。

 

毎年新しいiPhoneを契約したい場合は1年ごとに交換していくのも良いですし、2年目も同じiPhoneでかまわないならば買い取りやレンタル継続を選べます。

 

ちなみに現在はSIMフリーのiPhone 6s16GBモデルが取り扱われています。

 

2年間使えばおよそレンタル料金は合計86000円。

 

月額料金自体、端末代だけで3600円とそこそこ高いため、格安SIMとは言いがたくなってしまいますが、iPhoneをキャリアで契約するよりは少し月額料金を安く済ませられます。

 

新しい端末に毎年替える場合も、わざわざ違約金などを支払う必要がないため便利ですね。

 

光回線とのセットでお得

DTI SIMは、光回線とセットの「DTI 光×SIMセット割」を適用することで、150円割引となります。

 

音声通話プランが3GBで1490円と、元々の料金設定が安いDTI SIMですので、セット割ならさらにお得になります。

 

翌月へのデータ繰り越しがある

DTI SIMでは、残ったデータ量を翌月まで繰り越して使用することができます。

 

多くの格安SIMがこのシステムを用意していますが、稀にないものもありますので、繰り越しがあると安心です。

 

DTI SIMの場合、低速回線への切り替えができませんので、特に繰り越しシステムの存在は嬉しいポイントですね。

 

でんわかけ放題プランやオプションがある

DTI SIM契約時にでんわ定額プランを選ぶと、5分以内の通話がかけ放題になります。

 

また、普通のプランでもでんわかけ放題を契約すると、月額780円で5分以内の通話がかけ放題です。

 

ただし、5分以上の通話には、30秒20円の通話料がかかるので注意しましょう。

 

関連記事:通話定額プランの格安スマホは??

 

ネット使い放題プランがある

通信量が無制限の、ネット使い放題というプランもあります。

 

通信量が無制限であるため、よく動画を見る方など、毎月の通信量が多い人におすすめですね。

 

ポケモンGO用のプランがある

DTI SIMノーカウントβは、データ容量が10GBのプラン。

 

通信量を5GBに設定していて、さらに5GB分のチャージが無料になります。

 

DTI SIMノーカウントβは、将来的にはポケモンGOの通信量がかからないDTI SIMノーカウントに変更される予定です。

 

関連記事:【ポケモンGO】オンラインゲームができる格安スマホは??

 

 

DTI SIMの注意点・デメリットは?

DTI SIMを利用する際に注意点があるので気を付けてください。

 

低速通信ができない

DTI SIMは、他社のような低速回線への切り替えができない格安SIMです。

 

つまり、常時高速であり、通信量が消費されます。

 

低容量プランがないので、よほどのことがない限りは3GBや5GBプランで十分一ヶ月持たせることができるでしょう。

 

しかし、常時通信量が消費されることには注意が必要ですね。

 

半年無料でも、7ヶ月目からは月額料金がかかるので注意

当然のことではありますが、半年無料ということでなんとなく契約して放置していると、7ヶ月目に突然月額料金が請求されて驚いてしまいますので、注意しましょう。

 

半年無料でも初期費用はしっかりかかる

半年間の月額料金は無料ですが、初期費用はかかります。

 

この点も理解したうえで契約しなければ、3000円の請求に焦ってしまうかもしれません。

 

 

DTI SIMの口コミ、評判は??

ここからは、DTI SIMの評判や口コミを紹介していきます。実際のところ速度などはどうなのか、生の声をご覧ください。

 


 


 

これらのツイートは、速度についての口コミです。

 

DTI SIMは、元々10GBに設定されていたプランをつかい放題に変更してから、ユーザーや通信量の増加によって速度が遅くなってきているといわれています。

 

 


 

反対に、思ったよりも使えているという口コミもあります。

 

全体的な口コミの傾向としては、動画やアプリ等のダウンロードにおいては、DTI SIMはちょっと厳しいようです。

 

 

まとめ

DTI SIMは、半年間の月額料金がかからないことや、使い放題系のプランの充実、iPhoneのレンタルなど、独自性の強い格安SIMです。

 

しかし、契約にあたっては内容をよく確認しておかなければ、後々困ってしまうことがあるので、初心者向けではないかもしれません。

 

契約の際は、自分が契約するプランの詳細をしっかり確認しておくことをお勧めします。

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安スマホを『お徳に』使いたいなら比較しなきゃね!


au、docomo、Softbankといった大手キャリアのスマホは月7000円~8000円かかるのに対して格安スマホは月2000円以下から利用できます。

通話、通信をそれなりに使ってもせいぜい2500円!月額料金を1/3以下まで落とすことができます。

スマホ端末とセットで申し込めば、不安も一切なし!
説明書に従ってたった5分で設定できます。

回線もdocomoの回線なのでサクサクネットが使え、信頼性も高い!

当サイトでは「お徳」に「初めての人でも問題なく」格安スマホを利用できるように丁寧に説明しました。


TOP格安スマホを徹底比較!大手キャリア1/3以下の月額料金で契約しよう