UQmobileのぴったりプランとたっぷりオプションを徹底解説!

格安スマホと格安SIMを徹底比較!!おすすめを矢澤シムが解説します

UQmobileのぴったりプランとたっぷりオプションを徹底解説!

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

au系MVNOのUQmobileが「ぴったりプラン」と「たっぷりオプション」というプランとオプションを出しました。

 

今回、このプランとオプションは果たして、お得なのか、どういったプランなのか、どういう人にオススメできるプランなのか徹底的に分析して解説してみようと思います。

 

ぴったりプランの解説

プラン名 ぴったりプラン
料金【1カ月~13カ月】 1980円
料金【14カ月~25カ月】 2980円
無料通話 3600円
データ通信容量 2GB/月

 

ぴったりプランは1980円で13カ月まで利用可能14カ月目から料金が2980円で利用できる格安SIMです。

 

また無料通話分が3600円まで利用することができるため、月間90分間、つまり1日3分間までの通話であれば無料で利用可能です。

 

現代では、通話をすると言ったら、一般的な通話よりもLINEだったりskypeを利用する人が多いので、無料通話はそんなに使わないよーという方も多そうですが

 

それでも会社に電話をしたり、事務的な連絡をするのに一般通話を多少は利用します。

 

ですから90分の無料通話は非常にちょうど良いプランなのではないか??というのは当サイトの意見です。

 

またUQmobileはau系のMVNOとなっており、正直、そんなに利用者が多くないです。

 

そのためなのか、回線速度がめちゃくちゃ速いです。

 

ドコモ系MVNoだと回線速度が5Mbps~10Mbps程度というのがザラですが、UQmobileに関しては30Mbps~50Mbps程度の速度はザラです。

 

昼間でも比較的安定した通信回線を利用することができるため、通信回線の信頼性は非常に高いです。

 

ぴったりプランを利用する際に気を付けるべきこと

 

 

ただし、ぴったりプランを利用する際に必ず気を付けるべきことが2点あります。

 

それは

 

  • auもしくはau系MVNOから転入する場合、割高になる
  • 契約期間と解約金
  • 2017年3月から別プランが自動適用

 

この2点です。

 

auもしくはau系MVNOから転入する場合、割高になる

 

auの携帯を解約してUIQモバイルのぴったりプランを利用する場合とSoftbank、ドコモ、もしくはdocomo系MVNOを解約して乗り換える場合は月額料金の条件が大きく変わってしまうということです。

 

Softbank、docomoもしくはdocomo系からMNp(電話番号そのままで乗り換え)の場合は上記のプランを上記の価格・データ量・無料通話で利用できますが、au及びau系MVNOからUQmobileに転入した場合

 

以下の条件での利用となってしまいます。

 

プラン名 ぴったりプラン
料金【1カ月~13カ月】 2980円
料金【14カ月~25カ月】 2980円
無料通話 1200円
データ通信容量 1GB/月

 

上記の通り、最初の通り、auもしくはua系MVNOからの転入だと割引去れず、利用可能通信量が半分、無料通話が1/3になってしまいます。

 

つまり,auに契約している人がUQmobileに契約するのは損になってしまいます。

 

UQmobileはそもそも、auからdocomo系MVNOへの流入を阻止するためにできたau系MVNOです。

 

そのためau→UQmobileに契約したとしてもKDDI側に全く旨みはありません。

 

よって、au→UQmobileに転入する人には割高の契約プランを、他社(Softbank、au)からUQmobileに転入する層に対してはお得になるようなプランを提供しています。

 

もしauユーザーがau回線のMVNOに乗り換えるのならUQmobileの一般プランの3GB/月プランもしくはmineoのAプランに契約して利用することをおすすめします。

 

 

契約期間と解約金

上記のぴったりプランは契約期間と解約金がかかります。

 

一般的なドコモ系MVNOの場合、契約期間は6カ月~12カ月、また解約金が5000円~8000円くらいが相場となっています。

 

しかし、UQmobileは契約期間が2年間・解約金が9500円と全体的に解約条件が厳しくなっています。

 

契約前にこの点は必ず注意したうえで解約することをお勧めします。

 

 

2017年3月から別プランが自動適用

ぴったりプランを契約した場合2017年3月に別プランが自動適用されます。

 

その名は「おしゃべりプランS」という名前のプランです。

 

おしゃべりプランSはその名の通り、5分間かけ放題になるプランです。

 

上記のぴったりプランは最大3600円分(時間にして90分)の通話料金が無料となりますが、このおしゃべりプランSは無料通話3600円分がなくなる代わりに5分間通話し放題が付きます。

 

どこかで見たことあるプランだなと思った方はカンがいいですね。

 

実はこのプラン、明らかに「Y!mobile」に対抗して作られたプランです。

 

価格、通信回線、契約条件などはY!mobileとほぼ同じ内容でしたが、無料通話面においてはY!mobileの10分間×300回の無料通話には及ばないため、Y!mobileにプラン内容で対抗するために作られたとしか言いようがないプランですね。

 

Y!mobileとUQmobileはどちらがおすすめのなのかということは、こちらの記事で詳しく解説しましたので是非、四dね見ていただければと思います。

 

関連記事:Y!mobileとUQmobileを比較!果たしてどちらの方がおすすめか??

