iij mioの速度は速い!?みおふぉんの評判を徹底解説!

格安スマホと格安SIMを徹底比較!!おすすめを矢澤シムが解説します

iij mioの速度は速い!?みおふぉんの詳細と評判を徹底解説!

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

IIj mioは株式会社インターネットイニシアティブという会社が運営しています。東証一部上場もしており、インターネット接続サービスを中心に取り扱っている会社です。

 

iij mioは老舗のMVNOサービスとして業界のシェア№2を誇るMVNOサービス業界ではOCNモバイルに次ぐ有力企業となっています。iij mioの特徴としては、「信頼性」、「回線の速度の安定さ」のこ2つに関して他社を大きく離しています。それではiij mioについて詳しく知るために具体的に特徴を見ていきましょう。

 

IIj mioのsimカードの料金は??

料金は以下の通りです。

 

通話プラン

月額容量

月額費用

速度

ミニマムスタート【データ】

3G

900円

225Mbps/50Mbps

ライトスタート【データ】

5G

1520円

225Mbps/50Mbps

ファミリーシェアプラン【データ】

10G

2560円

225Mbps/50Mbps

ミニマムスタート【SMS】

3GB

1040円

225Mbps/50Mbps

ライトスタート【SMS】

6GB

1660円

225Mbps/50Mbps

ファミリーシェア【SMS】

10GB

2700円

225Mbps/50Mbps

ミニマムスタート【音声】

3G

1600円

225Mbps/50Mbps

ライトスタート【音声】

5G

2220円

225Mbps/50Mbps

ファミリーシェア【音声】

10G

3260円

225Mbps/50Mbps

 

 

 

 

IIj mioの特徴は?

iij mioの特徴について詳しく解説していこうと思います。

 

家族で通信量をシェアできる「ファミリーシェアプラン」あり!

 

家族全員でみおふぉんへ乗り換えてデータ量を家族でシェアすることが可能。
例えば、10GBプランを家族3人で利用することもできます。
親回線からデータ利用量の確認ができるため、親が子供のネットの使い過ぎを防止することもできるわけです。

 

 

ファミリー通話割引&みおフォンダイアルで通話量削減

みおふぉんは家族間の割引と、一般通話の割引の2つがあります。

 

ファミリー通話割引

ファミリーシェアプランに家族全員で乗り換えすれば、家族同士の通話が20%割引されrます。

 

みおふぉんダイヤルで50%オフ

「みおふぉんダイヤル」を使えば、本来20秒/30円の通話料金を10秒/30円にすることができます。

 

みおふぉんダイヤルはめんどくさいことは特になく、相手の番号の頭に「0037-691」を使えるだけです。

 

これだけで、通話料が半額になります。

 

ファミリー通話割引&みおふぉんダイヤル合わせて60%引き

両方組み合わせて家族の通話料が60%オフになります。

 

みおふぉんダイヤルの口コミはどうなのか??

みおふぉんダイヤルの口コミをgoogleアプリの口コミ一覧から確認したところ、「通話後になぜか電話を切ることができない」という口コミが非常に多いです。

 

また、番号を押しても反応するまでに時間がかかるといった悪評がいくつかありました。

 

口コミを見る限り「満足」と行った意見があるものの7割くらいがクレームのような口コミでした。

 

ただ、こういった通話アプリは他社MVNOでも同じですが、一般通話より口コミが悪いのが定番になっています。

 

みおふぉんダイヤルの場合、申し込み不要で専用アプリをダウンロードすれば有料課金なしで利用できるので、まずは一度使ってみてから今後も使うかを判断すればいいと思います。

 

 

余ったデータは翌日繰り越せる

 

 

みおふぉんは今月、余ったデータ量を翌月に繰り越すことができます。
例えば、3GB/月プランを使っていたとして、今月2GB利用したとしたら来月は1GB繰り越して4GB利用することができます。
ただし、今月余ったデータ量を「翌々月」に繰り越すことはできません。あくまで1カ月のみです。

 

 

 

「実質速度」が早いことで有名

一般的にSIMカードのスペックに表記されている速度はあくまでも「理想値」といわれています。ベストエフォートといいまして、「理論上この速度を出すことは可能ですが、この速度が出ることは保証していません」ということです。

 

例えば、下り150Mbpsの速度のSIMカードがあったとしても、必ずしも150Mbpsの速度が出るわけではなく、実際は良くてもせいぜい10Mbpsくらいです。
(ベストエフォート方式の記載は光回線、モバイル系業界であるならどこも行っていることなので別に悪いことではない)

 

その点、iij mioのSIMカードは「実測値が速い」といわれております。
意外とSIMカードは販売会社によって速度が異なったりします。特にiij mioは速度面で非常に良い評判を聞きます。
実測値の速さ的にiij mioで悪い評判を聞いたことがないので、自信をもってオススメできるサービスの一つです。

 

 

 

信頼性が高い

iij mio が昔からMVNOサービスをやっていた老舗企業となっています。
それゆえ、信頼性が高く、現在業界№2に位置付けているのも頷けます。(1位はOCNモバイル)

 

また、2016年3月のMMD研究所(Mobile Marketing DATA LABO)の1100人に対するアンケートでは満足度が81%を記録し、

 

全MVNOの中で一番高い数値になりました。(2位はmineo、3位がOCNモバイル、楽天mobile、BIGLOBE SIM)

