楽天モバイルの最新キャンペーンは??格安スマホが半額で契約できる!

格安スマホと格安SIMを徹底比較!!おすすめを矢澤シムが解説します

楽天モバイルの最新キャンペーンは??格安スマホが半額で契約できる!

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

楽天モバイルは定期的に数割引き~半額割引セールを行っています。
特に今年の夏は少し前に販売していた端末を半額で販売するセールが目立っています。

 

そこで、今回度のスマホ端末を楽天モバイルで契約すればどれくらいお得になるのかということについて書いていこうと思います。

 

なお、キャンペーン期間は2016年8月1日(月)~2016年9月1日までとなっています。

 

楽天モバイルでお徳に変える格安スマホ端末は??

 

端末名 割引額 端末価格
HUAWEI P9 10000円引き 49800円
arrows M02 10000円引き 19800円
AQUOS SH-R02 10000円引き 29800円
Zenfone go 10300円引き 9500円
Zenfone 2 Laser 14300円引き 13500円
Zenfone 2 半額 17900円
Zenfone Selfie 半額 18900円
Desire 626 半額 13900円
HUAWEI MateS 40300円引き 39500円

 

以上がこんなツの楽天モバイルのスマホ端末の割引キャンペーンとなっています。
それでは一つ一つ解説していこうと思います。

 

今夏の楽天モバイルのキャンペーンを徹底解説

 

HUAWEI P9

スペック

  • サイズ:H×W×D=145mm×70.9 mm6.95 mm
  • 重さ:144g
  • CPU:2.5GHz、1.8GHz、オクタコア
  • メモリ:RAM:ROM=3GB:32GB
  • バッテリー:3000mAh
  • 待ち受け時間:LTEで566h
  • カメラ:イン800万画素、アウト1200万画素

 

価格が高いものの、格安スマホの中では最高峰のスペックを誇る端末。
同時にアプリやWEBサービスを開いていられる容量を表すRAMが2GB、スマホに動画や画像を入れておける容量を示すROMが32GBと凄まじいメモリを誇る。
一般的に標準的なスマホはRAM、ROMがそれぞれ2GB、16GB程度なのでメモリ容量は大きい。

 

またバッテリーは3000mAhとかなり大きいバッテリー容量を持っている。

 

CPUコアの数は「頭脳の数」といわれており、コア数が多ければ多いほど処理能力が速い。
そのCPUコアが8つあるオクタコアであり、他のミドル級スマホと比較したら性能は圧倒的。

 

そして、今回、前作であるHUAWEI P8と決定的な違いがあります。
それはスマホレンズがライカと共同開発されたものとなっていることです。

 

また、スマホの後輩部に指紋センサーがあることも大きな特徴となっています。

 

5万円と高額ですがその価値は十分にあり。

 

arrows M02

スペック

  • サイズ:H×W×D=141mm×68.9mm×8.9mm
  • 重さ:149g
  • CPU1.2GHz、クアッドコア
  • メモリ:RAM:ROM=2GB:16GB
  • バッテリー:2330mAh
  • 待ち受け時間:LTEで540h
  • カメラ:イン240万画素、アウト810万画素

 

 

arrows M02の全体的なスペックとしては、3万円台のスマホの標準的なスペックとなっています。
決して記載されているスペックは突き抜けてレベルが高いものではないものの、防水、耐衝撃性能にかなり優れていて、アウトドアやスキー、スポーツをしている最中にポケットに入れてもそう簡単に壊れることはありません。
またおサイフケータイにも対応しているスマホです。

 

元々「お手頃感」を打ち出していて「そこそこの値段で、バッテリーもちが良く、頑丈で無難に使えるスマホ端末」という感じでしたが、楽天モバイルで更に安くなり2万円で買うことができるようになりました。
2万円で良いスマホを買いたいという方には強くオススメできます。

 

 

AQUOS SH-R02

スペック

  • サイズ:H×W×D=134mm×71mm×9.9mm
  • 重さ:145g
  • CPU1.2GHz、クアッドコア
  • メモリ:RAM:ROM=2GB:32GB
  • バッテリー:2450mAh
  • カメラ:イン約210万画素、アウト約1,310万画素

 