 

たっぷりオプションの解説

たっぷりオプションは上記のぴったりプランに+1000円課金することによって利用することができるプランとなっています。

 

たっぷりオプションの詳細

 

オプション名 たっぷりオプション
料金【1カ月~13カ月】 2980円
料金【14カ月~25カ月】 3980円
無料通話 7200円
データ通信容量 6GB/月

 

 

上記がたっぷりオプションの詳細となります。

 

ぴったりオプションに+1000円/月課金することによって、データ量を3倍、無料通話を3倍にすることがdけいるというオプションになっています。

 

ただし、上記同様注意点があり、2017年3月に「おしゃべりプランM」に自動適用されます。

 

おしゃべりプランMはおしゃべりプランS同様、5分間通話し放題となっていて、おしゃべりプランSとの違いは利用可能データ通信容量が3倍の6GB/月利用できることにあります。
また、auからのMVNOに関しても、割高になってしまいます(auからの転入で利用する場合、データ容量3GB/月、無料通話2400円、kakakuが24カ月間3980円となります)

 

以上がぴったりプランとたっぷりプランの説明となります。

 

ぴったりプラン、たっぷりプランと他のMVNOを比較するとどうなの??

ここで、「で、ぴったりプランとたっぷりオプションは他のMVNOと比較したらどうなの??」というのが疑問点として考えられることだと思います。

 

そこで、今回、数少ないauの回線が利用できるmineoと比較してみました。

 

  ぴったりプラン たっぷりプラン mineoのAプラン
月額料金【1~13カ月】 1980円 2980円 2190円
月額料金【14~24カ月】 2980円 3980円 2190円
通信容量 2GB 6GB 5GB
契約期間 24カ月 24カ月 なし
解約金 9500円 9500円 MNP料金~120000円

 

 

上記を見るとわかる限り、mineoとUQmobileだとやはりmineoの方がパッと見ややお得感はあります。

 

しかし、UQmobileの場合、これに無料通話分が付くのを考えたら、さほど差はないのでは??と思います。

 

月にどれくらい通話をするのかにもよりますが、1790円分以上(45分以上)通話をする場合はUQmobileの方がお得になります。

 

また通信回線の速度、安定性はややUQmobileの方が一枚上手となっています。

 

UQmobileの通信回線が不安定というのはまだあまり聞いたことがないですが、mineoは利用者が増加してきたためか、速度が遅いという話もちらほら聞くようになってきました。

 

ただし、サービス面ではmineoが一枚上手です。

 

UQmobileはあくまでY!mobileに対抗して、Softbank、docomoの動きを見ながらプランを変更していっているだけで、積極的にUQmobileを宣伝していこうという雰囲気はあまり感じられません。

 

あくまでUQmobileはauから他社MVNO乗り換え阻止のために作ったau系MVNO回線というだけのものです。

 

どこか対応が事務的ですし、積極的にサービスをしていこうという気概が感じられません。

 

それよりもmineoの方は「回線系ベンチャー企業」といった感じで、積極的にサービスを提供しようという意思が感じられます。

 

サービスの種類も工夫があってわかりやすいですし、近年、人気のMVNOの一つでもあります。

 

いつから本格的に導入されるかわかりませんが、mineoは月額+800円/月でmineoプレミアムコースというそのコースに加入した人限定の通信回線が使えるプランをトライアルプランとして出しています。

 

このプランはまだ試用段階で、抽選で当選した人だけ利用できる状態ではありますが、来年ころには本格的に導入されるのではないかと思います。

 

現状ではUQmobileの方が回線速度が安定しているので、UQモバイルをお勧めしますが、将来的にはmineoの方が使い勝手が良くなのかなと考えてます。

 

まとめ

以上がUQmobileのぴったりプランとたっぷりプランの解説となります。

 

やや月額料金は割高ですが、通話し放題かつ回線が他のMVNOとは比較にならないほど速いということを考えたら、UQmobileという選択肢も十分ありなのではないかと考えています。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安スマホを『お徳に』使いたいなら比較しなきゃね!

au、docomo、Softbankといった大手キャリアのスマホは月7000円~8000円かかるのに対して格安スマホは月2000円以下から利用できます。

通話、通信をそれなりに使ってもせいぜい2500円!月額料金を1/3以下まで落とすことができます。

スマホ端末とセットで申し込めば、不安も一切なし!
説明書に従ってたった5分で設定できます。

回線もdocomoの回線なのでサクサクネットが使え、信頼性も高い!

当サイトでは「お徳」に「初めての人でも問題なく」格安スマホを利用できるように丁寧に説明しました。

TOP格安スマホを徹底比較!大手キャリア1/3以下の月額料金で契約しよう

関連ページ

UQモバイル