LINEモバイルが格安スマホ業界に参入!?

LINEモバイルが格安スマホ業界に参入!?

LINEモバイルが格安スマホ業界に参入!?

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

格安SIMに、いよいよ大本命が登場です。

 

スマホを持っている方は、LINEをインストールしている場合がとても多いものですよね。

 

LINEは、メッセージアプリとしては日本で最も人気があります。

 

スマホだけでなくタブレットやパソコンでも使うことができ、とても便利です。

 

そんなLINEが、格安SIMを提供開始します。

 

その名も、LINEモバイルです。

 

大まかな特徴としては、いずれのプランもLINEの利用料がかかりません。

 

この記事では、LINEモバイルについて詳しく解説していきたいと思います。

 

契約を検討している方、LINEユーザーの方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

LINEモバイルの料金は?

LINEモバイルの月額料金は、以下の通りになります。

 

  容量 データSIM SMS SIM 音声通話SIM
LINEフリープラン 1GB 500円 620円 1200円
コミュニケーションフリープラン 3GB - 1110円 1690円
コミュニケーションフリープラン 5GB - 1640円 2220円
コミュニケーションフリープラン 7GB - 2300円 2880円
コミュニケーションフリープラン 10GB - 2640円 3220円

 

 

参考:LINEモバイル

 

大きく分けて、LINEフリープランコミュニケーションフリープランの2種類が存在します。

 

LINEフリープランには1GBの1種類しかなく、コミュニケーションフリープランには4種類の、容量別のプランがあります。

 

 

LINEモバイルの特徴は?

docomo回線の格安SIMであるLINEモバイルの特徴は、いずれのプランもLINEの通信量が無料であることです。

 

このシステムはカウントフリーと呼ばれています。

 

LINEフリープランでは、LINEの通信量が無制限で、速度制限後も高速通信で読み込みやデータの送信が行えます。

 

関連記事:速度制限なしで利用できる格安スマホは??

 

コミュニケーションフリープランは、LINE以外にTwitterとFacebookの通信量も無料になるのが特徴のプランです。

 

それでは、それぞれのプランをより詳しく説明していきたいと思います。

 

LINEフリープラン

LINEフリープランは、データSIM、SMS SIM、音声通話SIMを選ぶことができます。

 

通信量は1GBに固定さているため、LINE以外にあまり通信を行わない人におすすめなのがLINEフリープランですね。

 

LINEフリープランは、データSIMでもLINEの認証ができるというメリットを持っています。

 

今まで、LINEはデータSIMで登録する場合、SMSが受信できる他の端末が必須でした。

 

しかし、LINEフリープランのデータSIMならば問題なく、LINE認証を行えます

 

LINEの認証をすると、ID検索ができるようになり、IDを知っていれば友だちを追加することができるのがメリットです。

 

関連記事:格安スマホでLINEは使える??どうやって設定すればい??

 

IDがわからなくてもQRコードなどでLINEの友だち追加をすることができますが、IDなら手軽で便利ですね。

 

コミュニケーションフリープラン

コミュニケーションフリープランは、容量が3、5、7、10GBと豊富です。10GB以上のプランがないのは残念ですが、TwitterやFacebook、LINEの通信量が無制限に使えるという超絶メリットがあります。

 

SNSを多く利用する方には、絶対に見逃せないプランなのは間違いないです。

 

ただし、月額料金は他社に比べて少し高めに設定されています。(高めといっても数十円~100円程度の差)

 

 

わからないことはLINE公式アカウントのトーク機能で問い合わせ!

今までは大手キャリアや格安SIMでわからないことがあれば「通話での問い合わせ」が主でした。

 

しかしLINEモバイルへの問い合わせに関しては、「LINE経由」でお問い合わせをすることができます。

 

特に平成生まれの若年層は電話に抵抗があり、LINEに慣れていると思うのでわからないことがあれば友達に聞く感覚でトークをできるのはありがたい機能となってますね。

 

 

子供に利用させる場合を考慮して制限を課すことも可能!

契約の際に、親名義で契約すれば有害なサイトにあっくせすできないようにフィルタリングをすることができる。

 

LINE系出会い系サイトやアダルトサイトなどの子供にとって危険で有害なサイトを見せたくないという親は多いはずです。

 

LINEモバイルはiPhoneで利用可能??

LINEモバイルはdocomo回線となっており、iPhoneに挿して利用することは可能です。

 

ただし、利用できるiPhoneには条件があります。

 

大きく分けてiPhoneは4パターンあるのでポイントを抑えましょう。

 

docomoのiPhone

LINEモバイルはdocomoの白ロム(docomoで販売された中古のスマホ端末)に挿して利用することができます。

 

docomoのiPhoneならば問題なく利用することができるので安心してください。

 

 

auのiPhone

auの白ロム(auの中古のスマホ端末)の場合、「SIMロック解除」をすれば利用できるようになります。

 

ただしSIMロック解除ができるのは2015年5月以降に発売されたiPhoneのみとなっています。(2015年5月以降に販売された端末はSIMロック解除の義務が課された経緯がある)

 

つまり2015年5月以前に販売されたiPhone6、iPhone6PlusはSIMロック解除をすることができません。

 

それに対して2015年5月以降に販売されたiPhone6S、iPhone6SPlus、iPhone SEはSIMロック解除をすることができます。

 

