楽天モバイルでarrows M03の契約??M03の口コミ、評判は??

楽天モバイルでarrows M03の契約??M03の口コミ、評判は??

楽天モバイルでarrows M03の契約??M03の口コミ、評判は??

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

前作の防水機能やおおサイフ機能を搭載していたハイスペック端末arrows M02に引き続いてarrows M03が出ました。
前作の評判は非常に高かったですが、今回はどうなのでしょうか??

 

今回、徹底レビューしてみました。

 

楽天モバイルの詳細を確認する

 

arrows M03のスペックは??

外形寸法

約144mm×72mm×7.8mm

質量

約141g

連続通話時間

770分

バッテリー充電時間

約150分

バッテリー容量

2580mAh

ディスプレイ

約5.0インチHD IPS液晶(720×1280)

メモリ

ROM:16GB/RAM:2GB

通信

LTE:Band1/3/8/19/26

3G:Band1/5/6/8/19

GSM:850MHz、900MHz、1800MHz、1900MHz

SIMサイズ

nanoSIM対応

WiFi/テザリング

IEEE802.11a/b/g/n

 

上記がarrows M03のスペックになります。

 

arrows M03の特徴は??

 

 

バッテリー容量

バッテリー容量が2580mAhあり、富士通のHPでは「3日間持つ」とされています。
しかしバッテリー量としてはそこそこ持つ方ではありますが、経験上、流石に3日間は持たないと思います。

 

ただし、前作M02を持っており、M02は2330mAの電池容量で丸2日は持っていたので、バッテリーとしてはそれなりに持ちが良いと思って頂いても大丈夫です、

 

 

カメラ

カメラはアウトカメラが1310万画素、インカメが500万画素とそこそこの水準のカメラとなっています。
まだ発売されていないので試すことはできませんが、前作のカメラの性能を見る限り、M03のカメラも期待できます。

 

 

防水、防塵性の高さ

前作のM02同様に米国国防早朝が定めたMIL規格に14項目を満たしています。
様々な耐久試験をクリアしているので、かなり頑丈に作られています。

 

耐衝撃に強く作られているのでスノーボードやスポーツをするときにポケットに入れても故障する心配がなく利用できます。

 

 

arrows M02とarrows M03の違いは??

 

端末名

arrows M03

arrows M02

外形寸法(H×W×D)

約144mm×72mm×7.8mm

約141mm×68.9mm×8.9mm

質量

約141g

約149g

連続通話時間

770分

約700分

CPU

1.2GHzクアッドコア

1.2GHzクアッドコア

バッテリー充電時間

約150分

約140分

バッテリー容量

2580mAh

2330mAh

ディスプレイ

約5.0インチHD IPS液晶(720×1280)

約5.0インチHD有機EL(720×1280)

メモリ

ROM:16GB/RAM:2GB

ROM:16GB/RAM:2GB

SIMサイズ

nanoSIM対応

nanoSIM対応

WiFi/テザリング

IEEE802.11a/b/g/n

IEEE802.11b/g/n

 

サイズ&重さ

縦横の幅が少し大きくなって奥行の深さが身近くなりました。
M02よりも若干軽量化されています。

 

前作M02は見た目とは裏腹に軽かったので、今回は画面が広く更に軽量化される模様です。

 

バッテリー

バッテリーはM02と比較して2330mAh⇒2580mAhとバッテリーが増量しました。
このバッテリーが増量したぶん連続通話時間が700分⇒770分に増えました。

 

更にバッテリー容量が増えたにもかかわらず充電時間は150分⇒140分まで下がりました。

 

一般的に2~3万円台のスマホ端末は2000mAh前後のバッテリー容量が一般的なので、平均レベルよりも少し上のバッテリー容量となっています。

 

CPU・メモリ

CPUは以前のM02と変わらず1.2GHzのクアッドコアです。

 

クアッドコアとは4つのCPUコアがある端末となっており、この価格帯では平均値です。
安い端末だとデュアルコアと言ってCPUコアが2つ、ハイスペック端末になるとCPUコアが8つあるオクタコアのスマホ端末となります。
2~3万円で帰る端末としては標準レベルのCPUとなっています。

 

メモリも前作同様、ROM/RAM=16GB/2GBとなっています。
ROMはスマホ端末に入るデータ容量での値が大きいほど動画や画像、アプリが保存できるようになっています。
RAMは一度に開いておけるデータ容量です。
この値が大きければ色んなコンテンツを開いておけるキャパシティが広がります。(例えばYoutubeを開きつつTwitterを開く、のように)

 

M03は前作と同様のメモリになっています。

 

 

ディスプレイ

ディスプレイの大きさは5.0インチと相変わらずやや大きめの画面になっています。

 

5インチはこのくらいの大きさになっています。

 

 

参照:androidnavi

 

左から3.6インチ/4.0インチ/4.6インチ/5.3インチですね。

 

まt、ディスプレイの画面素材かがHD液晶からIPS液晶に変わりました。
IPS液晶はHD液晶と異なり、角度によって見栄えが変わることがありません。
色合いが良く、画質が凄まじく綺麗なのが特徴です。

 

 

以上が前作、arrows M02とM03の違いになります。

 

現在、まだarrows M03は販売前で口コミが全く上がっていない状況なので、口コミが上がり次第追記していこうと思います。

 

楽天モバイルで契約!

 

楽天モバイルは格安スマホと格安SIMセットで290800円で購入できます。
また、コミコミプランLというプランでは、5分間かけ放題オプションに月4GB利用できるプランを合わせて月額2980円で利用することができます。

 

価格:29800円

 

楽天モバイルの詳細はこちらに書きました。

 

参照:楽天モバイルの口コミは??キャンペーンが豊富!徹底レビューをしてみた。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安スマホを『お徳に』使いたいなら比較しなきゃね!


au、docomo、Softbankといった大手キャリアのスマホは月7000円~8000円かかるのに対して格安スマホは月2000円以下から利用できます。

通話、通信をそれなりに使ってもせいぜい2500円!月額料金を1/3以下まで落とすことができます。

スマホ端末とセットで申し込めば、不安も一切なし!
説明書に従ってたった5分で設定できます。

回線もdocomoの回線なのでサクサクネットが使え、信頼性も高い!

当サイトでは「お徳」に「初めての人でも問題なく」格安スマホを利用できるように丁寧に説明しました。


TOP格安スマホを徹底比較!大手キャリア1/3以下の月額料金で契約しよう