AQUOS SH-R02は1.2GHzのクアッドコア、バッテリーが2450mAh、RAM:ROM=2GB:32GBと他の同じ価格のスマホ端末と同じくらいのスペックです。
また、防水機能、おサイフ機能などがあり、頑丈さ、便利さという点においても一定以上の水準にあります。
楽天モバイルで購入すると1万円引きの29800円で購入できます。

 

ただ、スペックと値段を見る限り、arrows M02とほぼ同じようなスペックにも拘らず、AQUOS SH-R02の方が1万円高いです。
現時点ではAQUOS SH-R02を選ぶよりもarrowsM02を利用したほうがお徳かなというのが当サイトの意見となります。

 

 

Zenfone go

スペック

  • サイズ:H×W×D=151 ×76.9 ×10.7 mm
  • 重さ:160 g
  • CPU1.4GHz、クアッドコア
  • メモリ:RAM:ROM=2GB:16GB
  • バッテリー: 3010mAhh
  • カメラ:イン約500 万画素素、アウト約 800 万画素
  • ポケモンGO:×

 

定価は19800円ですが、楽天モバイルで購入したら何と、9500円と1万円を切るZenfoneシリーズ最安の格安スマホ。
スペックは1万円を切るスマホとしてはかなりハイスペック、2万円台のスマホの平均的なスペックとなっています。
バッテリーも2450mAhとそこそこ持ちが良く、ライトユーザー~ミドルユーザーあたりの方におすすめの端末となっています。

 

ただしポケモンGOができないのが難点です。
ポケモンGOだけでなくゲーム性能に問題があるため、ゲームをする人にはあまりお勧めできません。

 

 

 

Zenfone2 Laser

スペック

  • サイズ:H×W×D=143.7 ×71.5 ×3.5 mm ~ 10.5 mm
  • 重さ:145 g
  • CPU1.2GHz、クアッドコア
  • メモリ:RAM:ROM=2GB:16GB
  • バッテリー:2400mAh
  • カメラ:イン約500 万画素素、アウト約 1300 万画素
  • ポケモンGO:〇

 

Zenfone2 Laserの定価は27800円ですが、楽天モバイル経由で購入すれば14300円引きで購入することができます。
Zenfone2 Laserの「Laser」はカメラにレーザーオートフォーカスという意味のLaserで0.03秒で被写体へフォーカスできるというのが売りになっています。
端末がデュアルSIM対応となっています。

 

ただし、よく言われている欠点があり、Zenfone2 laserはGPSが悪いといわれています。
ですから、GoogleマップなどのGPS機能を品案に使う方には現段階ではオススメできません。

 

Zenfone 2

スペック

  • サイズ:H×W×D=152.5 ×77.2 ×3.9 mm ~ 10.9 mm
  • 重さ:170 g
  • CPU:クアッドコア
  • メモリ:RAM:ROM=2GBもしくは4GB:16GBmosikuha32GBもしくは64GB
  • バッテリー:3,000mAh
  • カメラ:イン約500 万画素素、アウト約 1300 万画素
  • ポケモンGO:〇

 

一時期「性能モンスター」と言われるほどハイスペックなZenfone2。
全端末半額で販売しています。
一般的に2万~3万円台のスマホの相場スペックは「16GBのメインメモリ2GB」です。
せいぜい3万円前半出し手もこのスペックです。

 

しかし、今回の半額セールで元々5万円台だったZenfoenが2万5000円で購入できることにより、2万円台で64GBモデルメインメモリ4GBと超ハイスペックスマホを2万円台という破格で使えるようになるのは
ありがたいものです。

 

もう少し値段を下げたい場合、Zenfoen2 LaserかZeonfone GOをお勧めします。
スペック重視の場合であればこのZenfone2をお勧めします。

 

 

【参照価格】

  • 32GBモデル、メインメモリ2GB:35800円→17800円
  • 32GBモデル、メインメモリ4GB:45800円→22900円
  • 64GBモデル、メインメモリ4GB:50800円→25400円

 

Zenfone Selfie

スペック

  • サイズ:H×W×D=156.5 ×77.2 ×3.9 mm ~ 10.8 mm
  • 重さ:170 g
  • CPU:クアッドコア
  • メモリ:RAM:ROM=2G:16GB
  • バッテリー:3,000mAh
  • カメラ:イン1300 万画素、アウト約 1300 万画素
  • ポケモンGO:×