実質、auの中古iPhoneでSIMロック解除ができるのは、「iPhone6S、iPhone6S Plus、iPhone SE、それ以降に販売されるiPhoneのみ」となっています。(最近販売されたiPhone7、iPhone7PlusもSIMロック解除可能となっています)

 

結論:iPhone6S、iPhone6SPlus、iPhone SE、それ以降のauのiPhoneならSIMロック解除をしてLINEモバイルが利用可能

 

ソフトバンクのiPhone

ソフトバンクの白ロムの場合もauと同じく、2015年5月以降に発売された端末のみ利用することができます。

 

つまり、iPhone6S、iPhone6SPlus、iPhone SEとそれ以降に販売されたiPhoneのみLINEモバイルのSIMを挿して使うことができます。

 

結論:iPhone6S、iPhone6SPlus、iPhone SE、それ以降のソフトバンクのiPhoneならSIMロック解除をしてLINEモバイルが利用可能

 

SIMフリーのiPhone

SIMフリーのiPhoneはLINEモバイルのiPhoneを利用することができます。

 

Appleで購入することができます。

 

 

 

LINEモバイルと他社MVNOとの比較

ここでは、格安SIMの中でも人気の高い楽天モバイルと、LINEモバイルを比較してみたいと思います。どちらがお得か、比較内容を見ながら確かめてみましょう。

 

  楽天モバイル LINEモバイル

月額料金
(音声通話SIM、3GB

1600円 1690円
特徴 3日制限あり、低速回線使用可能

LINE、Twitter、Facebookカウントフリー
3日制限、低速回線無し

 

楽天モバイルの方が90円ほど安いことがわかりますね。この他にも多くの格安SIMは3GB1600円の設定ですので、LINEモバイルは90円ほど高いということになります。

 

ただし、カウントフリーがあるため、値段分のメリットはあるとも考えられるのではないでしょうか。

 

そして、楽天モバイルの場合は3日制限(3日につき通信量は540MBまでの上限が設定されている)がありますが、LINEモバイルにはありません。

 

これはLINEモバイルの方が有利ですね。

 

最後に、楽天モバイルでは低速回線を利用して通信を行うことができますが、LINEモバイルでは低速への切り替え機能がありません。

 

楽天モバイルの場合、LINEやTwitter、Facebookを利用する際に低速に切り替えれば、実質カウントフリーになります。

 

これを考えると、LINEモバイルはメリットがないように思えるかもしれません。

 

しかし、LINEモバイルは速度制限中でもこれらのアプリは高速で通信することができるメリットがあります。

 

画像など、容量の多いデータを読み込む際には、LINEモバイルの方が有利となるでしょう。

 

 

LINEモバイルの期待値は果たして??

ついに始まったLINEモバイル。その期待値はどのくらい高いのか、チェックしていきましょう。

 

いずれも、Twitterに寄せられた意見です。果たして速度は、そしてその他の使い勝手はどうなのでしょうか。

 


 


 

これらのツイートからもわかるとおり、LINEモバイルはまだ始まったばかりということもあり、速度がかなり速いと評判です。

 

しかし、格安SIMの速度はユーザーの増加と共にどんどん落ちていくのが普通であるため、今こんなに速いからといって飛びついてしまうと、あとから後悔することになる場合もあります。

 

契約は、じっくり考えたうえで行った方がよいでしょう。

 

LINEモバイルのメリットは、速度ではなくカウントフリー。

 

速度を求めている場合は、今契約するのであれば最低利用期間のないデータプランやSMSプランがおすすめですね。

 


 

LINEモバイルは、安いという意見がTwitter上でよく見られます。

 

実際のところ料金設定は、他社より若干ですが高めのLINEモバイル。

 

それにもかかわらず安いという意見が見られるのは、格安SIMにまだ乗り換えていない人からの食いつきが良いということでしょう。

 

今後、LINEモバイルのユーザー数はどんどん増えていくことが考えられます。

 

 

 

 

LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!

 

 

まとめ

LINEモバイルは、docomo回線でカウントフリーが特徴の格安SIM。

 

低速回線がない代わりにカウントフリーがあるのが特徴で、SNSやLINEを多く利用する方にはとても便利に使える格安SIMであると考えられます。

 

速度は今のところかなり速いですが、LINEモバイルはあくまでカウントフリーが魅力。

 

期待度の高さもあり、速度はユーザー数の増加でこれから遅くなる可能性がかなり高いです。

 

カウントフリーに魅力を感じる方は、ぜひLINEモバイルを契約してみてはいかがでしょうか。

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安スマホを『お徳に』使いたいなら比較しなきゃね!


au、docomo、Softbankといった大手キャリアのスマホは月7000円~8000円かかるのに対して格安スマホは月2000円以下から利用できます。

通話、通信をそれなりに使ってもせいぜい2500円!月額料金を1/3以下まで落とすことができます。

スマホ端末とセットで申し込めば、不安も一切なし!
説明書に従ってたった5分で設定できます。

回線もdocomoの回線なのでサクサクネットが使え、信頼性も高い!

当サイトでは「お徳」に「初めての人でも問題なく」格安スマホを利用できるように丁寧に説明しました。


TOP格安スマホを徹底比較!大手キャリア1/3以下の月額料金で契約しよう