もばいるくんの特徴、メリット・デメリット、料金は??

もばいるくんの特徴、メリット・デメリット、料金は??

もばいるくんの特徴、メリット・デメリット、料金は??

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

@もばいるくんはNTTの回線販売代理点の一つで株式会社ジェネスという企業が運営している企業です。

 

docomoの回線を使っており、月額料金は他社と比較すると標準程度の値段になっており更に
ポイント還元システムがしっかりしており、使わなかった分のデータをポイントとして還元され、月額料金を抑えることができるシステムになっています。

 

それでは@モバイルくんについて詳しく見ていきましょう。

 

 

 

もばいるくんの料金は??

 

もばいるくんの料金価格は以下のようになっています。

 

データプラン

 

 

音声通話プラン

 

 

 

月額934円から利用できるようになってます。
データプランは3ギガバイトから12ギガバイトまで幅広く選ぶことができ、更に、3G通信までそろっています。

 

それに対して、音声通話プランは500M/月プランと5GB/月プランの2パターン利用することができます。

 

普通のユーザーが音声通話プランを利用するのであれば、5GB/月一択ですね。

 

全体的な価格としてリーズナブルな価格になっています。

 

 

 

もばいるくんの特徴は??

 

 

 

  • 月額800円から音声通話プランを使うことができる
  • 500MB/500円で最大20GBまでチャージすることができる
  • 通信容量の繰り越しができる
  • ポイント還元制度が手厚い
  • 3G回線を使い放題のプランあり!
  • 口座振替での申し込みが可能

 

月額800円から音声通話プランを使うことができる

本来、音声通話プランは最低でも1000円以上はかかります。
それはどのMVNOでも同じです。

 

しかし、@モバイルくんの場合、音声通話プランを月額800円から利用できます。

 

ただし500MB/月という通信量なので、通話のみ利用すると割り切っている人に対しておすすめのプランとなります。

 

音声通話プランを使うのであれば、普通の人には5GB/月プランをおすすめします。

 

500MB/500円で最大20GBまでオートチャージすることができる

@もばいるくんは通信速度制限に引っかかったとしても500MB/500円で最大20GBまでチャージすることができます。

 

ただし、このチャージ料金は割安かというとそんなことはなく、大手キャリアと同じチャージ料金となっています。

 

例えば大手キャリアであるau、docomo、Softbankだと1000MB/1000円、2GB/2500円と相場的には大手キャリアと差がないのでモバイルくんの通信容量チャージが特別割安ではありません。

 

また、チャージ形式が「オートチャージ」となっており、残容量が1GBになった時点でSMSで通知されてようになっています。

 

通信容量の繰り越しができる

@モバイルくんは通信容量の繰り越しをすることができます。

 

他社でも通信容量の繰り越しが可能なMVNOはいくつかありますが、@モバイルくんは余った通信容量を翌月まで繰り越すことができます。

 

ただし、他社同様、翌々月まで繰り越すことはできません。

 

しかし、その分、@モバイルくんの格安SIMは消滅分の通信容量をポイントに交換して使うことができます。

 

ポイント還元制度が手厚い

 

上記でも触れた通り、モバイルくんは余ったデータ通信量を自動的に翌月に繰り越すことのできるシステムになっています。

 

しかしそれだけではなく、@モバイルくんは2種類のポイント還元システムが用意されています。

 

 

 

 

@使い切れなかったデータ容量をポイントへ

 

当月のデータ容量を全て使い切れなかった場合、それを翌月に繰り越すことができ、1GBあたり200@ポイントに変換することができます。

 

この200@ポイントは200円分として利用するか、1@ポイントを1MB分のデータ容量としてりようすることができます。

 

A使ったデータ容量をポイントへ

更にそれだけではなく、@モバイルくんの神髄は、使ったデータ容量をポイント化することができることにあります。

 

仮に1GB使ったら100@ポイントに還元されるシステムになっています。

 

つまり5GB/月プランで3GB使って2GB分翌々月までに持ち越した場合、3GB=300@ポイント、2GB=400@ポイントになるので、合計700@ポイント溜まるわけです。

 

これを現金化、もしくはデータ容量化すると700MBもしくは700円分の月額料金として使うことができます。

 

@もばいるくんのポイント還元制度は凄いサービスですね。。

 

3G回線を使い放題のプランあり!

3G回線とは一昔の世代の回線です。

 

現在のLTE回線が最大150Mbpsなのに対して3G回線の速度は理論値で14.4Mbpsです。

 

つまり理論値ではおよそ10倍も速度が異なるのです。

 

とはいえ、他社MVNOの使い放題プランは楽天モバイルのベーシックプラン(最大速度200Kbps)やその他MVNOの使い放題プランはせいぜい200~500Kbpsの速度です。

 

それと比較したら3G回線はだいぶ早い回線です。

 

普通に動画を再生してもストレスなく見れるだけの速度ではあります。

 

実質使い放題であるならば、それなりにお徳と言っていいんじゃないかなと思える速度です。

 

 

口座振替で契約可能

基本的にほとんどのMVNOがクレジットカードのみです。

 

口座振替で契約できるMVNOはBIGLOBE、インターリンクくらいです。

 

その他、MVNOは口座振替で契約することができません。

 

もばいるくんが向いてる人、向いていない人

 

 

もばいるくんが向いている人

 

  • その月によって利用する通信料にばらつきが多い方
  • 1000円以内の値段から音声通話プランを使い始めたい方

 

もばいるくんは、通信容量の繰り越しを翌月のみだけではなく、ずっと繰り越し可能で、しかも余ったデータ分をポイントに変えることもできます。

 

また、一般的に最低でも1000円はかかる音声通話プランを@モバイルくんでは、800円から利用することができます。

 

「MVNOを使ってみたいけど、まずは試しに安いプランから試してみたい」という方にはお勧めできますね。

 

もばいるくんが向いていない人

 

  • 知名度が高いMVNOを使いたい方

 

残念ながら@モバイルくんの知名度はかなり低いです。

 

知名度がある程度ない事業社は不安という方もおられると思います。

 

知名度の高いMVNOであれば、楽天モバイルmineoDMMモバイルiij mio当たりのMVNOをお勧めします。

 

詳しくはこちらで格安スマホの比較をしているので是非、こちらを見てください。

 

まとめ

@モバイルくんは全体的に見て、ポイント割引や特典に工夫が見られ、お徳に利用できるMVNOの一つです。

 

とはいえ、知名度がないためなかなか契約までのハードルが高いです。

 

当サイトでは知名度があり、格安スマホとのセットをお徳に契約できるとのことで楽天モバイルをオススメしているので是非確認してみてください。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安スマホを『お徳に』使いたいなら比較しなきゃね!


au、docomo、Softbankといった大手キャリアのスマホは月7000円~8000円かかるのに対して格安スマホは月2000円以下から利用できます。

通話、通信をそれなりに使ってもせいぜい2500円!月額料金を1/3以下まで落とすことができます。

スマホ端末とセットで申し込めば、不安も一切なし!
説明書に従ってたった5分で設定できます。

回線もdocomoの回線なのでサクサクネットが使え、信頼性も高い!

当サイトでは「お徳」に「初めての人でも問題なく」格安スマホを利用できるように丁寧に説明しました。


TOP格安スマホを徹底比較!大手キャリア1/3以下の月額料金で契約しよう