mineoを徹底解説!評判、クチコミ、MNPの仕方などmineoを分析してみた。

格安スマホと格安SIMを徹底比較!!おすすめを矢澤シムが解説します

mineoを徹底解説!評判、口コミ、速度面などmineoを分析してみた。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

mineoは関西の電気通信事業者として関西地方で知名度が高いケイ・オプティコムという会社が運営している事業名です。

 

ケイ・オプティコムはSIMカード販売の他に、光ファイバー回線の販売もしていて、関西ではNTT西と熾烈な争いをしています。

 

なお、mineoはauとdocomoどちらにも対応しています。

 

mineoの料金は??

mineoはdocomo回線、au回線どちらもあり、月額料金も微妙に異なるので別々に分けて紹介します。

 

au回線の月額料金【プランA】

 

 

 

月額料金【データ】

月額料金【通話】

通信速度

500MBプラン

700円

1310円

150Mbps

1GBプラン

800円

1410円

150Mbps

3GBプラン

900円

1510円

150Mbps

5GBプラン

1580円

2190円

150Mbps

10GBプラン

2520円

3130円

150Mbps

 

 

docomo回線の月額料金【プランD】

 

月額料金【データ】

月額料金【通話】

通信速度

500MBプラン

700円

1400円

150Mbps

1GBプラン

800円

1500円

150Mbps

3GBプラン

900円

1600円

150Mbps

5GBプラン

1580円

2280円

150Mbps

10GBプラン

2520円

3220円

150Mbps

 

 

 

 

 

mineoの特徴は

 

  • チャットで購入前も購入後も質問できる
  • 月500MBから利用できる
  • lalacallを使って通話料を安くすることができる
  • 余った通信容量は来月に回すことができる
  • MNPをしなければ解約料金はかからない
  • データ容量節約アプリを使って通信量を節約することも可能
  • データ容量を使い切った後の規制がゆるい!最大200Kbpsの速度!

 

 

 

朝9時30分から夜20時30分まで、気軽に

チャットで購入前も購入後も質問できる

質問できます。
質問が終わったらいちいちアンケートと評価のメッセージが来るので
それがめんどくさいですが、無理して答えなくても大丈夫です

 

このチャットは購入前だけではなく購入後もできるので、
購入前に疑問を解決できた安心感と、購入後にわからない部分の
質問をすることができます。

 

auとdocomo用どちらの回線もある

mineo最大のメリットはauとdocomoの回線、両方利用することができるという部分です。
どのMVNOサービスも基本的にdocomoの回線を利用しています。そのためdocomo以外の携帯電話(ソフトバンク、au)を使っていたユーザーは、格安SIMを使う際に
端末をSIMフリー端末か、docomo製の端末を購入するしかSIMカードを利用する手段はありませんでした。

 

しかし、現在はauで利用できるMVNOサービスであるmineoとUQモバイルの2社が登場して今まで利用できなかったau回線が使えるようになったのでauユーザーがauを解約して今まで利用していた端末にSIMカードを挿して利用することができるようになったというわけです。

 

 

 

月500MBから利用できる

mineoのSIMカードが使いやすいか購入してみないとわかりません。
そこで、データプラン(通話はできない)の月500MBのSIMカードから
試してみるのはどうでしょうか??

 

試してみて「いいな!」と思ったら通話SIMプランに変更すれば良いのです。
実はmineo側もその使い方を望んでいるとmineoの社長さんがインタビューで
おっしゃっていました。

 

「お客様に使ってもらってから、本当に良かったらプランをより良いものに
変えてもらう、そうすればウチにも利益が出るしお客様も気持ち良く安心して
使える」そうおっしゃってましたね。

 

lalacallを使って通話料を安くすることができる


mineoの通話SIMプランを使えば「LaLaCall」という有料アプリをタダで
使うことができます。
LaLaCalを使えば、固定電話への通話料が8円/3分、携帯電話の通話料が
18円/1分で使うことができます。

 

一般的に通話SIMでの通話は20円/30秒くらいの価格です。
賢いあなたにはこの値段の凄さがわかると思います。

 

余った通信容量は来月に回すことができる


余った通信容量を来月に回すことができるシステムがmineoにはあります。
つまり、月額3GBプランを申し込んで、その月に2GBしか使わなかったら
それを来月に回すことができるのです。

 

つまり来月は4GB使うことができるというわけですね!