 

Zenfone Selfieの「Selfie」は「自撮り」という意味でインカメに特化したスマホとなっています。
一般的にインカメの画素数は500~800万画素ですが、Zenfone Selfieに関しては画素数が1300万画素となっています(画素数が高ければカメラの質が高いわけではないが)
男性が使うスマホというよりも女子が自撮りできれいに映るのに特化したスマホと言えます。

 

しかし、このZZenfone SelfieはZenfoneシリーズの中であまり評判が良くない。
レスポンスが遅く、ゲームのアぷrの軌道が遅いという評判が多々見られます。
見た目上のスペックは低くはないのですが、実際に使ってみると結構な不備があるという話はよく聞きます。

 

「Zenfoneシリーズの中で最悪」と言われており、現段階ではZenfone2、Zenfone2 Laserなどをおすすめします。

 

 

Desire 626

スペック

  • サイズ:H×W×D=約70.9 x 146.9 x 8.19 mm
  • 重さ:140g
  • CPU:1.2GHzクアッドコア
  • メモリ:RAM:ROM=2G:16GB
  • バッテリー:2,000mAh
  • カメラ:イン1300 万画素、アウト約 500万画素
  • ポケモンGO:×

 

全体的なスペックとしては楽天モバイルで半額で購入できると考えると悪くはないです。
クアッドコアでメモリがRAM:ROM=2GB:16GBというメモリスペックになっています。
半額で1万円台で購入できるスマホ端末としては悪くはないです。

 

ただし、楽天モバイルで現在販売されているラインナップを考えるとあまりお勧めできません。
バッテリーが2000mAhやや少なく、それでいて、Desire 626は評判があまりよろしくありません。

 

評判では、故障が多く、バグが多いという報告をかなりの頻度で目にします。
また標準的で、特に目立った特徴はないためどちらかというとZwenfoneシリーズの方が」良いのではないかと思います。
例えばzenfone2 Laserであれば楽天モバイルで13500円で購入できます。

 

HUAWEI MateS

スペック

  • サイズ:H×W×D=149.8 mm x 75.3 mm x 7.2 mm
  • 重さ:156 g
  • CPU:2.2GHz、1.5GHzオクタコア
  • メモリ:RAM:ROM=3G:32GB
  • バッテリー:2,700mAh
  • カメラ:イン800 万画素、アウト約 1300万画素
  • ポケモンGO:〇

 

スペックは定価が79800円(割引後は39500円)だけあって「格安スマホ」というよりもiPhoneに近い「高級スマホ」と言っても差し支え無し。
スペックを見てもオクタコアにメモリがRAM:ROM=3GB:32GBとメモリスペックが高い。
CPUもオクタコアなので性能が非常に高いといえます。

 

バッテリーも申し分なく、スマホの中では間違いなくハイスペックといってよいうぶ類のスマホ端末となっています。
スマホの背面にある指紋センサーを使って一気にロック解除をすることもできるため非常に便利。

 

 

まとめ

一通り、楽天モバイルのキャンペーンで購入できるスマホ端末をピックアップしましたがこの中ではZenfoneシリーズが一番おすすめです。
ライトユーザーでゲームをほとんどしないのであればZenfone GO。
そこそこきちんとスマホを使ってかつポケモンGOなどのゲームを楽しみたいのであればZeofone2もしくはZeonfone2 Laserあたりがいいのではないでしょうか??

 

 

楽天モバイルの口コミは??キャンペーンが豊富!徹底レビューをしてみた。

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安スマホを『お徳に』使いたいなら比較しなきゃね!

au、docomo、Softbankといった大手キャリアのスマホは月7000円~8000円かかるのに対して格安スマホは月2000円以下から利用できます。

通話、通信をそれなりに使ってもせいぜい2500円!月額料金を1/3以下まで落とすことができます。

スマホ端末とセットで申し込めば、不安も一切なし!
説明書に従ってたった5分で設定できます。

回線もdocomoの回線なのでサクサクネットが使え、信頼性も高い!

当サイトでは「お徳」に「初めての人でも問題なく」格安スマホを利用できるように丁寧に説明しました。

TOP格安スマホを徹底比較!大手キャリア1/3以下の月額料金で契約しよう