 

参照:MMD研究所

 

 

バースト機能が使える

 

バースト機能を使うと、通信初期は速度が速くなります。
つまり、速度制限に引っかかった時でも、最初の数十秒の読み込みが速くなるので、ネットサーフィンをサクサクすることができます。

 

他社よりも最大通信速度が速い

他社はおおよそ、下り150Mbps/上り50Mbpsの速度ですが、みおふぉん(IIj mio)の場合は下り225Mbps/上り50Mbpsの速度になっています。

 

ただし、これはベストエフォートと言って、あくまで理想値なのでどこまでが参考になるかわかりかねる部分はありますが、少なくとも他社の回線より遅いということはないです。

 

 

iijクーポンスイッチ(みおぽん)で計画的に使って通信制限と無縁になれる!

高速通信を使いたいときはオンに、節約したいときは低速通信(最大200Kbps)に切り替えることによってクーポンを効率的に使うことができます。

 

通信制限に引っかかってしまいがちな人はみおぽんで計画的に通信容量を使いましょう。

 

 

iij mioのデメリット

 

プランが少ない

3GB、5GB、10GBのデータプランと音声プランしかありません。

 

他社のMVNOサービスの場合、無制限プランがあったり、通話無料サービスがあったりします。

 

そこで一つ解決案があり、実はDMMモバイルはiij mioの設備を使って今るためDMMモバイルの通信環境はiij mioと比べて大差がありません。

 

それでいて、DMMモバイルはiij mioよりも安く、プランも豊富です。

 

iij mioの代替案としてDMMモバイルを利用するのも選択肢の一つですね。

 

 

解約金が特殊

 

これはデメリットともいえますし、メリットともいえます。

 

みぽふぉんは  (12ヶ月-利用月数) ×1000円を解約金と設定しています。
つまりどういうことかというと、仮に2~3ヶ月しかみおふぉんのSIMカード
を利用しなかったとしたら、解約料金が1万円程度かかってしまうわけです。

 

逆に1年くらいみおふぉんを使うと解約金ほぼ0でスムーズに解約できます。

 

もし仮に利用0ヶ月で解約したら1万2000円も取られるのであえてデメリット
にしましたが、一般的にはSIMカードの契約期間外は8000円程度取られます。

 

とりあえず4ヶ月利用すれば、8000円より安くなるので長期利用する人にとって
みおふぉんはありがたいシステムになっていますね。

 

 

 

 

iij mio の口コミ、評判は??

iij mioの口コミを価格.comで調査してみました。

 

良い口コミ

  • 速度が十分出ていて申し分がない
  • iij mioのツイッターやブログで情報提供を頻繁に素早く提供してくれるのでありがたい
  • サポートが丁寧
  • 大手キャリアと比較して安くなったので良かった
  • 繰り越しがあるのでお得感がある

 

悪い口コミ

  • もっと安いプランがあればなおよし
  • 田舎だと通話品質が悪い

 

クチコミ総評

全体的に悪い口コミが思った以上に少なかったです。
どの口コミを見ても「つながりやすい」「価格が安い」「お得」といいう声ばかりで、非常に評判がいいのがこのiij mio。

 

ただ、月1GBも使わないライトユーザーの方も多く、そういう方にとっては3GB/月からのプランしかないのはどうかなという感じです。事実口コミにもプランの幅の狭さについて多少意見がありました。
全体的に大好評でした。

 

 

iij mioで購入できる格安スマホ

iij mioで購入できる格安スマホを紹介します。

 

利用可能端末一覧

合計価格

月額料金

ZenFone 2 Laster

27,800円

1,250円/月×24

arrows M02~

29800円

1,300円×24

HUAWEI P8lite

28,600円

1,280円×24

 

iij mioで契約できるオススメ格安スマホ

 

【arrows M02】壊れにくく、頑丈なスマホを使うなら

非常に頑丈にできており、携帯性、通話音質などの質も高い。
価格.comの総合満足度では4.55点という超高得点をたたき出す優秀な格安スマホ。
悪い口コミも見当たらない。しいて言うならデフォルトのメニューが使いづらいが自分でアプリを入れれば問題なし。

 

ただし、

 

 

【P8lite】8つのCPUを持つ優秀なスマホ

オクタコアといってCPUを8つもっているため処理能力が速い。

 

オクタコアとは??格安スマホのCPU、スペック比較の仕方とは??

 

3万円以内で買えるスマホとしてはトップレベル。
ただし電池持ちが若干悪い。頻繁にネットやアプリを利用する人には処理能力の観点でオススメ。

 

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安スマホを『お徳に』使いたいなら比較しなきゃね!

au、docomo、Softbankといった大手キャリアのスマホは月7000円~8000円かかるのに対して格安スマホは月2000円以下から利用できます。

通話、通信をそれなりに使ってもせいぜい2500円!月額料金を1/3以下まで落とすことができます。

スマホ端末とセットで申し込めば、不安も一切なし!
説明書に従ってたった5分で設定できます。

回線もdocomoの回線なのでサクサクネットが使え、信頼性も高い!

当サイトでは「お徳」に「初めての人でも問題なく」格安スマホを利用できるように丁寧に説明しました。

TOP格安スマホを徹底比較!大手キャリア1/3以下の月額料金で契約しよう