楽天モバイルでP9liteの契約!P9liteの口コミ、評判は?

楽天モバイルでP9liteの契約!P9liteの口コミ、評判は?

楽天モバイルでP9liteの契約!P9liteの口コミ、評判は?

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

楽天モバイルをはじめ、他社MVNOでも続々と販売され始めているP9lite。
前作好評だったP9liteと比較してどうなのでしょう??

 

今回はP9liteについて徹底的に口コミ、評判を調査していこうと思います。

 

楽天モバイルの詳細

 

P9litのスペックは??

サイズ H146.8×W72.6×D7.5
重さ 147g
CPU オクタコア(4×2GHz、4×1.7GHz)
バッテリー 3000mAh
ディスプレイ 5.2インチ
カメラ メイン:1300万画素、インカメら:800万画素
メモリ RAM/ROM=2GB/16GB
対応バンド

FDD-LTE : B1/3/5/7/8/19/28
TDD-LTE : B40
W-CDMA : B1/5/6/8/19

 

以上がP9liteのスペックとなっています。

 

 

P9liteの特徴は??

P9liteの特徴について書いていきます。

 

CPUはオクタコアの4×2GHz、4×1.7GHz

P9liteはCPUtがオクタコアでkirin650というCPUを使っています。
CPUはスマホの「脳」とも言える部分で、CPUがオクタコアということは8個脳があるようなものです。

 

通常、平均的な格安スマホはせいぜいクアッドコア(4つのコア)が良いところで3万円台で8つコアを持つP9liteはハイスペックと言えます。

 

また、ここ最近のミドルクラスの格安スマホは1.2GHz~1.3GHzです。
それに対してP9liteは4×2GHz、4×1.7GHzという数値なので、よりハイスペックになっています。

 

ベンチマークテスト

他社のノーマルスペックの端末は2万後半~3万5000点ほどなのに対してP9liteはベンチマークテストで50000点オーバーとなっています。

 

 

 

 

antutuのベンチマークテストでもハイスコアをたたき出しているのがわかります。
はっきり言って「スペックモンスター」と言ってもいいレベルのハイスぺ端末ですね。

 

バッテリーが3000mAh

一般的なミドルクラスの格安スマホのバッテリーはせいぜい2500mAh前後です。
3000mAhあれば丸一日ずっと使っても充分バッテリーが持ちますし、3日間程度ならあまり使わなければ十分持つ電池容量となっています。

 

 

メモリは普通

メモリはRAM/ROM=2GB/16GBとなっています。
RAMとは同時にアプリやブラウザなどを一度に処理できる能力を示す数値で1GBだとやや少なめ、2GBで標準、3GBだと高品質というのが基準となっています。
P9liteはRAMが2GBなのであくまで標準的なメモリ値となっています。

 

また、ROMはスマホに入れて置けるデータ容量の数値となっており、この値が大きければ大きいほど、スマホに動画や画像等のデータを保存しておくことができます。
8GBでやや少なめ16GBでやや普通、32GBで容量多めとなるのでROMも標準的な数値となっています。

 

 

指紋認証搭載

P9liteの特徴の一つがこの指紋認証です。
それもただの指紋認証ではなく「背面で指紋認証」ができるようになっています。
P9liteの端末の裏面に指紋認証用の

 

背面タッチでロック解除できる指紋認証のへこみがあり、そこをタッチするだけでロック画面が解除できるようになっています。
これは実はとても便利なシステムなのです。
例えば、iPhoneなどの指紋認証システムだと、わざわざホームボタンを押してから指紋解除しなければなりません。

 

しかしP9liteの場合、背面で指紋認証をすればスリープ状態からそのままロック解除することができるため手間が一つ省けます。

 

また指紋は5個登録することができるため、親指から小指まで登録することができますし、スマホを誰かと共有して使う場合その人と指紋認証システムを共有することができます。

 

 

 

上記の動画で9分55秒~15秒間ほどの間、P9liteの指紋認証システムの解説になっています。

 

高音質

 

スピーカーはモノラル(片方スピーカーもう片方がマイク)となっています。
音質は上記の動画の8分10秒からP9liteがどれくらいの音質化を確認することができます。

 

特に音割れとかはなく、普通にそこそこ音質は良いです。
音質に関しては問題はないでしょう。

 

 

カメラ

アウトカメラ1300万画素、インカメラ800万画素となっています。
カメラのスペックとしては3万円台のスマホ端末に良くありがちなスペックで、「カメラがずば抜けてスペックが高い」ということはないです。
普通のスペックです。
カメラに関してはよくある3万円台のスペックですね。

 

 

docomo回線には対応、au回線はイマイチ

 

P9liteは対応周波数でdocomoのメイン回線であるBand1、Band3、Band19に対応しているためdocomo回線は問題なく使えます。
しかし、au回線に関してはBand18に対応していないのでau回線のl電波が弱い可能性があります。
楽天モバイルは基本的にdocomo回線なので特にその点において心配はありません。

 

 

P9liteの口コミ、評判は??

実際にP9liteの口コミ、評判を集めてみました。

 

肯定的な口コミ

 

  • バッテリーが使いきれないほどある
  • カメラの質が高い
  • 高級感がある
  • 指紋認証でのロック解除がかつてないほどスムーズにできる
  • レスポンス性は高い

 

 

否定的な口コミ

  • 背面がプラスチック製なのが残念

 

口コミ総評

全体的なP9liteの口コミとして

  • 「コスパが良い」
  • 「バッテリーもちが非常に良い」
  • 「カメラの質が悪くない」
  • 「レスポンス・メモリは全く問題ない」
  • 指紋認証ロック解除が便利」

 

と非常に多くの肯定的な意見を見ることができました。
逆に否定的な意見を見つけるのが難しいくらいです。

 

3万円台の格安スマホの中でもオクタコアのCPUメモリを使うことができるのもあり、性能はダントツに高いです。
元々前作のP8liteは知名度があり、評判も良かったことからP9liteが販売された際にP8liteファンがこぞって購入し、そのクチコミを見る限り「P8lite以上の最高傑作」と評判はすさまじいほど高いです。

 

前作よりもバッテリーもちが良くなり、「欠点がないコスパの良いスマホ」と言ってよいです。

 

楽天モバイルでは「コミコミプランM」というプランセットでP9liteを分割払いで契約することができます。

 

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安スマホを『お徳に』使いたいなら比較しなきゃね!


au、docomo、Softbankといった大手キャリアのスマホは月7000円~8000円かかるのに対して格安スマホは月2000円以下から利用できます。

通話、通信をそれなりに使ってもせいぜい2500円!月額料金を1/3以下まで落とすことができます。

スマホ端末とセットで申し込めば、不安も一切なし!
説明書に従ってたった5分で設定できます。

回線もdocomoの回線なのでサクサクネットが使え、信頼性も高い!

当サイトでは「お徳」に「初めての人でも問題なく」格安スマホを利用できるように丁寧に説明しました。


TOP格安スマホを徹底比較!大手キャリア1/3以下の月額料金で契約しよう