イオンモバイルの詳細!口コミ、評判は??

イオンモバイルの詳細!口コミ、評判は??

イオンモバイルの詳細!口コミ、評判は??

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

イオンモバイルは、イオンで契約することができる格安SIMです。

 

ネットでの契約ももちろん可能ですが、全国のイオンの店頭で契約できるのが、その最大の特徴となっています。

 

即日MNPも可能で、格安SIMにこれから乗り換えたいと考えている方にはとてもおすすめの選択肢です。

 

 

イオンモバイルの月額料金

イオンモバイルの月額料金は、以下の通りです。

 

 

容量 データ 音声通話
500MB - 1180円
1GB 480円 1280 円
4GB 980円 1580 円
8GB 1980円 2680円
20GB 4980円 5980 円
30GB 6480円 6980円
40GB 7480円 7980円
50GB 10300円 10800円

 

参考URL:イオンモバイル

 

 

一番の特徴は、3GBプランの代わりに4GBプランが存在し、料金が他社の3GBプランと同価格帯に設定されていることでしょう。

 

IIJmioの場合は、データ900円、音声通話1600円で3GBの通信量を使うことができます。

 

ほぼ同じ値段で1GB多くなっているため、できるだけ安くたくさん使いたい人にはとても魅力的な選択肢が、イオンモバイルです。

 

 

イオンモバイルの特徴

イオンモバイルの特徴は、次の4点です。

 

  • イオンで契約ができる
  • 価格設定が安いプランがある
  • IP電話のかけ放題プランがある
  • 低速回線への切り替えが可能
  • 解約金が一切かからない

 

 

イオンで契約することができる

 

イオンは、元々IIJmioBIGLOBE SIMといった格安SIMを店頭で契約できる仕組みになっていました。

 

今もこれらの契約サービスは継続して行われていますが、自社の格安SIMとしてイオンモバイルもスタートさせたのが2016年初頭です。

 

イオンモバイルは、対象を格安SIM初心者に定めています。

 

イオンの店頭ではイオンモバイルでセット購入できる端末がたくさん展示されていて、実際に試すことができます。

 

格安SIMで使用できるSIMフリー端末は、基本的に大きな家電量販店でしか実際に触ることができませんよね。

 

しかし、イオンモバイルなら店頭で、スマホの実物や動作を確認できるのが便利です。

 

価格設定が安いプランがある

4GBプランという安価かつ容量の多いプランがあることも、イオンモバイルの魅力です。

 

イオンの4GBプランのデータSIMは980円〜、音声通話SIMは1580円で利用できます。

 

一般的にこの価格は他社MVNOでは3GBで利用できる価格です。

 

つまり、イオンモバイルの場合、標準的な価格で1GB分多く利用できるようになっているということです。

 

IP電話のかけ放題プランがある

 

イオンモバイルには「050かけ放題」というオプションがあります。

 

これは月額1500円でIP電話が24時間かけ放題というサービス。

 

通常の電話回線でなく、データ通信を使って通話をするIP電話であるため、品質では劣りますが、完全に通話がし放題となっています。

 

他社の場合は、IP電話でなく通常の電話である代わりに、かけ放題は5分や10分に制限されています。

 

関連記事:IP電話と格安電話の違いは??通話料金を安くする方法はこれだ!

 

低速回線への切り替えが可能

 

イオンモバイルには、回線速度の切り替え機能もあります。

 

マイページから切り替えをすることで、低速回線(200kbps)に切り替え、通信量を節約することができますよ。

 

ただし、低速回線の使用は直近3日間に月366MBまでに限られます。これを超えると速度が200kbpsをさらに下回ってしまいますので、注意しましょう。

 

解約金が一切かからない

イオンモバイルの特徴としては「解約金を一切設けていないこと」です。

 

一般的に音声通話SIMは半年~1年契約となっていて、期間内に契約解除した場合、ペナルティとして5000円~1万円程度の解約金を取られる野が一般的です。

 

それに対して、イオンモバイルは「解約金」を設定していません。

 

しかし、注意点もあり、イオンモバイルは解約金を設定していない代わりにMNP転出手数料に高額な費用がかかります。

 

詳しくは以下で記述する「デメリット」の部分で記載しました。

 

 

他社と比較したときの、イオンモバイルのデメリットは?