 

MNPをしなければ解約料金はかからない

基本的にmineoは通話SIMプランであっても解約料金はかかりません。
その代わり、本来MNP手数料が3000円かかるところmineoは1年以内の
MNP(電話番号そのままでSIMカード乗り換え)をする場合に限り
12400円取ります。
これはデメリットの部分が強い気もしますが、MNPをしなければ、
解約料もかからないわけです。

 

データ容量節約アプリを使って通信量を節約することも可能


「mineoスイッチ」と呼ばれているのですが、このスイッチを入れると
最大通信速度が200Kbpsまで落ちます。

 

 

mineoスイッチを使えば無駄に通信容量を消費せず節約することができます。
動画を見るには少しキツく、画像表示もものすごく遅いですが
LINEなどの簡単なメッセージのやりとり、メールを送信、受信する程度
なら充分です。

 

 

データ容量を使い切った後の規制がゆるい!最大200Kbpsの速度!

 

本来、月額の通信容量を使い切った時、規制がかかったら速度が128Kbpsまで
落ちるのですが、mineoの場合は最大速度が200Kbpsになります。

 

パッと見の数字でお分かりの通り、例え規制に引っかかってもmineoの方が
速度が速いです。

 

とはいえ、200Kbpsは動画や画像などをサクサク見ることができる数値ではありませんが他社のSIMカードの通信規制に引っかかった場合よりもはるかにマシです。

 

mineoの回線は速いのか??

今回は、Twitterの口コミからmineoが速いのかどうか確認しました。

 

 

 

 

 

Twitter上のmineoの速度に関するクチコミを見る限り

 

  • 割と使える速度
  • キャリア(au、docomo、Softbank)よりは遅い
  • 時間帯によっては遅い

 

といった口コミが見られました。

 

元々、それなりに評判が良かったmineoですが、評判が良い故に利用者が増加してしまい、ここ最近やや速度が低下気味になっているようです。

 

私が利用している限り、そこまで遅くは感じませんがやはりお昼頃は少し遅めの速度になることは多々あります。

 

mineoのデメリット

 

mineoのデメリットはMNP転出(電話番号そのままで他のSIMカードに変更)
をする場合に本来なら3000円のところ、
12400円かかります。

ただ、その代わりmineoは通話SIMの解約料金を一切課していません。
つまり解約料金を課さない代わりに本来のMNP転出の相場である3000円に
9400円円上乗せしているということです。

 

電話番号が変わってもいいという人は解約料金がかかることもありません。
しかし、基本的に解約して他のSIMカードを使う場合、電話番号を変えてもいいという人は
ほとんどいないと思います。

 

連絡先変更したのをわざわざメールなどで伝えなければいけなくなりますからね。
ですから、実質このMNP124000円は解約料金と捉えるといいと思います。

 

 

mineoの口コミ、評判は??

肯定的な口コミ

  • サポートの対応が良い
  • auのスマホ端末で利用できるのでありがたい
  • 通信量繰り越し機能が便利
  • サポートがチャット形式で非常に使いやすい

 

 

否定的な口コミ

  • お昼の時間はつながりにくい
  • 大手キャリアの回線よりはつながりにくい

 

口コミ総評

全体的な口コミとして一貫していたのが、「お昼の時間帯はネットが繋がりにくくて困る」ということでした。
その点のみネックになるでしょう。それ以外は「サポートの対応が速い」「通信量の繰り越しができるので助かる」のような肯定的な意見がほとんどでした。
また、auの端末をお持ちの方もmineoはau回線が利用できるという点においても評判が高かったですね。

