インターリンクLTEの特徴、メリット・デメリット、料金は??

インターリンクLTEの特徴、メリット・デメリット、料金は??

インターリンクLTEの特徴、メリット・デメリット、料金は??

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

 

 

 

インターリンクLTEの料金は??

 

インターリンクLTEのSIMカードの値段は以下のようになっています。

 

(*インターリンクは音声通話プランがありません。)

 

データプラン

 

 

128kbpsで使い放題プラン

1GBまで高速プラン

2GBまで高速プラン

3GBまで高速プラン

月額通信容量

なし

1GB/月

2GB/月

3GB/月

月額費用

1,080円

1,458円

1,566円

1,728円

初期費用

3,240円

3,240円

3,240円

3,240円

最大速度

128kbps

150Mbps

150Mbps

150Mbps

解約料金

なし

なし

なし

なし

最低継続期間

なし

なし

なし

なし

パケットチャージ

無制限/540円

無制限/540円~

無制限/540円

無制限/540円~

通信量制限

なし

366Mb/3日

366Mb/3日

366Mb/3日

回線

docomo

docomo

docomo

docomo

 

インターリンクは音声通話プランがなく、これらはデータ通信プランです。
データ通信プランとしてはやや高めの値段となっています。

 

 

 

 

インターリンクLTEの特徴は??

 

  • 固定IPアドレスの回線が使える
  • 24時間速度制限解除クーポンあり
  • データ繰り越し可能
  • 口座振替可能

 

という特徴があります。
それでは一つ一つ見ていきましょう。

 

固定IPアドレスが使える

 

インターリンクはレンタルサーバーやドメイン事業を中心として展開している会社です。

 

プロバイダよりのインターネット回線事業中心というよりもサーバー系の会社ですね。

 

その色が出ているのか、通信SIMには必ず固定IPアドレスがついているという特徴があります。

 

固定IPアドレスを簡単に説明すると、IPアドレスはネット上の住所みたいなもので、一般的なネット回線は一度切断して再度接続しなおすとIPアドレスが変わってしまうようにできています。

 

しかし、固定IPアドレスは、IPアドレスが変わりません。

 

例えば、外から自宅にある自分のパソコンをツールを使って遠隔操作をする際に、IPアドレスが変わってしまっては接続ができなくなってしまいます。

 

そこで、固定IPを使えば、再接続してもIPアドレスが変わらないため、いつでもアクセスできます。

 

 

 

 

その他に固定IPはどんな用途に使えるのか??

 

 

固定IPを使うメリットは自宅のサーバーを公開したり、自分のパソコンをリモートデスクトップで操作したり、WEBカメラで自宅の防犯対策ができることです。

 

また、社内のネットへのアクセスを特定IPのみに限定するときなどに固定IPアドレスは使えます。

 

一般の方が普通に使う格安SIMではなくて、固定IPアドレスが欲しい人に向いている格安SIMだといえます。

 

24時間速度制限解除クーポンあり

もし月の速度制限を使い切ってしまったとしても、区24時間速度制限解除クーポンを540円で購入すれば24時間の間、速度制限が解除されます。

 

速度制限時は128Kbpsに制限されてしまうので、いざという時に便利です。

 

データ繰り越し可能

インターリンクに限らず、データを繰り越しできる格安SIMはあります。

 

インターリンクもその一つで、当月データが余った場合、残りのデータ容量を翌月松まで繰り越すことができます。

 

翌々月になったら繰り越しデータがなくなってしまいますが、再び先月分を繰り越すことができるので使いすぎる月があっても問題ありません。

 

 

 

口座振替可能

インターリンクの格安SIMは口座振替で契約することができます。

 

他に口座振替に対応しているのは、BIGLOBEくらいです。

 

ほとんどのMVNOが口座振替に対応していないので、口座振替に対応している数少ないMVNOと言えます。

 

インターリンクのデメリットは??

 

  • 一般的に利用する方にとっては割高
  • 音声通話プランがない

 

 

一般的に利用する方にとっては割高

固定IPアドレスが不要な方にとってはインターリンクの格安SIはやや高いです。

 

同じデータ通信プランの場合、他社MVNOだと3GB/月プランの場合、せいぜい900円/円です。

 

それと比較したらインターリンクは他社よりも1.5倍程度価格が高くなっています。

 

 

音声通話プランがない

インターリンクは音声通話プランがなく、データプランのみの取り扱いとなっています。

 

格安スマホ、格安SIMをメインに利用する人の大半は音声通話SIMを利用すると思います。

 

その点でインターリンクの格安SIMはやや大衆向けのSIMではないのかなというのが本音です。

 

どういった方に向いている??

インターリンクの格安SIMは使う人を選びます。

 

  • 固定IPが必要な特別な事情がある人
  • 法人で契約する人

 

このあたりの方がインターリンクの格安SIMをつ利用するのに向いています。

 

例えば、会社内で厳しい守秘義務があり社内のパソコンを遠隔操作するときは、固定IPのみ受け付けたい場合など、社内セキュリティの向上に役に立ちます。

 

どちらにしても普通の人が普通に利用する格安SIMではなくて、法人契約などする際に役に立つ格安SIMです。

 

まとめ

決して普通の人が普通に利用するようなSIMではありませんが、極一部の固定IPアドレスが必要な方にとってはありがたい格安SIMとなっています。

 

固定IPアドレスが使えるのはインターリンクとASAHIネットくらいなので、希少性の高いMVNOと言えます。

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安スマホを『お徳に』使いたいなら比較しなきゃね!


au、docomo、Softbankといった大手キャリアのスマホは月7000円~8000円かかるのに対して格安スマホは月2000円以下から利用できます。

通話、通信をそれなりに使ってもせいぜい2500円!月額料金を1/3以下まで落とすことができます。

スマホ端末とセットで申し込めば、不安も一切なし!
説明書に従ってたった5分で設定できます。

回線もdocomoの回線なのでサクサクネットが使え、信頼性も高い!

当サイトでは「お徳」に「初めての人でも問題なく」格安スマホを利用できるように丁寧に説明しました。


TOP格安スマホを徹底比較!大手キャリア1/3以下の月額料金で契約しよう