 

  • 専用のアプリがなく、ブラウザで速度の変更などを行う必要がある
  • 大容量プランの月額料金が高い
  • MNPをすると8000円転出手数料がかかる

 

専用のアプリがないためブラウザで速度の変更などを行う必要がある

 

イオンモバイルの利用における一番不便な点は、アプリがないことです。

 

アプリがないため、低速回線に切り替えたり、高速回線に戻したりする際にわざわざマイページを開かなければいけません。

 

今月の通信量の確認をするときにも、アプリがないためマイページを開く必要があります。

 

この点は面倒なので、改善が望まれますね。

 

大容量プランの月額料金が高い

 

大容量プラン(特に30GB以上)は、月額料金が高めです。

 

これには、キャリアが「ギガモンスター」などで大容量プランの値下げをしたため、価格設定がキャリアとあまり変わらなくなってしまったという経緯があります。

 

ソフトバンクのギガモンスターは30GBで8000円。

 

 

これに5分かけ放題(スマ放題ライト)などを追加すると10000円で、イオンモバイルの30GBプランとは2000円しか変わりません。

 

通話料なども考慮すると、これならキャリアでいいと感じてしまいますよね。こちらも、今後の値下げに期待しましょう。

 

参考URL:Softbank公式

 

MNPをすると8000円転出手数料がかかる

MNPというのはモバイルナンバーポータビリティの略で、MNPをすることで電話番号をそのままでスマホの乗り換えをすることができます。

 

一般的にMNP転出にかかるお金は3000円程度ですが、イオンモバイルの場合、契約180日以内にMNPをする場合8000円のMNP転出費用が掛かります。

 

音声通話SIMを変更するとなったら、一般的にはMNPをします。

 

つまりこのMNP転出手数料というのが「解約金」の代わりになっているということなので契約時には気を付けてください。

 

 

イオンモバイルの口コミ、評判

 

 

ツイッターからの口コミ・評判

 

イオンモバイルのネット上での口コミを紹介します。評判が気になる方は、ご覧ください。

 


 


 

速度や価格については、概ね好評な口コミが多かったです。

 

価格.comでの口コミ・評判

価格.comでの評判・口コミをまとめました。

 

速度・つながりやすさ

おおむね好評。

 

ただ、お昼などの混雑時には速度が遅くなることが稀にあるという口コミがあったので注意。

 

基本的には遅さを感じないという口コミが大半。

 

手続き・設定の簡単さ

イオン自体が最近SIM業界に新規参入したためか、手続きのもたつき、混雑が多いという評判が多かった。

 

中には手続きがスムーズにいかず、結果的に2度も店舗に足を運んだ人もいた。

 

現状ではまだ、店員が格安SIMの扱いに不慣れなので、手続きに時間がかかることが多々あるようだ。

 

サポート

プランの変更がWEBでは対応しておらず、電話でしか変更ができないので非常に不便という声が上がっている。

 

また、契約時にキャンペーンを適用させるには各オプション加入しなければならないといった口コミもあった。

 

イオンも参入したばかりなので、多少仕方ない面はあるにせよ、やはり格安SIMの対応にはもたついているようです。

 

総評

現状では、肯定的意見ばかりとはいかないようです。

 

格安SIMは基本的にどのMVNOも肯定的意見が多い中イオンモバイルは、割と否定的意見が目立った形となりました。

 

特に開通まで時間がかかるといった意見が目立ちました。

 

WEBでの契約であれば、開通に時間がかかるということはありえず、契約3~4日程度で(しかも不通の空白期間なしに)契約できるようになっているので、他社MVNOと比較すると不満が見れる状態であった。

 

まとめ

イオンモバイルの最大の魅力は、イオンの店頭で契約できること。

 

イオンは田舎にでもありますので、少なくとも他の格安SIMに比べて契約を店頭で行いやすい格安SIMがイオンモバイルです。

 

とはいえ、クチコミ・評判を見る限り、サポート面が追い付いていない印象です。

 

確かにわかりずらい格安スマホ・格安SIMについて定員さんに対面で効くことができるのはありがたいシステムですが、イオン自体、SIM業界に参入した手で肝心の店員さんがSIMについてよくわかっておらず不手際が目立つ印象です。

 

それに対して他社MVNOコールスタッフはイオンの店員さんよりは間違いなく知識があります。

 

対面で効けるというメリットですら現状、知識のない店員ばかりでデメリットが大きいのでイオンモバイルで申し込むのはさほどオススメはできないというのが当サイトでの意見となっています。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安スマホを『お徳に』使いたいなら比較しなきゃね!


au、docomo、Softbankといった大手キャリアのスマホは月7000円~8000円かかるのに対して格安スマホは月2000円以下から利用できます。

通話、通信をそれなりに使ってもせいぜい2500円!月額料金を1/3以下まで落とすことができます。

スマホ端末とセットで申し込めば、不安も一切なし!
説明書に従ってたった5分で設定できます。

回線もdocomoの回線なのでサクサクネットが使え、信頼性も高い!

当サイトでは「お徳」に「初めての人でも問題なく」格安スマホを利用できるように丁寧に説明しました。


TOP格安スマホを徹底比較!大手キャリア1/3以下の月額料金で契約しよう