 

契約前の注意点

mineoは契約前に「エントリーコードをお持ちの客様」という欄があり、「エントリーコードとは何ぞや?」と思った方もいるかもしれません。
エントリーコードはmineoを契約するときにかかる初期費用3000円を割引してくれる特典です。

 

どのようにして手に入れるのかというと、ネットで購入することができます。

 

 

楽天だと高いですね。
amazonnだと498円で購入することができるので、エントリーコードが到着次第、コードナンバーを入力すれば契約するときに3000円割引することができます。

 

契約までの順番は??

実際にmineoを申し込みしてから利用できるようになるまで、一通りの順番を簡略して書いていきます。

 

契約から利用するまでのの一連の流れは濃いtらで詳しく書きましたので是非、参考にしてください。

 

mineoの申込から端末にSIMを挿すまで徹底解説

 

 

①エントリーコードの申し込み(これは任意で。割引したい方はamazonで購入してください。)

 

 

 

コチラがエントリーコードが書かれたパッケージです。
冊子を開くとエントリーコードがかかれているのでmineoの公式ページに行って申し込みをします。
上記にも記載しましたが、エントリーコードは初期費用を割引するもので、「3000円くらいパパッと払いよ」という方はそのままmineoの公式ページから契約しちゃっておOKです。

 

②mineoの公式HPに行き、申し込みをする

 

 

こちらの公式HPから順番に記入していきます。
詳しくは「mineoの申込から端末にSIMを挿すまで徹底解説」をご覧ください。

 

③mineoの格安SIMが到着

 

 

あとは他社MVNOと同じようにSIMカードを取り出し、スマホにSIMをはめて利用します。
スマホにSIMを挿したらあとはAPN設定をすれば完了です。

 

以上がmineoを契約してから利用するまでの順番になります。

 

mineoで購入できる格安スマホは??

mineoで購入できる格安スマホ端末は以下のようになります。

auプラン(au回線)の格安スマホ

 

利用可能端末一覧

合計価格

月額料金×24カ月

arrows M02

32,400円

1350円×24

LUCE KCP01K

33600円

1100円×24

DIGNO M KYL22

48000円

1600円×24

AQUOS SERIE SHL25

75600円

2100円×24

 

docomo回線の格安スマホ

利用可能端末一覧

合計価格

月額料金×24カ月

arrows M02

32,400円

1350円×24

 

 

オススメの格安スマホ端末は??

mineoのオススメ格安スマホですが、SIMと同時に購入できるスマホのラインナップを見る限り一番オススメなのは、arrows M02です。

 

【arrows M02】耐久性の高い頑丈なスマホ

mineoで格安スマホを買うならこれ一択です。
耐久性が高く、雪山、海のビーチ、サイクリングなどに持ち込んでもそう簡単に故障することはなく、デザイン性も良く高級感があるスマホです。
総合満足度でもぶっちぎりの高評価を得ており価格帯も3万円前後という価格で購入できます。
更に、au、docomoどちらにも対応しておりVoLTEにも対応しています。

 

 

 

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安スマホを『お徳に』使いたいなら比較しなきゃね!

au、docomo、Softbankといった大手キャリアのスマホは月7000円~8000円かかるのに対して格安スマホは月2000円以下から利用できます。

通話、通信をそれなりに使ってもせいぜい2500円!月額料金を1/3以下まで落とすことができます。

スマホ端末とセットで申し込めば、不安も一切なし!
説明書に従ってたった5分で設定できます。

回線もdocomoの回線なのでサクサクネットが使え、信頼性も高い!

当サイトでは「お徳」に「初めての人でも問題なく」格安スマホを利用できるように丁寧に説明しました。

TOP格安スマホを徹底比較!大手キャリア1/3以下の月額料金で契約しよう